おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雀と同じ

一日中、ハッキリとしない曇り。でも昨日の大雨と比べれば、ほぼ晴れと言える天気。

仕事をしている人の注意力は"雀と同じぐらい"で3分と続かない、との研究結果があるそうだ。
う~ん、反論したいが.....

電話が鳴り、メールが入り、携帯がなり、誰かが呼びかけ、
気付くとネットでの調べ物が他の項目に広がり、思いついて別の資料を修正保存し、
ついでに関係者への電話を思いだし、長電話になりそうだからとコーヒーを入れに立ち、
通りすがりのスタッフから訊ねられて本棚に資料を探しに行き....

仰有るとおり!という気もする。

この猫の方が、長い時間じっとしていそう。
080630玄関前の猫

私も眠るのなら長時間得意。これなら雀に勝てる?
スポンサーサイト

50色

朝少し降っただけで、何とか曇りと少しの日差しで一日が終わった。
暑くはない。

昨日までの家の中の騒ぎで、窓のカーテンに使っていたシルクレースの布を破ってしまった。
引っ越しの度に使い回して10年近い年期もの、仕方がない。
代わりを入手しに、今日、カーテン屋さんへ。

買うものは買ったのだが、ふと見ると、輸入カーテンのサンプル布がワゴンで売られている。

実は、私は布の端切れに(も?)弱い。特にカーテン地などのインテリアファブリック。
織りや素材感のスケールが(洋服地よりも)大きいせいか、
ちょっとした敷物やソファーカバーなどとして簡単に遊べるので、見かけるとすぐに買いたくなる。

で、ワゴンに張り付くこと10分。
織りが気に入ったものを2,3枚と、光沢ある無地の色見本の束を購入。
この後者、いくら色見本としてもかなりの枚数かも、と思ってはいたのだが、
帰って数えてみたら50色も揃っていた。
私がすっかりおばあさんになっても、この布地の花瓶敷きが家の中に出回っていそう。

それにしても、この50の色を決めたデザイナーさんってすごい。
どの色も私の好きな色なんだもの。

こちらはトマトの緑とヒモの青が好き。
080628青いトマト

赤くなるのはいつ頃かなぁ。

明るい空間

晴れのような曇りのような晴れ。まだ気温は低めで過ごしやすい。

やっと修繕&部分リフォームが一段落。後は細かい対応のみ。
床、壁、天井と、空間表面のほとんどを、今までトーンをぐっと上げたら、
当然だが廊下の空間が一気に明るくなった。

こんなに気分が良くなるなら、もっと早くやれば良かったかもしれない。

同じく明るい気分になる色の花。
080627あじさい

全てのことを明るい方向に進めるためにも、色を明るくしよう!

塗装

曇り少しだけ雨。寒い!

今日は一部の木部塗装。
家全体からしたらほんの少しの面積なのに、家中に塗料の匂い。
それにしても、普段身近にない木工事や塗装などの作業を見るのって、楽しい。
だのに、床貼りの昨日も、壁紙貼りの明日も、残念ながらフルに仕事。
つまんないなぁ。

余りに眠いので、今日は以上で終わります。おやすみなさい。

きれいなビルのレストラン

晴れ。それほど暑くはない。

朝、久しぶりに川崎駅に行ったら、何もなかったはずの駅の脇に、
大きな商業施設が建っていた。
打合せの後に時間があったらそこでコーヒーを、と思ったが、
次のアポの時間が迫ってしまって、素通り。

田町駅に行ったら、ここも相変わらず駅周辺がどんどんときれいになっている。
打合せの後にお昼を食べようかなぁ、と思ったが、
適当な場所も見つからないまま駅へ。

品川駅で乗り換えをしたので、構内のいわゆる「エキナカ」の施設に入り、
インド料理のお店のランチを食べることにした。
チーズの入ったほうれん草カレーにナンのセット。

.....スパイス味と少しのバター味はしたが、
あとは何の味もない真っ平らな(?)ほうれん草ペーストで、
どう足掻いても、「まずい....」としか言えないものだった。
付け合わせのヨーグルトとサラダでナンを食べ終えて、
千円札で10円玉2個のお釣りを貰い、
二度と来ないぞ!と思いながら店を出た。

ここは乗り換え客がほとんどだから、二度と来ないと客が思ってもいいのかもしれない。
とにかく、「ただのほうれん草ペーストスパイス味・インドチーズ入り・暖め済み」。
今日の調理担当が冷凍庫から出したペーストに味を足すのを忘れたのか?

夜、丸ビルのベトナム料理のお店に行った。
以前は可愛い?ウェイターさんが中心だったと思うのに、
今日は感じの良いウェイトレスさんばかりだった。
味は、ちゃんとおいしかった。

終わりよければすべてよし。でも品川駅のインド料理、二度と行かないぞ!

これは本郷のカレーライス看板。
080625カレー

そのうちここもトライしてみなくっちゃ。

配線

晴れ間の見える朝だったのに、雲が出て雨が降ったりやんだり。
湿度の高い梅雨日。

やっと漏水事故で穴の空いた廊下の床の張り替えが始まった。
とりあえず最初の半日だけ付き合おうと家にいたら、
インターネット(ADSL)がつながらなくなった。
試してみると電話も不通。
廊下の床板の下に屋内配線が接着剤で直接貼り付けてあったようで、
仕方なくそれを剥がしたら、ケーブル内で断線したらしい。

まずは木工事の大工さんと、工務店の社長さんと可能性をチェック。
NTTを呼ぶと2時間ほどで来た。
電気工事が必要となり電気屋さんを呼ぶと1時間で来た。
NTTと電気屋、工務店に大工さん、それに工事監理担当者との六者会談。
何とか対応が決定し、夕方6時すぎまでで配線のし直し工事は終了。

留守番を手配していたのに、結局私も出かけられず、
と言っても家でもろくな仕事ができず、あっと言う間に一日が終了。

いずれにしても、リフォームって、いろいろ大変なのねぇ。

古い文房具の箱の底から、こんなものが出てきた。
080623名前は何?

幼稚園の頃、姉が持っているのが欲しくて仕方なかったこれ、
何という呼び名なんだろう。

梅雨空

降るとも降らないともつかない空の一日。夜になって一時強く降ったが、またやんだ。
湿度も高く、完全な梅雨の天気と言えそう。

梅雨空の下、を表しているような花。
080621梅雨空の下

ターミナル駅に出たら、やけに人がたくさんいた。
皆、鬱陶しい気分を払拭しに出てきたのかもしれない。

ICカード

曇りがちのようだけど時々日が差したりして、でも雨もぱらついたりするような一日。

昨日から、本郷、関内、浜松、一泊して、豊橋、東京、とあれこれ動き回る。

前にも書いたが、JR東海はこの3月からEX-ICというICカードを新幹線用に発行していて、これとSuicaを持っていれば、都内も地方の在来線も、(予約してある)新幹線も、すべてに現金を使わずに乗車できる。

だから、これだけ移動をすると、改札を何回も何回も通過するが、ほとんど、ドアを通り抜けるのと同じ程度の気楽さとなっている。

ある駅で、Suicaを探してバッグを覗きながら改札を抜けようとした私、直前を歩いていた乗客が急停止&Uターンをしたのに気付かないまま、正面衝突。

私も悪かったのに、相手が平謝りしてくれて、申し訳ないばかり。

別な駅、私が入場しようとした時にちょうど反対側から改札を出ようとしたサラリーマン、その改札がもともと入場専用だったこともあって、ゲートにみごとに激突。

隣の改札を通過していったが、自動改札機が引きつけを起こしそうな怖い目でゲートをにらみつけ、さらに私の方もにらんで行った。

これは、改札も私も悪くないと思うけどね。

さらに、私の後から新幹線改札を抜けようとしたサラリーマン、EX-ICカードで通り抜けた私(Suicaを重ねて通る)に釣られてか、Suicaカードで通り抜けようとして、通せんぼをされる。
当然駅員が走ってきてしまい、恥ずかしそうで可哀相。

ま、通る回数が多いと色々な出来事に出会います。
なにしろ、この一週間、新幹線往復が3回だものね。

ここのところ気を抜いていたら、とうとう載せたい日常写真が見当たらなくなった。
仕方ない、と言いつつ、最近気に入りのボタンの写真。
080620ボタン3つ

何がいいのかわからないが、なぜかお気に入り。


人智を越える

雲がかかってはいるが、晴れ。日差しの下を歩くと肌が熱い。

まずは以下の写真2枚をご覧ください。
080618ホーム看板1

080618ホーム看板2

説明がなければ「だからどうしたの?」となるこの二枚の写真だが、
実は、同じ駅の同じホームの2枚の案内板を、同じ位置に立ったまま、
右と左を見て撮したものであることが、問題。

つまり、同じホームなのに、ある案内板は「1番線が副都心線」と言い、
となりの案内板は「1番線は有楽町線」と言っている。

既にあちらこちらで話題になっている副都心線だが、この開通で始まった
有楽町線も交えた地下鉄の運行は、既に人智を越えているのではないか、
と真面目に思い始めている。

例えばこれらの写真を撮った今朝、副都心線で渋谷方面に行こうと思った私は、
自宅近くの駅に最初に来た電車が有楽町線(新木場行き)だったので、
この写真の駅で乗り換えのために降りた。
向かい側の2番線に「快速 渋谷行き」が停まっている。
でも、案内板(最初の写真)には有楽町線と書いてある。
乗客、たじろいでうろうろ。
しかも、地下鉄路線内は「急行」のはず(快速は西武線内の呼称)なのに、
車輌の電光掲示板はそのまま。

と思っていたら、「1番線に準急渋谷行きが参ります。こちらが先発します。」とのアナウンス。
2番線に乗り込みかけていた乗客もウロウロ。

当然のことながら、各駅停車に乗り換えたい乗客は、
いつ、どこに各停が来るのかもわからず、ホームの真ん中をウロウロ。

この複雑過ぎる仕組みでは、乗客は、どれにどうやって乗ったら良いのか、
まるでわからない。
その上、電車の運転手や車掌、それに運行センター?の担当ですら、
どの電車が今何をするとどうなるか、なんて判断が、咄嗟にできないのではないだろうか。

大体、写真のような思い切りの凡ミスを、開業後まで訂正できないでいること自体、
既に「システム運用側の容量オーバー」を言っているとしか思えない。

こんな人智を越えたようなシステム、手のつけようのない問題が起きる前に、
少しでも単純なダイヤに戻した方がいいんじゃないかなぁ。

ついでに、東新宿駅のレリーフ。
080618「新宿躑躅」

タイトルは「新宿躑躅」。
明るい色は悪くないけど.....ま、好みはいろいろあるからね。

古いもの

晴れ。でも相変わらず湿度が高くならないので、心地よく過ごせる。

午後から日帰りで新幹線出張。
ここのところ、予定がうまく重ならずに単発の予定で出かけてばかり。
時間もお金も無駄だなぁ。

帰り道、初めて渋谷からの東京メトロ副都心線に乗車。
今朝もかなりの遅れが出ていたが、夜は無事に定刻運行。
わーい!と喜んで、「乗ったよ!」とメールを送ろうとしたら.....
ホームで電波が拾えない。

私の携帯は mova。もうなくなる事が決まっている規格。
新しいビルの地下でつながらない経験を一月ぐらい前にしてそろそろ危機感を持っていたのだが、地下鉄の駅でも駄目となると実用性の問題が深刻。

都内だけでなく国内もあちこちと移動が多いため、
携帯は電波のカバレージが主要な選択基準となっている。
3年前に買い換えた時は、まだFOMAのカバレージが頼りないので
迷わずにmovaにしたのだが。

まだまだ問題なく動くこの携帯を捨てるのがイヤだなぁ。
本当に古くなったなら仕方ないが、規格を替えて「古くさせられた」気がするし、
なんだか残念。

古い建物の古い窓。これは時間が十分古びさせてくれたもの。
080617ふるい窓

斜め写真だったのを試しに回転させてみたら、こんなになった。
やっぱり変だけど、窓が気に入っているのでこのままにします。

明日の前の日

晴れ。暑いが、空気は乾いていて室内は快適。

こっそりと咲いていた花。
080616花

目立たない佇まいに、「元気でいようね!」と言いたくなる。

明日が良い日となりますように。

日曜日

晴れ。日差しは暑いが、気温は低めで気持ちの良い日曜日。

今日は、家の近所の猫が一日中鳴いている。
時々合唱。
どうしたのかな?

出かける予定が、気持ちの良さの余りにいろいろとしているうちに、
タイミングを逃してしまった。
ちょっと反省。

こういう色合いが今日の気分。
080615木

木の名前を覚えていないのはいつものことだけど、
形としてはお気に入り。

身軽な一日

晴れ。

朝6時に家を出て、京都に日帰り出張。帰宅は真夜中。
出張としては何年ぶりか!?と言うぐらい珍しく、PCを持たずに身軽に出かける。
これに応じて、普段と違うトートバッグを使うことにしたら、
なんとデジカメまで家においていってしまった。

京都駅から地下鉄に乗って行く先まで往復しただけなのに、
「あ、撮ろうかな」と思った回数、10回ほど。

ちょっとくやしい。

仕方がないので、東京の紫陽花。
080613あじさい

おやすみなさい。

深呼吸して

晴れ。日差しは暑いが、空気がさっぱりとしていて気持ちの良い金曜日。

深呼吸して、いいことをたくさん呼び込もうっと。
080613夕方の日差し

どんなところでも、何気なく生活しているのがうれしいから。

うつつの世界

朝、ひどい雨で気温も低い。夕方、雨が上がり、気温が低い。空気がきれい。

最近、PCの前で考えモードに入ったり、電車の中で座って何かを読み始めたりすると、
すぐにうつつの世界に入ってしまう。
余りに頻繁で、ゆっくり考え事をするのも難しいぐらい。

でも、うつつの世界も悪くない。

「宙(そら)に遊ぶ」場所がある地下道。
080612浅草駅地下

驚きに満ちた体験を連続する、なんて、うつつの穏やかな世界では
あり得なさそう。

表現

曇り。今にも降りそうな湿度の高い一日。でも降らず。

午前中、気分転換と称して、都内での自然散歩。
蒸し蒸ししたが、咲き終わったノイバラを見たり、
葭の群生の前に咲く野花菖蒲に出会ったり、
クロマツのごつごつした木肌に迫力負けしたりしながら、
のんびり。

木の下で虫食いだらけでスカスカになっている葉。
080611虫食い葉


こちらは、昨日見かけた、レースのように光を透す桜の葉。
080611レースのような桜野は


どちらも似たようなものだけど、「スカスカ」と「レースのような」と異なる表現を思いつく。
何が違うのかな?

ショートパンツ

晴れ。そこそこ気持ちの良い一日。

最近ショートパンツがはやっているらしい。
いろいろな組み合わせで着ている子にしょっちゅう出会う。

駅のコンコースで向こうから着た子が、膝より少し上のパンツにブレザージャケット。
カバンを斜めがけしていて、結構良い雰囲気だなぁ、と思いながら近づいてみると....

男性だった。

そうか、男性も短いのが流行っているということなのね。

今日の夕暮れ。
080610夕暮れ半月

気持ちよい夕暮れも今日までとか。

雨の週初め

雨が降ったりやんだり。夕方には稲光と雷。湿度の高い一日。

週初めに雨が降ると気分がしんどいなぁ、と、一日を過ごす。
でも、夕方には新車に乗せてもらって優雅に日本橋でお茶、
その後は神田でお蕎麦。
ちょっと気分向上。

この季節の花。
080609紫陽花

道端の古い長屋の前、咲き誇るよりもこの風情が好き。

東に西に

晴れ。暑かったぁ。

ベッドサイドにおいて読書用に使っていたシェードランプが壊れた。
タッチセンサーに触ったら、バチッと言って終わり。

明るさが3段階あり、本を読むときは明るく、眠るときは最低に、と
調節が出来て、すごく気に入っていたのに。

家電店に探しに行ったが、デスクライトタイプばかり。
どうしよう~と思ったら、折りたたむと間接照明になるデスクライトを見つけた。
しかも、蛍光灯を使っているのに調光できる。

ずっと折りたたんで使うことになりそうだが、うれしく持ち帰り。
ちょっとしたことだけど気分良し。

道端で売られていた運動靴。
080608運動靴

こういう風景も気分がいいよね。

ブログ

晴れ。日差しが暑く、日傘を差して歩く。

BusinessWeek誌に、Blogを話題にした特集記事が出ている。
2005年に掲載した自らのBlogの記事を検証し直すアプローチ。
いろいろな視点、予測と異なる動向、などなどいずれも面白いが、
「ブログは伸び続ける(でもたくさんの幽霊参加者も)」と題された
ほんの数行の囲み記事が、直接的で印象に残った。

曰く、
2005年には、有る調査によると900万のブログが特定された。
現在、この数字は7,400万に拡大している。
すごい数字だが、この中で最近二ヶ月に記事を掲載しているのは
ほんのひとかけらの人たちであり、それは520万人とも、
400万人、200万人、という見方すら有る。
いずれにしても、読むものは充分すぎるほどあるのは確か。
アメリカでネットを使っている大人のうち、「毎月」どこかのブログを
読んでいるのは、四人に一人しか過ぎない。

blogの背極的利用者の割合の少なさは驚くほどの数字ではないし、
「誰もがblogを使う」という想定の方が怖ろしいが、
登録しているのに利用していない人の数の多さが何だか不気味。

その数に合わせてシステムやサーバーの容量が設定され、
この人達の登録データがどこかで使われないまま保存されている。
ある日、これらの沈黙した登録データや余計な容量が、
何か悪さを始めなければいいが...?

雨の後の樹の肌。
080606樹の肌

いきいきした雰囲気は、ネット世界の得体の知れなさをはねのけてくれるよう。

名前の変更

昨日は...晴れ? 今日は、朝から降ったりやんだり。午後には一時強く降る。

一昨日の夜、郵便の不在通知が入っていたのでコールセンターに電話をした。
すると、当日の再配達は遅いので無理だが、受け取りに行くのは当日でも出来る、
但し、当日だけは受取時間に制限がある、と言われた。

若おうな 「それは何時ですか?」
センター 「お手元の票に記入してあります」
若 「記入してあるのは担当者名と私の名前とかぐらいで、時間はありませんが?」
セ 「書いてあるはずです」
若 「ここの本局は×××郵便局ですよね、そこの時間設定を教えてくれませんか?」
セ 「わかりません」

おや、おかしな事を言うなぁ、と思いつつ、
若 「なぜわからないんですか?」
セ 「ここはセンターですからわかりません」

余りのアホらしさに、相手にするのをやめようと、諦めて訊ねた。
若 「では、×××郵便局の集配担当の電話を教えてください。
   自分で今から確認しますから。」
セ 「×××支店でいいんですか?」
若 「......×××郵便局がここの本局ですよね? そこを教えてください。」
セ 「×××支店でいいんですね。」
若 「ですから、×××郵便局を....」
セ 「しばらくお待ち下さい」

優に3分は待たされた挙げ句、戻ってきたセンターの担当者は言い切った。
セ 「×××支店でいいんですね。」 

若 「だから×××郵便局、と言っているのにどうなっているの?」
セ 「.....」
若 「で、番号は! 今掛けて時間を確認するんだから、そのための番号を教えて!」
セ 「○○○○の○○○○です。」

最後の落ち ↓

この番号、午後5時で終わる代表電話番号だった。

コールセンターって、何なんだぁ?
..........................

Googleに「郵便局」と入れると、「郵便窓口を探す」の中に、
「郵便局・ATMを探す」というメニューがあり、ずーっと「郵便局」として誘導される。
これをまた地名などで辿っていき、最後に○○○郵便局にたどり着き、
「集荷・配送」のお問い合わせ先として出てくる「電話番号はこちら」に行くと、
突然「○○○支店」の電話番号が出てくる。

人を惑わせて遊んでるのか?

いろいろ類推してみると、天下の郵便事業会社では、
本局と呼んでいた施設のことを、「うちの支店が」と呼びたかったらしい。
百歩譲って、その気持ちもわかってあげてもいい。
でも、それをしたいのなら、
顧客への説明もHPの表記統一もわかりやすくするのが、
真っ当な市民/企業としての対応、と、私は思うけどね。

この不毛な電話をしている間に、同じく不在票を入れていたクロネコは、
夜の9時だというのに「近くを通ったので寄ってみた」と再配達に来た。

日本郵便、クロネコヤマトの親切さを1%でもいいから見習おわないと、
ユーザーは本気で怒るからね。

足跡。
080605足跡

いえ、話とは関係有りませんが、こんな電話や
昨日のハードな一日出張(朝6時発、夜12時帰宅)や、
今日は今日で肩の痛みで腕が上がらなくなったり、と
何となくこんな気分です。

あれこれ

雨。やむかなぁ、と思ったのに、まだ多少降っている。

土曜日の雨の中で出会った鬼蕨。
080603オニワラビ

こんな迫力で上に向いて伸びてみたいものだなぁ、と思いつつ、
蕨って多年草じゃないよねぇ、じゃぁ秋には枯れちゃうの?、
と自分で落ちをつけてしまった。

鬼蕨の初夏の迫力を忘れない、程度で暮らせばいいか。

梅雨入り

曇り。昼間から少し雨がぱらつく。夕方に関東地方に梅雨入り宣言。

雨の中の葉っぱ。
080602雨の日の葉

雨に打たれた葉っぱがペコペコと動くのが面白い。

時間が突然空いた夕方、ここのところ何とかお目にかかろうとしていたSさんにダメ元で声を掛けたら運良く付き合ってもらえた。
ちょっと余計なもの?も買ってしまったが、楽しくおしゃべり。
週初めにこういう予定外の楽しさがあると、今週を明るく過ごせそうな気分。

雨上がり、快晴

昨日の土曜日は、朝起きると寒く、かなりの雨。
例年の集まりに八ヶ岳方面に出かけるが、午後曇り、の予報に反して夜まで雨。

今日は打って変わって雲一つ無い朝を迎える。
080601雨上がりの朝

山の朝、透明な日差し、草の中の冷たさと輝き。

気の置けない会話と笑顔でいっぱいだったこの週末に、感謝。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。