おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

晴れ。寒い冬の日。

枝を広げ、春を待つ木。

081231広がる枝

来年が今年よりもずっと良い一年になりますように。
皆様も良い新年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

五反田から大崎 12月30日

晴れ。とっても暖かい。

朝、五反田まで行ったので、隣り駅の大崎まで歩いてみた。

いつも昼間の閉店状態しか見かけないが、夜の雰囲気に興味があるレストランの壁。
081230五反田大崎1

陸橋下の通路。いつもはバイクが何台も置いてあるのに、今日は自転車だけ。
081230五反田大崎2

人気のない飲食街。中国語?で凄い勢いで話しながら歩く人。
081230五反田大崎3

おや、こんなところにあったのね、とキャッツシアター。
081230五反田大崎1

目黒川。影がちょうど橋の足のような角度で伸びている。
081230五反田大崎6

シンガポールの公共住宅みたいな高層住宅群の向かいに並ぶ、作業用のパレット。
081230五反田大崎5

次々に高層ビルが建てられている大崎駅付近。捉えどころのない地域となってしまった。
081230五反田大崎7

このルート、もう少し探検してみたい。

年末の街

晴れ。寒さもややゆるみ、過ごしやすい一日。

夕方、探し物があって秋葉原に出かけた。
たたき売りをしているショップにはそれなりに人が集まってはいるが、
道路には車も少なく、ヨドバシカメラの中も平日の夕方より空いている。
やっぱり不景気かな。

通りがかりの100円ショップ、買ったものをまとめるためのバッグを買おうと入ってみたが、
使えそうなのがないので諦めて、店を出た。
100mぐらい歩いた交差点、ふと下を見ると、なんと買ってもいないバッグを手に提げている!
あわてふためいて100円ショップに戻り、誰も何も気付いていないのを幸いに、
こっそり元に戻して帰ってきた。冷や汗。

帰り道のターミナル駅で、食パンを買おうと大きなパン屋に寄ったのに、
なんと棚に10個ほどのデニッシュが残っているだけ。
店員さん曰く、「なんだかやけに売れちゃって」。

デパートの地下に、日常的に待ち行列ができているラスクを売っている店(多分)があるが、
今日は、クリスマスのケーキ屋のような長い列。
なぜ??

同じくターミナル駅のコンコースで、正月飾りを売っていたワゴン、
カバーのビニール袋についているセロテープが、色も変わって粘着材もよれている。
もしかして、一年前のだったりするかも。

街の様子、いろいろ見ていくと面白い。

年末の本郷の街、四景。

本郷薬師。日の差さない裏通り。
081229本郷1

路地から急ぎ歩く人たちを見る。
081229本郷2

いつも硝子戸をピカピカにしている古い店。
081229本郷3

後楽園の観覧車を見晴るかす。あぁ夕方だ、と胸がキュンとなる。
081229本郷4

電線

今日もきれいな晴れ。昨日までよりも少し暖かいような。
昨日は久しぶりに銀座松屋のデザインコーナーを覗き、その後居酒屋でおしゃべり。
きれいなもの、こだわりのものなどを沢山見て感じられて、すっかり良い気分。

今日、マンション全体のテレビ回線を新しくしたのに応じて、宅内コンセントの設置工事に
業者がやってきた。

宅内配線が黒いケーブルだというので、
「白い壁の上で目立たないように、モールをつけてもらえませんか」といったら、
ジャケットにネクタイをしている担当者はあっさりと、「対応していません」と回答。
困ったなぁ、という顔をしたら、作業服を着て配線をしていた技術者が、
「お客様が後から自分で簡単に設置できるように、配線します」と言ってくれて、
モールをつける際の細かい対応も確認していってくれた。すばらしい。

工事を見ながら、ネクタイの担当者に「今回の新しいテレビ回線って何が違うの?
古い回線だと何がなの?」と尋ねたら、「画面がきれいに見えます!」ときっぱり。
不充分な答えだけどこれ以上尋ねても答えがないのかなぁ、と思っていたら、
作業服さんがケーブルの断面を見せながら、丁寧に説明してくれた。納得。

ネクタイさんがケーブルTVでのインターネットを一生懸命進めるので、
真面目に検討してみようかと思い、
「ネットワークの年間障害回数って、NTT回線を使っている大手業者と比べて同じぐらい?」
と尋ねてみた。
ネクタイさん、答えようと努力して曰く、
「雷が家の近くの電柱に落ちるとつながらなくなりますし、お客様のモデムが壊れることも多いです。」
それって論点が違うけど....と諦めている私の視線の先(ネクタイさんの後ろ)を、
作業服さんが脚立を担ぎながらニヤニヤと通過。

ネクタイさん、素直な対応は好感度高いから、勉強をもうちょっとして頑張ろうね。

冬の住宅街の電線。
081228電線

電線だらけ。なんとかならないものかしらねぇ。

さて、年末年始

きれいに晴れているが寒い昨日、きれいに晴れていて寒い今日。

昨日で一応オフィスも終わり、今日から年末年始休暇。
仕事の年賀状も、個人の年賀状も、大掃除も、片付けも、仕事も何も、すべて完了!
...なんて全く言えないのだが、それでも気持ちは少しホッ。
この時期に風邪を引き込むことも多いので、注意。

気持ちの良い朝日に向かって歩むamazonくん。
081227amazonくん

このamazonの段ボール、空気を運んでいることも多いが(平箱にUSBメモリー一つだけが入ってくることも...)、日頃何かと世話になっている。
一昨日はプリンターとインクを深夜の一時に発注、その日の午後3時には無事受け取り。
プリンターはメーカーの箱だけど、インクはamazon段ボールで到着し、「走ってきたのね、エライエライ!」と賞賛。

いよいよ今年もあと5日。

クリスマス

昨日は年末らしい一日、今日も思ったより暖かかったが、夜になって冷え込んできている。

昨日はオフィスに寄らず、都内と横浜市の仕事先を回る。
今日は、朝はまずオフィス、それから昨日と同じ都内の客先、それからまた横浜市。
3時間びっしり仕事をして、また4時頃にはオフィスに戻り7時まで仕事。
昨日、今日共に、まとまった仕事には手をつけられず、細かいことを次々とこなす。
メールと電話、間に資料作成や打合せ、またメールと電話と.....。
移動も多かったので、さすがにぐったり。

でも、昨日今日と、気にかかっている事の状況が少しずつ良くなっている。
一番のクリスマスプレゼント。

今年の仕事も、オフィスに出るのはあと一日。
明日はオフィスで仕事、昼にはスタッフで忘年ランチ。
夕方に出かけて打合せをして、そのまま忘年会。
頑張らなくちゃ。

疲れたときは、こんな雰囲気がいい。
081225地蔵堂

地蔵堂の片隅に置かれた、石の小さなお地蔵さん。いいお顔。

冬の夕方

晴れ。予報通り寒いが、関東平野の冬らしさが気持ちが良い一日。

午後3時過ぎ、日が傾いていく中、駅までの道すがらに冬の夕方を撮ってみた。

鈴なりの柿と冬のイチョウ。
081223柿と公孫樹

駐車場のフェンス際。
081223枯れ草

枯れた猫じゃらし。
081223枯れた猫じゃらし

白樺の梢。
081223白樺

この辺り、駅が近いのに空き地として放置されている。
このままの風景が残ればいいのだが。

またも地下鉄と

一応晴れの朝。暖かいが、昼から不気味に暗くなり、夕方には雨になる。

朝、新聞に読みふけっていたら副都心線で新宿三丁目まで行ってしまった。
本来は、池袋で丸ノ内線に乗り換えるはず。
仕方なく、丸ノ内線で四谷に出て、南北線で後楽園に出る、というルートを取って
30分遅刻で出社。あぁ疲れた。

あぁ冬だなぁ、と思わせる植え込みの枝。背景は武蔵野の雑木林。
081222冬の植え込み


非正規社員の解雇問題が何かとマスコミに取り上げられている。
確かに、突然仕事が無くなり、住まいまで無くなるのでは、生きていくことすら難しい。
過去になかった状況として、今何をなすべきか、と取り上げられるべき話題であるのは
確かだと思う。

ただ、「企業は解雇すべきではない」「解雇した企業はひどい」といった論調は気になる。
企業が潰れるのを良しとするならば、この論調は受け入れられる。
けれども、企業が端から潰れて良いことなどないはず。
企業がバタバタと潰れてしまったら蓄積されたノウハウも一気に無くなり、
将来の競争力はもとより、経済回復もおぼつかなくなる。
マスコミは、そんな将来を目指すべきと思っているのだろうか?

もちろん、まだ余裕があるにも関わらず、今がチャンス!とばかりに人員削減に走っている企業も
ないとは言えないだろう。
でも、実際の企業の話を聞くと、この2ヶ月の状況急変は怖ろしいほどのものとなっている。
何10人も従業員を抱えている企業が一ヶ月分の受注残しかない、といった話も多い。
このような状況で従業員を抱え続けたら、結局共倒れとなる。
これを避けようとした場合、或る段階まで来れば解雇は当然の選択肢にならざるを得ず、
且つ、その場合に非正規従業員から解雇していくのもまた当然としか言いようがない。

解雇に至るプロセスの取り方はいろいろあると思う。働いている側から言えば、
突然放り出されるのは辛い。せめてしばらくの猶予期間があれば、とも思うし、
ワークシェアリングのような形で、従業員皆で痛み分け、と言う形もあるのかとも思う。
(とはいえ、従業員全員が痛み分けに納得するかどうかは....これまた何とも。)

でも、雇用契約を両者が納得して働いている、という状況がある限り、
ここしばらくのマスコミ、特にテレビなどの論調は余りに一方的であり、おかしい。

派遣や期限付き雇用のような形であっても(いや、だからこそ余計)、今の時代、必ず契約書を交わしているだろう。その中の解雇条件に違反していない限り、企業側が一方的に攻められるのはおかしい。
「契約なんて。それよりも人間として考えるべき」との意見もあるだろうし、予想外の状況の中ではこの辺りの配慮が平常時よりはかなり必要となるのは確かだ。
とは言え、契約がそれなりの意味をもっていないとなると、法治国家である立場すら維持できなくなる。一体全体、それでいいのだろうか?

以前、大手製造メーカーの組合員の古株社員と話をしていて、とても違和感があった。なぜならば、何の話をしていても「会社が悪い」との結論に落ち着くから。
「治療に時間の掛かる病気になった社員が、元々の部署から異動させられて閑職に回された。病気を理由に差別するなんて、ひどい会社だ。」
「売上が下がったからと言ってベースアップが減った。例年通りのベースアップをすべきだ。」

どう考えても無理がある。病気でしょっちゅう休むのに雇用継続をしているということは、会社だってかなりの負担をしているはず。すぐに解雇になっても不思議ないのに。それに、売上が減ったのに例年通りのベースアップをしていたら、会社が潰れるとわからないのだろうか?

どうも今回のマスコミの論調は、こういった経営の基本を説明しようともせずにただただ「わかりやすい悪者を叩く」に終始しているような気がする。

こういうことを言うと、また「可哀相な人のことを考えていない」と言われるのかもしれない。
でも、何かが違っている。
企業の経営者は高い給料を貰っていい生活をしていて社員のことなんかちゃんと考えていない、なんて、余りに安易な理解。マスコミの馬鹿さに引きずられるのは悲しいよね。

以上、ここのところ気になっていた事に関して、思いの走るままに。

歩きとバス

冬至。晴れ。朝はさほどでもなかったが、昼間は一気に暖かくなり、且つ強い風が吹く。
今日が「前から読んでも1221,後ろから読んでも1221!」だから回文みたいだなぁ、と
思っていたら、本当に「回文の日」らしい。皆考えることは同じなのね。

昨日は地下鉄を話題にしたが、今日は歩きとバス。

朝、コミュニティバスというのに乗って、家の近くから4㎞ほど離れた郵便局の本局に行く。
乗車時間20分ほど。本局の目の前が停留所なので便利。
帰りも、このバスに乗ったつもりだったのだが...乗るバスを間違えた。
本局周辺をぐるっと回るミニ循環バスに乗ってしまい、その結果、15分ほどでまた郵便局前へ。
本当に乗るべきバスは一時間に一本。ゆえに次のバスは40分後。
暖かいしお天気も良いし、えーい!と、バスルート沿いに歩いてみることにする。
以後、カメラを時々使いながらも歩くこと50分余り。
家まであと徒歩15分のバス停でバスが追いついてきたので乗車。
でも、当然ながら5分ほどで降車することになり、何だか不満。

午後、両親を訪ねるために、地下鉄の後にまたバスを使う。
今度はバス停からさらに10分歩く。
しかも買い物を頼まれて、近所の大きな商店街を行ったり来たり。
帰りがけにはまた自宅用の買い物で行ったり来たり。

一日に5回もバスに乗るのも珍しいし、なんだかやけに沢山歩いた一日。
昨日今日と、都内をちょこまかと随分移動した。疲れたけれど、まぁ面白かった。

今日、すごく素敵な糸を使った手編みのマフラーをいただいたのだが、
たまたま、先日買った小花柄のスカートと色合いが揃っていた。

うれしくて、早速組み合わせて撮影。(スカートは横向きに置いてあります。)
081221マフラーとスカート

ウールのモヘヤの風合いと、ポリエステルの細かいけど緩いプリーツ加工のシャリ感が、
妙にうれしいコンビネーション。この二つに、焦茶色の薄手リブ編みタートルネックと
同じく焦茶色タイツを組み合わせたら、色も素材感も大満足。
今日はアンクルブーツだったけど、ルーズな茶のロングブーツを組み合わせてもいいかも...
...などなど、年末年始の気軽な外出が楽しみ楽しみ!

地下鉄

晴れ。暖かい一日と言われたが、午前中は寒い。午後は曇り気味だったが気温は高め。

朝、家から本郷へ。その後、徒歩でオフィスへ。次に地下鉄で市ヶ谷へ。
さらに次の用事は雑司ヶ谷。さらに一度本郷三丁目まで戻り、夜は鍋パーティがある白山へ。

何本地下鉄に乗ったかわからないが、今日は一日乗車券を買うべきだったことは確か。
一度使ってみたいのになぁ。

友人宅のクロちゃん。
081220クロちゃん

お客さんが多くてはしゃぎすぎたのか、お母さんの腕の中で眠そう。

明日は冬至。明日からは事が明るい方向に進むはず。

足が痛い!

冬のきれいな快晴日。さすがに冷たい。

一日、イベント対応。朝7時に家を出てから夜の6時頃まで、
座っていたのは合わせて一時間もあるかないか。ほとんどが来場者と立ち話。
当然のことながら、足が痛い!

今日も5㎝ヒールのパンプスに中敷きも入れて、と負担の少ないようにしていたのだが、
お昼を過ぎる頃から、気がつくと立ち話をしながら片足立ち(片足が楽になる)。
こういう足の痛みって、足の筋肉を強くするとかすると、出なくなるのかなぁ。

展示会のコンパニオンさん達って(まぁ普通は若いけど)偉いなぁ、とか、
皇族の方達って(かなりの年配の方もいるのに)すごく偉いなぁ、と、思いつつ帰宅。

今日はお風呂でほぐさなくっちゃ。

この気分にはフラミンゴの写真でもあれば良いのだけど、残念ながら持っていない。
というわけで、写真無し!

年末の街

晴れ。予報通り、かなりポカポカと暖かくなった一日。

午後、有楽町の国際フォーラムに出かけたら、こんなクリスマスツリーに出会った。
081218有楽町ツリー

言ってみれば、クマを積み上げてLEDのモールを掛け渡しただけ、というもの。
簡単だけど、結構かわいい。このクマ、あとでどうするのかなぁ。

気がついてみれば12月ももう18日。
街のクリスマス飾りは目にしているのに、ちっとも師走と思っていなかったような。
夕方にはオフィスで年賀状と新年カードの準備にバタバタ。

まずいぞ、やっぱり世の中は年末だ。

落ち着かない

暗い朝に始まり、一日中冷たい雨。

気になる状況が日々変わり、落ち着かない日を過ごしているが、
こういうときは堅実に過ごしていくことが一番なのかと思う。
今日は、昨日案じていたより良い方向に行った様子。

明日は、インフルエンザの予防接種の予約をして貰ってあるので、朝に病院。
午後は明後日のイベント準備。明後日は丸一日のイベント対応。
堅実に頑張るからね。

焦っても心配しすぎても良いことはないのだから、こんなふうわり気分も忘れずに。
081217日向ぼっこ

手帳の来年用のレフィルを買いに渋谷の伊東屋に行ったら、「うちには入れていない」と言われた。
「銀座の本店で毎年買っているのだけど、あちらから在庫を取り寄せられない?」と尋ねたら、
「5,6日待っていただけるのでしたら在庫の有無がわかります」と言われた。

5,6時間の間違いかと思ったが、やはり「問い合わせに5,6日かかる」とのこと。

これって、「別運営なので、問い合わせはしません」と言って貰った方が、
こちらの気持ちはフウワリいられるような。
毎年伊東屋で買っていた手帳だが、結局西武のLOFTで見つけて入手。

12月半ばを過ぎての手帳購入、堅実とは言いかねる行動だからしかたないのかな。

冬の日

冷たい朝。昼間もかなり冷えている。冬ねぇ、と思わず言葉を交わす。

冬の冷え込みを潔く感じさせる障子の光。
081216岩崎邸障子

この凛々しさ、性格として、あり方として、憧れる。

寒いけど

天気良し。でも結構寒い。きれいな夕暮れ。

もう木々の枝は冬。
081215銀杏2

寒々しいと見るか、清々しいと見るか。今日は寒く見える。
081215銀杏

寒いなぁ、と思いながら家で仕事をしていたら、いつのまにか膝掛けを肩に羽織っていた。
子供の頃に、寒い部屋でセーターの上から茶羽織を着て勉強をしていたことを思い出した。
着るものって、こだわらなければいろいろあるのね。

サンタが登る

暗い朝。一日中、寒い。

師走のせわしさにこの寒さ、サンタも楽ではない。
081214登るサンタ

夜まで忙しいんだものね。
081214登るサンタ夜

良いことをいっぱい運んでくれるサンタさん、ガンバって!

穏やかな日

曇りがちながら、朝は日差し。

出先の近くに旧岩崎邸があったので、寄ってみた。
建物のディテールのあれこれが素敵だった。

金唐革紙(和紙で革の壁紙を模したもの)が「洋館」の雰囲気を強調している。
でも何よりも気に入ったのがこのスイッチ。
081213岩崎邸スイッチ

それに、このスチームラジエータ。
081213岩崎邸ラジエータ

その他、岩崎邸の気に入った部分を少しまとめたので、ご興味のある方はこちらにどうぞ。

夕方、化粧品を買いにデパートへ。普段はさっさと(且つ安く)買えるドラッグでほとんど済ませるので、デパートの化粧品売り場なんて2,3年に一度行くか行かないか。
だが、探していたアイシャドウの色が生産中止になっているとわかり、代替品を相談。
「今日はメイクアップの専門家がいますので」と言われて、代替品を試すために、
ファウンデーションとアイシャドウ、チークカラーだけを簡単にしてみてもらう。

うわぁ、2,3分で「薄化粧なのにきれいに化粧をした顔」になってしまった!

普段からこのぐらいきれいにしていられれば良いのになぁ。

今日みたいな穏やかな日々が毎日続きますように。

品川

朝からポカポカした一日。またも春先のよう。夜はきれいな満月(14.4夜だそうだ)。

朝の打合せの後、品川へ移動。
何かと通りかかっている駅だが、久しぶりに東口のビル群を眺めると、その数に驚く。
NTTとコクヨのビルしか「ビル」が無く、山手線からもよく見えた時期が長かった覚えがあるのに、
今やどちらも小さく、他のビルの隙間に見えるような感じ。

おやま、いつのまにか時間が過ぎているのね。

お昼を食べたホテルラウンジの天井。吹き抜けの上の窓がきれい。
081212ストリングスホテル



辻褄

暖かい晴れの日。ポカポカして春先のよう。

今週はオフィスに二日もいたが、その間中、くだらない辻褄合わせの資料作成に終始。
疲れた。
とりあえずの辻褄は合ったような合わないような。
理屈と建前ばかりで全く生産性もなく創造へもつながらない活動だのに、この辻褄が
合っているかどうかに文句をつけることだけが自らの存在価値になっている人たちが
いる。

これじゃ日本はダメになる!なんて大げさに言うのも何だけど、少なくとも、これで社会が
明るくなるとは全く思えないのよねぇ。

そんな事々を、哀愁を込めつつ笑ってくれているような、チンドンやさん。
081211チンドンやさん

最近は滅多に見かけないけれど、見かけると、小さいときのドキドキ感を少し味わえる。

明日はもっと良い日になりますように。

色いろ

きれいな晴れ。
昨日の雨が朝まで残っていたので、晴れている空の下、地面が光っていて清々しい。

人気のない児童公園。
081210児童遊園

明るい色合いの良い冬の始まり。

手袋

雲が広がりかけたような朝。ハッキリしない天気かと思ったが、いつのまにか穏やかに晴れ。

これもオフィスの近所の家。オフィスの辺りは蔦に覆われるような古いアパートも多い。
081207駐車場の向こうアパート

手前のタオルは屋外、もう一枚は硝子戸の中。この違いは何だろう。

今日は、オフィスから二カ所を回って夜にオフィスに戻る移動の一日だったが、
明日は一日オフィスの予定。うれしい。

そぐわない?

今日も朝からきれいな晴れ。
繁華街に近づかなかったせいかもしれないが、見かける人の数が少ないような静かな日曜日。

家にイルミネーションを飾りつける人たちのことを、イルミネーターと呼ぶ、とつい最近知った。
イルミネーションを飾り付ける、というガーデニングにも通じる雰囲気と、この言葉の響きとに、
なんとなくのそぐわなさを感じるのはなぜだろう。
ターミネーターに語感が似ているから、というのが一番の原因か?

一月ほど前、電話の声は若いのに会ったらそうでもなかった、と言われる経験をしたが、
その話を高校時代からのごく親しい人間にしたときのこと。
「そうよ、あなたは可愛い声をしているわよ」と言われ、
へぇ、ずいぶん長い年月の付き合いなのに、そんな事を思っていたんだぁ、と、
驚きながらもちょっとうれしいかもねぇ、と思っていたら、その発言には続きがあった。
「でも、声が可愛くても言うことがきついからね。」

ということは、声がイルミネーターで、私がターミネーター、ってか?

一昨日の携帯写真のその後。少しずつ葉が落ちて寂しくなっている。
081207蔦

このお宅、もう何年も住人不在のままこんな状態だが、画面右側の「ガラスの内側の蔦」は
毎年健在で、新芽から紅葉までしっかり育つ。
この家がなくなったら、落ち葉の後よりももっと寂しくなるなぁ。

セール

冷たく光る朝。きれいに晴れ。午後になって段々冷え込みが進む。

婦人服を中心に靴やアクセサリーも扱っているアパレルメーカーのセールに出かけた。
メーカー本社で年に2,3回行なわれているもの。
スーツに合わせるニットのトップスを買おう、ベルトも久しぶりに買ってみようかな、
軽いハーフコートも興味はある。でも、その他には買うものなし!、
と思いながら出かけたのだが....。

あれこれとむやみと買い込んでしまった。
予定通りのニットとベルトはしっかり見つけ、それ以外にもカジュアルニット、ジャケット、
さらには靴、なぜか花柄ひらひらスカート、それにまたまたマフラーまで。

かなり安かったし、ストレス解消としてはなかなかだったけど、でもちょっと自己嫌悪かなぁ。
安物買い、とか、無駄な買い物、という言葉がひらひらと周りを舞っているようで。

こういうセール会場、混んでいるのは当然だから文句もないが、
とてもイヤなのが、見ている商品を乱暴に扱う人。
例えばニットのワゴンを見ている時、横からひったくり、乱暴に広げ、要らないとなると
ぐしゃぐしゃっと丸めて自分の前以外に放り投げる。まるでゴミを扱うような乱暴さ。

私の母は、そういう扱い方のことを「ギャッとつかむ」という表現をしていたが、
洋服がギャァって言っていそうよね。

自分の洋服も、そんな使い方しているのぉ?と、そんな人を見る度に尋ねてみたくなる。

買ったものを持ったまま、午後はオフィスで鬱陶しい仕事をしていたら、クリーニングの受け取り
に行くのを失念してしまった。日曜は休みのクリーニング屋。しまった!
新しいものを買ったからって、持っているものは大事にしなくちゃね。

古い車庫の窓。
081206窓

秋の最後、落ち葉の日

朝から曇り。午後、急に風と雷と雨で驚く。宵のうちに雨もやむ。

オフィス近くの家を覆っている蔦。
毎年毎年、蔓から若葉が出、猛々しいまでに茂り、黄色から赤までの色変わりを見せ、
最後に落葉して蔓だけが家を覆う姿に戻る。

今朝、風もない中、色づき終わった葉が時々思い出したように静かに舞い落ち、
カサッとした音を微かに立てつつ道に重なり積もっているところに通りかかった。

午後の雨で多分大半が落葉し、明日辺りからは冬のはず。

そのまま通り過ぎてしまって季節を無視するのが残念に思えて、携帯で撮っておいた。
081215蔦の落ち葉

明日から一気に冷え込むとか。いよいよ冬。

エスカレータ

今日もきれいな晴れ。

昨日、渋谷でエスカレーターに乗っていたら、前に素敵な雰囲気のニットのコートを着た女性。
年齢は随分上と思えるが、帽子やスカーフや手袋も楽しく組み合わせている。
いいなぁ、後ろから見ていたら、バッグのストラップの金具に糸がひっかかり、釣れているのを発見。
切れたら大変、と、エスカレータを降りたところで声を掛け、驚かれながらも糸をはずしてきた。

今日、池袋でエスカレーターに乗っていたら、前から葱が降ってきた。
年齢は随分上と思える男性、ボロボロの作業服を着て、閉店間近の安売りで買い込んだと
思われる野菜などを詰め込んだデパートの紙袋を3つも持っている。
葱が落ちたのに気付かない様子だったが、ちゃんと拾ってお返しした。
拾得者利益で一割貰うのもいいなぁ、と思ったが、長葱の束ではちょっと無理か。

今朝、JR五反田駅で階段に近づいていくと、人が二つの列に分かれて進んでいる。
どんどんと進む列と、少し停滞気味な列。
当然、停滞気味な方がエスカレーターだと判断して、そちらの列を進んでいったら、
突然前の人の頭の高さがガクンと下がり、驚いた。停滞している方が階段だった。
そのあと、都営地下鉄の三田駅で乗り換えの移動をしていたら、こちらは通常通り、
停滞しているのがエスカレーターだった。

移動が多い最近、一日に10回はエスカレーターを使う機会があるが、
こんなに一度に話題を得るのも珍しい。明日は何があるかなぁ。

レンガ壁の前の赤い実。
081204赤い実

この小さい実から、更に小さな黒い種がたくさん出てくる。やっぱり不思議。

睡眠

きれいな晴れ。昼間はポカポカしすぎるほど。
朝、東上する新幹線の中に突然携帯電話のシャッターの音があちこちで鳴った。
確かに、見事なまでの富士の姿。

今朝目を覚ましたホテルの部屋は、窓の向こうが隣のビルの壁だった。
昨晩は11時頃にチェックインしてそのままだったので気付かなかったのだが、
目が覚めて一番最初の天気チェックが出来ず、ちょっと不満。

昨晩寝たのは1時半頃。エアコンはサッサと消して寝たのだが、なぜか暑苦しく、
少し寝ては目が覚めてしまう。
とうとう、朝4時半に起きだしてしばらくネットサーフィンとメールの処理。
5時半頃に少しウトウトしただけで、寝坊もせずに6時のアラームで起床。

新幹線の中、眠くないからと仕事の資料やデータを見ていたのに、
熱海を過ぎた辺りで、ふと眠くなった。
降車駅は新横浜、余り余裕がないが、寝過ごす訳もない、と、きもちよく目をつぶる。

どきっとして目を開けたら、停車しており、電光掲示板には新横浜の文字。

何も考える間もなく、ハンドバッグに手提げの書類入れ、キャスター付きの書類バッグ、
加えて、網棚からコートとおみやげの袋、ついでに飲みかけのPETボトルも引っ掴み、
周りの乗客への気遣いもないまま、走り出る。

こんなに恥ずかしく且つ心臓に良くない事は二度としたくない。

こういう明るい光の中で穏やかに過ごしたい。最近、ドキドキする事々がとても嫌いだから。
081203初冬の日差し

組み合わせ

曇りで薄ら寒い。夕方、西に向かうときれいな三日月と夕焼け。

今日は昼間も寒い、と言われたが、夜はまた新幹線で移動して宿泊。
しかも明日の行き先は、晴天の時はやけに室温が高くなる。
でも、朝出かけるときはやけに冷えている。

且つ、スーツばかり着ていた頃はインナーとの組み合わせを考えるだけで良かったのに、
最近は仕事でのドレスコードが余り求められなくなったし、
こちらも年齢を重ねて服があれこれと増えている。

電車の中吊りに、「40代からの着こなしはコーディネーション力が決め手!」みたいな
記事があったが、色合いや形での組み合わせに気温とその変動への対応、ついでに
訪問先へのイメージづくり、なんて考えていくと、鬱陶しくて面倒くさい。

行き先と天気予報、ついでに移動距離を入れると、クロゼットと引き出しのどれを着ればいいか、
教えてくれるようなサービスがあると良いのになぁ。

着るものを考える必要のないユリカモメ達。
081202橋のユリカモメ

日当たりの良い橋梁にとまってみようかどうか、なんて悩みはしてみたいけど、
寒い日はいやだなぁ。

師走

晴れ。気持ちよく、と思っていたら、夜は雨。

師走に突入。
何となく落ち着かないこの季節、と思っていたら、
夜、昨年度の経理処理の確認要求がまたやってきた。
信じられない要求も含むこの対応、最後まで無事にいきますように。

昨日の水辺シリーズの続き。
日の出桟橋近くの水面。映っている白い模様はインターコンチネンタルホテルの建物。
081201日の出桟橋近く

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。