おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かな雨

今朝までは蒸し暑い位だったのに、午後から急に気温が下がり、雨。

湿度が低い中の雨、心地よい。

雨の中。うちの実家から挿し枝でやってきた地味なバラ。
110522バラ後ろ姿

世話が不十分なせいか、葉の勢いも今一つなのに、ちゃんと咲いてくれる。
がんばって体力をつけてもらわないとね。
このバラ以外にも、ベランダの一隅を占拠しているノイバラが今年はかなり盛大に咲いていたのに、
うっかりしているうちに撮りそびれてしまった。一季咲きだから、また来年を待たなくては。

知能の事を書いた本を読み直していて、そうかそうか、と気づいたこと(というか、思い出したこと。)

これは前にも書いたかもしれないが、知能には二種類あって
一つは "Fluid Intelligence" (流動的知能、とでも言うか?)、
もう一つは "Crystalized Intelligence" (結晶性知能?)、という。

前者は、「予想外の事でも状況に応じて理解して次の行動に移していく知能」みたいな感じであり、、
後者は、「今までの知識を活用して次の行動に展開する知能」といったところ。

当然というか、後者は年齢と共に向上する傾向があるけれども、前者は10代がピークで後はひたすら凋落する。
言ってみれば、「柔らか頭」といわれるのが前者。(いえ、後者が「頭が固い」わけではないけれど。)

仕事で前者を求められる事が多い身としては、こういう情報を突きつけられると、わかってはいても辛い。
確かに、その場での即応性は落ちていて、それを経験知で補っているものね。
頭を柔らかくする方法、いろいろわかって使っているつもりでも、気がつくとその使い方が定形化しちゃっているしね。
柔らかくなぁれ!
お酢を飲んだら柔らかくなる、っていうのは、身体の柔軟性だったけど...

ついでに、知能を違う視点で3つに分類する考え方もこの本に出ていた。
Analytical Intelligence(分析的知能)と、Practical Intelligence(実践的知能)、
それに Creative Intelligence (創造的知能)。

「世間知らずの芸術家」という人は創造的知能だけが突出していて、
「人当たりのいい人」は実践的知能が高い人なのか、と考えてくると、
分析的知能だけが突出していると「理屈ばかりの偏屈!?」になっちゃうのかしら。
何事もバランス良く持っていたいものだけど。

こういった知能って、「(生来持っていないものを)新たに学ぶ」ものなのか、それとも
「(生来持っているけど顕在化していないものを)使えるようにする」ものなのか。
考える度にわからなくなるけど、まぁ楽天的な私としては、「いくつになっても学べるもの!」と
思っておこうかしらね。
スポンサーサイト

春!

すごい風が吹いて、気温は低かったけど、日差しは見事なまでの春。

蕾もいっぱい。
110326蕾

日差しに誘われて、歩かなくてもよいところまで歩いてしまった一日。

近所のスーパーに週末の買い物にいったら、野菜の値札に書かれた産地が「千葉・愛知」、「茨城・栃木」
と言ったような二地域併記がたくさんあった。
併記していないものは、千葉や茨城のものが80円だと、福岡が200円だったりする。

少しムキになって買い込んで、今、家の野菜箱はいつになく一杯。
菜花の葉、蕪、ネギ、野ぜり、ニラ、みつば、キャベツ。
(ちなみに、ほうれん草はあまり好きじゃないので滅多に買わないもんで、今日も買わず。)

野菜が一杯だと、すごく贅沢気分。夕食は若布との和え物や蒸し野菜でたっぷり。
春です。

雪、100円ショップ、そしてひな祭り

曇り。朝にも少し細かい雪が舞ったが、夕方から霙、そして今やすっかり雪。

夜7時頃、仕事先のオフィスを出てきた。
出てみるとかなりの牡丹雪が混ざった霙。
でもオフィスには置き傘が無いし、周囲は既に全員帰宅していたので、諦めてそのまま歩き始めた。
運良く週末にも使っていたトートバッグにニット帽が入っていたので、何とかなると思ったのだが....
駅までの10分余り。途中にあったはずのコンビニは建物の建て替えで閉店しており、
目の前を通ったタクシーの空車をうっかり見逃してしまうし、そんなことをしながら歩いている間に
水分をかなり含んだ牡丹雪が身体中にドンドンとくっついて溶けていく。
足元は一応雨の日用のパンプスだけど、足の甲に雪が付いてあっと言う間に凍える。

駅ビルに着いたときは、見かけた人が思わず身をひくほど上から下までびしょびしょ。
手袋もコートもバッグもトートも見事にずぶ濡れ。
これまた運良く、コートがダウンのようなハーフコートだったので、身体が濡れなかったのは何とも
ラッキーだったし、帽子もウールだったので頭が濡れずに済んだのは大ラッキーだったのだけど。

とりあえずハンカチでコートの表面を拭ってから、駅ビルの100円ショップへ直行して、
200円傘を購入。
少し落ち着いたところで、ビル内のベンチに座って、仕事の電話。
30分たっぷりと話をしている間にコートの表面も少し乾いたけど、でも何となく寒そう。
またも100円ショップに戻って、膝掛けを購入。
自宅の駅に降りると、もう路上にもしっかり雪が積もり、完全な雪が降りしきっていた。
そんな中、200円傘を差し、100円の膝掛けを小さいマントのようにして肩に掛けて、おそるおそる歩いて帰宅。

マンションに着いたときは、傘を差していたにもかかわらずこの膝掛けまで白くなるほど全身に雪がくっつき、
ハンドバッグもトートバッグも見事に雪が積もって真っ白。でも膝掛けのお陰で寒さだけは感ぜず。

いやぁ、100円ショップ、えらい!

ところで、この100円ショップを出て、食品スーパーを通り抜けて駅に向かっているときのこと。
まだチョコレートを積み上げている売場もある中で、スーパーの一番目立ちそうな場所では店員が
ひな祭りの飾り付けをさっさと始めていた。

そう、次はひな祭りなんですね。

家から撮った雪景色。一応道幅が数mの道路なんだけど。
110214雪

明日はスーツで出かけたいんだけど、朝の足元、大丈夫かなぁ.....

あけましておめでとうございます

20110101元旦

きれいな快晴の元旦。夜になるとぐっと冷え込むのも冬らしくて良い。

新たな前進を目指したい一年。
まずは体力、次に仕事、そしてもう一つ仕事、そして自分に刺激を与える生活!

今年もよろしくお願いいたします。



時を忘れる

昨日は段々もわーっとしてきて、夜はかなりの雨。
今日は一日中妙にもわーっと暖かく、夜はきれいな十六夜の月。

昨日、夕方4時から、仕事先と三名で打合せ。
ブレインストーミング的なかなり多面的な検討をしていて、途中で
「あぁもう5時過ぎた」と思ったのは覚えている。
6時半に近くのお店で忘年会の予約をしていたので、「そろそろ切り上げのタイミングを」
と思いながらあれこれと追加の話をし、「もう6時だから」と思って終わったのだが....
時計をよく見たら、なんと7時だった。

まぁ内容は思いっきり充実していたし、全員時間に余裕があったので、予約をしていたお店以外は被害を受けていないのだけどね。

で、3名の内の一名が入れ替わる形で、女性三名で近くのイタリアンにて忘年会。
半年余りのプロジェクトを一緒にしてきたコアメンバー。
コースの品数が多くて、且つそれがゆっくり出てきたこともあるのだけど、
今まではこの三名だけでゆっくりおしゃべりの機会がなかったこともあって、
これまたあっと言う間に時間が過ぎる。
「あぁもう10時半だからおしまいにしなくちゃ」といって帰ろうとして改めて時計を見て、
今度こそ本当に驚いた。
11時半。

時間を忘れる経験を一日に二回もしてしまって、何だかちょっと感激(?)。

今日、午後4時半から会議。キーメンバーが8名ほど、オブザーバーを入れて10数名。
役所主催の会議なので、形式だけつくって「じゃぁ皆さんの合意を得られたので」と言って
終わってしまっても不思議はない設定。しかし、毎回、結構な論議が戦わされる面白い場。
今日も或る点についての論議を小一時間行ない、やっと一段落したところで委員長が言った。
「予定の議事録ではこの点についての討議は10分なんですよね。」
皆さん、熱心だものね。でも私は "おなかが空いたなぁ"と思いながら時計見ていたけどね。

その後、こちらも忘年会。中華料理。
食事もおいしかったし、かなり明るく盛り上がったし、二次会にまで付き合ったけど、でも
今日はしっかり時間を把握。だって早く家に帰りたかったんだもの。


冬の山にて。
101222冬の山

明日は休み。休みの日に時を忘れるのは簡単よね。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。