おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い物三昧&三の酉

きれいな晴れ。適度に冷たいけど寒くも無く、気持ちの良い一日。

夜、会食のあとに普段と違う駅に戻ってきたら、テンテケとお祭り気分。
よく考えれば今日は三の酉。駅の近くの大鳥神社に向けて参拝の列ができている。
少し酔っている機嫌の良さで、参拝は無視してサッサと境内へ行き、熊手の並ぶ雰囲気を楽しんでみた。

111126三の酉

屋台の列も楽しんだ後、3㎞ある自宅までノンビリと夜の散歩。
はぁ~、一日が終了。


今日は、午前中から母のところに向かい、途中で母と姉のお昼ご飯、両親の夕食と明日の食事用の
野菜など、お店をいくつもハシゴしてどっさりと購入。

夕方には新宿に出掛けて、ヨドバシのいくつかの階で家のプリンターと小物類をバラバラと購入し、
さらにデパ地下で知り合いの昇転任祝いを購入してから、東中野での会食へ。

しかも夜の散歩の途中でも、熊手の小さいの購入したり、自宅用の食料品を多少買い込んだり。

と言うわけで、今日は買い物三昧。
途中にはタクシーにも乗ったりしたので、オサイフを何回取り出したか、領収書を何回受け取ったか、
咄嗟には勘定できない。
何だか、こう言うのって、ある意味楽しく、でもある意味疲れる。

ところでヨドバシでのプリンター購入はちょっと面白かった。
実は、昨日、別の用事で行った秋葉原のヨドバシで、同じプリンターを一度見ている。
その時は、「ちょっと聞いてみようかな」と要求仕様を行ったら進められたのがその機種だっただけ。
元々買うつもりで出掛けた訳ではなかったのでそのまま帰宅してしまったのだけど、改めて考えてみて、
「やっぱりあれは悪くないし、明日新宿を通るから、買っちゃおう!」と思ったわけ。
で、今日新宿店に行くと.....なんと値段が2割も高い!

2%ではなくて2割。かなりの違い。

しばし呆然としたあと、とにかく訊ねてみようと、そばを通った店員さんに交渉。
その店員さんがあちこちに行って話をしてきた挙げ句に、結局同じ値段まで下げてくれたんだけど.....
この価格の違い、結構ドキドキしますよね。

で、まぁ最後は幸せに購入いたしました。あぁ良かった。

ところで、このときに驚いたのは、夕方の5時半位に買ったのに、これを明日の午前中に配達してくれること。
これってすごいよねぇ。
こういう運送サービスの肌理細やかさで、日本人(特に私?)はスポイルされている思います。
こんなサービス、日本以外の国ではあり得ない!というものねぇ。

あぁでも明日プリンターが来るとうれしい。
今度のものは、両面印刷が自動でできるし(今までは手差し)、当然のことながらWindows7に対応しているし(今までのものは対応しないので、PC側でXPモードに切り替えて、ファイルを移動させてプリントしないといけない)、しかも連続スキャンができる。
何かとインターネットを調べながら仕事をする事が多いので、その瞬間に印刷できない(なぜならば、XPモードの方にファイルを移さないといけないから)のはかなり辛い。で、家のPCを買い換えたこの春からは、家で仕事するのがかなり苦痛に。
これで家でも気軽に仕事ができるぞぉ。

でもね、今までのものも、2003年購入と年代は古いけど、全く印刷に問題が無い。去年の夏にキャリッジとヘッドの交換修理をしたし、以来実に好調に動いている。勿体ないなぁ。まだインクも一セット以上予備が残っているのになぁ。


と言うわけで、どなたか、インクジェットのプリンター/スキャナー/コピー複合機(WindowsXPまで対応)を使って下さる方、いらっしゃいましたらお声がけ下さい。差し上げます!(ってここで言ってもだめかなぁ....)








スポンサーサイト

やった!

肌寒い朝。午後にはひどい雨になって、かなりの冷え込み。
でも明日は27度ぐらいまで上がるとか。何だか訳がわからなくなりそうだわぁ。

この間ホテルに預けていった棚を使ってみた。
デスク下にほぼピッタリ! (って、暗くてよく見えないけど)
111005デスク下

ケーブルバッグや化粧バッグ、仕事の資料などをごちゃごちゃと置いてみたけど、
ちょうど部屋側からは見えないようになって、気分すっきり。

このラック、そのままだとクロゼットに入れるにも、デスク下に入れるにも背が高すぎたので、
キャスターのついた下半分をデスク下にいれたのが上の写真。
クロゼットの足下には上半分を置いてみた。

こんな感じ。こちらは着替えを置く棚。
111005クロゼット

着替えをスーツケースに入れたままにするよりも、ずうっと気分が良い。
あぁ良かった!

それにしても、まずはこのホテルがこんなサイズの棚をつくって一晩500円ぐらいで貸し出してくれればいいのに。
だめかなぁ、ここのホテルのフロントの人って、マネージャーと話しても自主性が感じられないし。
だれかが決めたのをそのまま事も無く運営していればよい、って態度のスタッフばかりなのよね。
この棚をサンプルに置いていったら、多少は見直してくれるかなぁ...
..って次に連泊するのがいつになるのかまるでわからないんだから、まぁどうでもいいって話なんだけど。

ところで、アルジェリアでは誰も自転車に乗らないらしい。
「どうして!?」と訊ねたら、「道が狭いし、道が悪いし」とか。
そんな話をしていたら、フィリピンからのメンバーからも「フィリピンも乗らない!」との声。
フィリピンの場合は「乗ったら車にはねられるから危ない」ということで理由は明らかに違うんだけど。

これらは「電動機付き自転車は便利」という話からの展開なのだけど、ケニアからは「都市部はいいけど、
郊外に出たら充電する場所がないし」とか。
ラオスの場合は、「今のところ価格が高過ぎて殆ど誰も使わないけど、安くなったら使うかも~」との話。

自転車(電動機付き自転車)というかなり単純な機器でも、都市の形態や状況、歴史によって随分と
受入れ方が違うんだなぁ、と何だかしみじみ。

日本での考え方を当然として話を進めると、こういうところであちこち躓く。
毎年の事だけど、この国際色たっぷりな仕事、楽しいわぁ。

業者さん

晴れたり曇ったり。

マンションの大規模修繕が、もう3年前から話題に上っているのになかなか進まず、やっと業者選定の段階まで
来た様子。
「推薦する業者がいる場合は、推薦理由と共にお知らせ下さい」との回覧が来た。

業者を選ぶのも、業者にうまく働いて貰うのも難しいのよね、きっと。
知り合いに訊ねることはできるけど、その後の事を考えるとややたじろぐ。
でも自分のマンションなんだから、やっぱり多少は努力すべきかなぁ。

家の中がいろいろと手を入れなければいけなくなっている。
まず、クロゼットの折り戸の一つが、レールから外れてしまい、どうやっても自分で直せない。
天井までの高さがある折り戸だし、そもそも構造がどうなっているかわからず、椅子に上って手探りしても
訳がわからない。
こんなちょっとしたことで業者さんを呼ぶのも、とは思うけど、4枚有る折り戸の一つが開きっぱなしだと
虫も入る可能性も高いし、放ってはおけない。
今はとりあえず開口部に簡易カーテンのように布を下げる事で誤魔化しているが、これはなんとかしなければ。

リビングのペンダントライトも、引っ越してきた時にすでに金属部が多少古びていたのだけど、やはりこれも
限界。取り替えないと情けない。
リビングが斜め天井で選択に多少限定がかかるのもあって、「気に入ったのがない!」と放っていたのだけど
春先にたまたま覗いた照明メーカーのショールームでそこそこ気に入ったのを見つけてはある。
でも、これを取り替えるとなると、おなじ形で揃っているダイニングスペースのライトも取り替えたい。
これはお揃いは無理なので、また別な形を選ばないといけない。
ベッドルームのシーリングライトもこの際とりかえたいし、一年以上放りっぱなし(!)のキッチンライトも
取り替えて貰わないといけない。

さらに、リビングの掃き出し窓の木部(窓枠の下部、というべき?)が、雨が当たったり結露が落ちたりするせいで
塗装がはげてきている。その下の幅木(実際は木材ではないけど)も、3年ほど前に張り直して貰ったのに
結露がひどいせいでまた駄目になっている。まぁ幅木ぐらいは自分でもできるけど。

というわけで、一体何の業者さんを頼んで良いのかもわからない。
こういうのをまとめて頼める業者さんって、どうやって見つければいいのかなぁ。

いずれにしても、業者さんを特定するのは難しいものです。
前の床工事の時は大騒ぎになっちゃったし、あれこれ考えるとしんどそう。
まぁ「いくらでも払って良いから!」と言うのなら簡単なんだろうけどね。

しばらくは出張や仕事が立て込んでいるので、工事をしてもらうとしても10月後半以後。
それまでに業者さんを決めたり、照明器具も決めたり、....あぁ苦手!

こちらも工事をしてくれる人。
111001業者さん

何となく信頼できそうな雰囲気です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。