おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物と香港

蒸し暑い一日。

食べ物に関して香港で知ったこと、思った事。

まず、ここのところインフレも進んでいるとかで、消費者物価はかなり高くなっている。
今のかなり円高のレートで換算しても、スーパーにあるものの値段は日本とあまり変わらなかったりする。

また、スーパーなどには日本のものがたくさん並んでいる。
安全・安心、高品質、というイメージでかなり高くもてはやされていた時期もあったようだが、ここのところに来て、
韓国や台湾がかなり追い上げてきている様子。
しかも、私の目には「ちょっと二級品?」というようなものが、高級品の値段で置いてあったりする。
「日本は高品質」のイメージ維持のためには、もう少し輸出戦略を考えないといけないのでは?

日本ぐらい世界の食事ができるところはない、と言われていたが、香港も同様に言われて不思議はない。
富裕層と一般庶民との間に、日本で見られるよりも遙かに大きな差がある、との状況もあるようだが、
香港島や九龍の賑やかな街やショッピングビルにあるレストランを見る限り、日本と同様に多種多様。
それに、広い中国のいろいろなところの料理がそれぞれ違うレストランであったりして、幅と奥行きが立派、という
気もする。

スイーツ、とってもおいしいのよね。
私の気に入りは、黒糯米にココナツミルクを掛けたスイーツ。10年ほど前にシンガポールで食べてから、好物に。
日本の雑誌にも載ったらしいスイーツ専門店がホテルの二軒隣にあり、ここで、この黒糯米ココナツミルク掛けに
マンゴーが乗ったのを食べたら、これがおいしい。
家でつくるためにスーパーで黒糯米を買って帰ろうか、とまで思ったけれど、これは諸般の事情で断念。
あぁ、あの味、また食べたい。

そういえば、日本のレストランもかなり進出している。最近進出したところでは、ラーメンの一風堂などもあるとか。
でも、日本食をそのまま持って行っても成功しない、と業界の人は口を揃える。
そのぐらい食文化の違いを考慮しないと駄目だ、と。
香港の人がつくった寿司チェーンでは、一番人気はサーモンの握り、それに「鰻チーズ」や「サーモンチーズ」の握り、
トビ子とチーズを混ぜた軍艦巻き、さらにはエビフライをご飯で巻いてマヨネーズをかけたもの、などがかなりの人気
らしい。
まぁ日本でも回転寿司に行けばこういうものもあるだろう、との話も出ていたが、いわゆる昔ながらの寿司、については
余り好まれないらしい。
日本のラーメン、どのような切り口で香港で売っていくのかなぁ。

そうそう、「出前一丁」は、香港の家庭ではすごくポピュラーとか。
現地にあわせた味のものが何種類もあって、ある人に言わせると「どの家でも、あのカラフルな5つセットの袋が
戸棚にある」という。
小腹がすいたときに食べるとか、簡単な朝ごはん、というものらしい。
面白いものです。

出張と外食ばかりが続いていたこの二週間を終えて、昨日の夜からは家での食事。
本当に手抜きでも(例えば昨日の夜は、素麺サラダ)、これはこれで落ち着いて良いものです。

さて、今晩も不足気味の野菜をたくさん食べたいから、野菜炒めかな。

香港の街中のお店にて。
110917お店



スポンサーサイト

海の底

相変わらずの熱暑。週末から涼しくなると言う予報に期待しつつ。

震災の震源域付近の海底で、大きな亀裂がいくつか見つかったという。
水深3千メートル以上の地点と、5千メートル以上の地点の二カ所は確認されているとか。
こんな深いところまで、人が乗って見に行く潜水調査船がある、ということ自体がすごいけど、
やっぱりあの地震では海底自体にこんなにぽっかり亀裂が入ってしまっている、という事もすごい。
自然の力の大きさを、再認識。

そういえば、2,3日前に、ロシアのプーチン首相がスキューバダイビングをして、海底遺跡で壺を見つけた、
とのニュースがあった。「海が澄んでいたから見つかった」との記事にあった。
でもこの話、よく聞いてみると、見つけた場所の水深は 2m!
しかも、見つけた瞬間をカメラがシッカリ撮っているって....。
もう少し「らしい」シチュエーションのお話にしてはどうでしょうかねぇ。

日々の生活、海とは遠く離れている。元々余り水とは相性が悪いし、潮風も苦手だし。
でも、友人から「来週小笠原諸島に行く」との話を聞き、さらにこれらの「海底」のニュースを聞いて、
少し関心が高まっている。
船の航行する海の表面と、海の底。その間に何がいて、何が起こっているのか。

子供の頃、「海底二万海里」をワクワクして読んだのを思い出しているお盆の中日。

残暑の中のアザミ。
110815あざみ



今日は休みのつもりだったのだから、と、先週の霍乱?のフォローのために胃腸病院へ。
飛び込みで行ったので随分と待たされたけど、ドクターから大したことは無いと言ってもらえて、一安心。
でも、もうずっと検査もしていないし、一度しておけば安心かな、と検査の予約までしてきてしまった。

ところが、予約をする!と決めるのは簡単だったのだけど、その後の検査に向けた食事制限などあれこれ、
何だかとっても難しい。
何しろ、内視鏡検査の前に食べてはいけないもののリストにあるものが、予想外のものばかり。

 根菜、海藻、果物、キノコ、こんにゃく、乳製品、ごま

こんにゃくっておなかを綺麗にするんじゃなかったっけ?
果物も根菜もおなかをすっきりさせるのに良さそうだし、
乳製品がダメって、チーズは何となくわかるけど、ミルクもヨーグルトもダメ?
しかも、「前日だけでなく、2,3日前から食事に気をつけた方が検査が楽ですよ」と言われた。

すりごまを入れて食べるヨーグルトと、リンゴ・バナナ・人参・ミルクをミキサーにかけたジュースを
ほとんど毎日の楽しみにしている私にとっては、「え~っ!」ってなもんです。

「とすると、何を食べれば良いんでしょうね?」と検査予約の窓口で尋ねたら、しばし首をかしげた後、
「制限食のレトルトセットもお売りできますので、お買いになりますか?」と言われた。

写真付きのメニューだったので、それを覚えてきたけど....あぁ複雑。
卵入りお雑炊とか、ジャガイモやチキンのはいったシチューとか。スープにクラッカーもあったし。
お豆腐、白魚、素うどんやパンみたいなものも良いらしい。でも繊維質のものはダメって。

あぁ、こんなちょっとした食べ物のことでこんなに落ち込むなんて、と思いつつ、やっぱりねぇ。

まぁ折角の検査なのでがんばってみます。

一騒動

見事に熱暑。
昼間、青山の交差点で信号待ちをしていたら、日傘を差していたのに煮えてしまいそうだった。

今朝、着替えようとワンピースの背中のファスナーを上げた。
で、ファスナー自体はすんなりと挙がったのだけど、ふとイヤな予感?がして、
念のために一度下ろしてみようとしたら.....上から10センチほどのところで止まってしまう。

上げたり下ろしたり、と繰り返してみたが、改善せず。
手で触ってみても、鏡に映してみても、特に布を噛んでいる様子はない。でもある地点から下がらない。
上までは上がるので、着ているには問題が無いが.....

出かけるまで15分、と焦る頭で考えたこと。
◆ 力で無理矢理引き下ろしてみようか?
  でも華奢な布だから、下手をするとワンピースが駄目に。
◆ このまま着て出かけてしまうのもあり。
  ただ、今日は出張で泊まり。夜、ホテルでも脱げなかったら、
  このワンピースを着たまま寝て、明日もこれを着ておくのか!?
  まぁ今の時期、ワンピース毎シャワーを浴びても、乾いちゃうかもねぇ、とふと考えたり。
◆ このまま着て出かけて、だれかに助けを頼むか。
  でも、今日は、出先でのアポの連続。仕事先の人にこんなこと、頼めるか??

と、いろいろな場面が頭の中を駆け巡っている時に、ふと気づくと、マンション前から箒の音がする。
やった、今日はマンションの管理人さん(女性)が早く出勤してきている!

バカみたいな笑いを顔に貼り付けた私が階下に降りていくと、管理人さんがニコニコと挨拶をしてくれる。
さらに近寄っていくと、「どうされましたぁ?」と心配してくれる。
「と~っても変なお願いなんですけどぉ....」とお願いして、二人で管理人室へ。

結局、見えないところの糸がファスナーに噛んでいただけとわかって、すぐに解決したのだけど、
こんなちょっとしたことでこんなに大変とはね。


話題のワンピース。
110712ワンピース

ワンピースって、着ていて楽。
余りに汗になったので、ホテルに着いた途端に洗濯。タオルドライをして干したら、もう殆ど乾いている。
柄物のポリエステル、楽ちんである。
ま、一応明日の朝にアイロンを借りてシャンとさせるけど。

さて、今日は中部電力管内のホテルで、すずしくゆっくり眠ります。
おやすみなさい!

ふぐ

それにしても毎日晴れ。中部地方は週初めの雪がかなりだったらしいけれど、東京はほとんど降っていないし。
このままだと一月は降水量ゼロがホントになるかも。

昨日の夜、三河ふぐを食べる新年会に参加。
お皿の柄が全く透けない厚さで並ぶふぐ刺し、
千切りキャベツと一緒に鶏の唐揚げのようにドーンと載って出てくる唐揚げ、
お豆腐よりも多い量がゴロゴロとはいっている鍋。

実に気楽なこういうふぐの食べ方っていいものですね。

昨日朝7時過ぎ。朝の日差し。
110121朝日

しばらく出張や新年会が続いてしまって、素朴な家の食事が恋しくなっている。
今日は食料品の買い出しをしてこなくっちゃ。



雪景色を越えて

さらに寒い朝。

夜、雪景色の中を走って着いたのはここ。

110117夜景

着いたら雪は降ってないのが不思議よね。

新幹線の車内アナウンスで「降雪のため...26分の遅れが出ております」という。
26分の前に、正確を期すためのような微妙な間が入る。
車内掲示板には「25分ほどの遅延」と出ている。

「26分」と言うほど正確にならなくても構わないと思うんだけどね。さすがです。

で、これだけ遅れが出ているのに、東京駅は時刻表通りの時間で次々と発車している。
どうやって上り下りの列車(車体)をやりくりしているんだろう!?と感心。
こういう日本の几帳面さって、やっぱり貴重だと思う。
Overspec だとも思うけど、でもすごいよね、現実にこれで東海道の新幹線を動かしているんだから。


今日の夕方、東横線の日吉の駅で完全に見当識が狂った。
改札を入って一番右のホームに行くのが帰宅する際の真っ当な方向。
でも今日のように都心での仕事が夕方にある時は、右から二番目のホームを使う。
しかも今日は「都心の仕事を終えたら東海道新幹線に乗らなくちゃ」と考えていたため、
右から数えて四番目、一番左端のホーム(日吉駅から新横浜駅に向かう方向)に心が向いてしまった。

と言う訳で、改札を入ったところで右か左かもっと左か、と頭の中が暴走した挙げ句に完全にフリーズ。
あぁ焦った。

と言うほどに新幹線の事を気にしていたのに、都心の仕事を終えたら、足は自宅に帰る地下鉄に。
際どく気付いて、東京駅へ。
そのうちに大ポカをやりそうだわね、これじゃぁ。

今日のホテル、広々とツインルームで、ボディシャワー&ヘッドシャワーも洗い場もあるバスがあって、
バスローブもしっかりついている。
あぁ、真夜中について朝早々に出かけるなんてもったいないぞ....
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。