おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ののしる

寒い雨。昼頃にやむかと思ったのに、夜までずっと寒い雨。
ビックリするぐらい真冬に戻った気温。こういうこともあるのね。

冷たい雨の中、コンクリートの手すりの表面。
100325冷たい表面

冷たい空と木の枝(梅のはず)が映っていて面白いと思ったのだけど、訳のわからない写真だったかな。


普段、自宅とオフィスではOffice2003を使っているが、
良く行く仕事先で最近PCを交換してもらったら、Office2007がインストールされてきた。
今までは、見るからにインターフェースの変化が大きいし、アップグレードをする必要が無かったのだが、
こればかりは仕方がない。

それにしても、あのインターフェースの変わり方は、冗談でなく腹立たしい。
長年思っているが、マイクロソフトと言う会社は余りに傲岸。ユーザー無視も甚だしい。

私はWordやPowerPointをかなり使い込むので、利用する機能も幅広い。
ところが2007では各機能の分類の考え方自体が大きく変わっていて、また表示も変えてきている。
なので、感覚的に機能を見つけるのがほぼ不可能になっている。

例えば、Wordの文書画面上に編集記号を表示させるかどうかは、従来は
「ツール」メニューの「オプション」の中で「表示」タブを選んで操作していた。
しかし2007ではこれはメニュー上では全く扱わず、画面左上のマイクロソフトマークから設定する。
だが、そもそもメニューとマイクロソフトマークの分類の基本的考え方がどうなっているかは、
全くわからない。そんな基本的ところから新たにマニュアルを読めという言うのだろうか?
今まで散々利用してきたユーザーを、あっさり無視しているとしか思えない。

こういった変更を知るためには「編集記号」とか「オプション」、「表示」という
キーワードを用いてヘルプを探すしかない。
でも、うっかりキーワードを思いつかない時は、探しようもない。
今まではキーワードを覚えていなくても、メニュー上から感覚で選べば大体たどり着けたのに、
どうなっているのやら。

慣れないスタッフにWordの操作を教えること30分、その間マイクロソフトをののしること数知れず。
あ~ぁ、ユーザーの生産性をどこまで下げさせれば気が済むのか、マイクロソフトめ!

私の身の回りでは、Windowsも現在はまだXP。
これ以上の何が必要なのか?と思っているが、これも今のPCが潰れたらアップせざるをえない。
その頃までに、Windows以外のOSも仕事上問題なく使えるようになっていると有り難いけれど。

以上、昼間にののしりきれなかったので、もう一度この場でののしってみました。
スポンサーサイト

安物

昨日今日と温かい。完全に一枚着るものを減らして生活。
今日の夜になってまた一気に冷え込み、今は風がゴウゴウと吹いている。

冬はタイツをはくことが多い。スカートにストッキングでは寒いので、服に合わせて黒か茶、
あるいはグレーぐらいをよく使う。
以前は持っていたスカートやセーターに合わせたブルーやダークパープルも随分と使ったが、
最近はほとんどこの基本三色。

先日、通りすがりの洋品店で珍しいぐらい種類豊富に、しかもやけに安くタイツを売っていたので、
いろいろ選んで買ってきた。家にあるタイツのストックがほとんど切れていたのもあって、
有り難く。

タイツを安く買うときの経験則。
● 安い黒のタイツは「本当に安物」の確率が高いので要注意。
  これは、黒は生産量が圧倒的に多いから、ではないだろうか。
● その他の色の製品は在庫処分のようなケースが多いので、安くなっていても、まぁそこそこの物を
  買える事が多い。黒以外のタイツは、好みが分かれるから量をさほど作る必然性が無く、
  わざわざ「本当の安物」までラインアップしてもさばける確率が低いから、だと思っている。

これだけわかっているのに、茶やグレーだけでなく、つい黒の安物を買ってしまった。
.....やっぱり安物だった。

安物買いの銭失い、体現するのは簡単です。

花と羊のぬいぐるみの油絵風。
100121羊と花

日の差すブラインドの前、暖かそうな雰囲気がうれしい。

羊についている赤い三角形は商品タグ。
かなりの昔に買ったのに、「どこで買った羊か覚えておこう!」と取らないままにしているもの。
ずぼらというかなんというか。

今日の新知識

寒い一日。でも明日はもっと寒いとか。沢山着込むのが何だか楽しい。

プレゼンテーションの時などに使うレーザービームポインターというのがある。
あのちっちゃな点のレーザー光で、硬貨(正確に言うと米国の1セント玉)を持ち上げることが
出来るそうだ。

.....但し、レーザービームポインターを300億個集めて使えば、ですって。

アーサー・C・クラークの短編で「太陽からの風」というのがあって、
その中では、太陽光を帆に受けて宇宙空間を進む船の競争(ヨットレース?)が描かれていた。
初めて読んだのは小学校か中学の頃。
太陽の新しい側面を知ったような気がして、なぜか妙に切なかった覚えがある。


今朝の黄色。
091216黄色

背景の緑色は、お正月に備えて神社の地面に敷かれたカーペット。
朝日に輝いてくれればもっとうれしいのに。

お日様

曇り。雨が時々降ったようだが、移動をし続けて雨を避けたのか、結局傘を使わず。

一昨日の花を携帯で撮った!と写メが来たので、油絵フィルターをかけてみた。

091203油絵

自分の撮った写真よりずっとうれしいかも。
自分で描くよりずっと上手だし。

うれしさついでに携帯の待ち受けにした。
電車で隣の人がこんな携帯を持っていたら、それは私です!ってね。

連休明け

そこそこの晴れ。
日陰は肌寒さも、との予報を信じ、上下黒、しかも七分袖の綿ウールのジャケットで出かけたら、
暑いことこの上なく。

通り抜けていた大学キャンパスでアメフト部の荷物置き場?を見かけ、携帯で撮ってみた。
090924大学キャンパス

色の組み合わせが面白いのはいいけれど、立派な建物の使い方としてはなにやら勿体ないような。

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。