おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花開け!

朝は本格的に寒かったけれども、一日きれいな快晴。
こんな寒い中でも、結構桜が咲き始めている。

桜じゃなくても良いから、明るく花ひらけ!
100318花

それにしても寒いよね。

久しぶりに新宿紀伊國屋裏のアドホック前で大学時代の友人と待ち合わせ。
周辺の建物やお店は随分変わったが、
夕方の街の路地から学生時代の同級生が昔のままの姿で「よっ!」と言いながら現れそうな気がする。
NEW TOPSが閉店したとは聞いていたが、目の当たりにするとちょっと淋しい。
まぁね、何年経ったか考えれば、お店が無くなっても仕方ないんだけどね。



スポンサーサイト

寒い寒い三月末

降ったりやんだりの暗い日。とにかく寒い。真冬。
それでも街のあちらこちらで少しずつ桜が開花。

これは桜ではなさそうだけど。
100329花

明日の最低気温は1度ぐらいとか。
今年は耐寒性能が求められているわね。

曇りがちの晴れ、と思っていたら午後に急に雨。にわか雨で終わる。
寒いけれども、天気の変化はもう春。

今日はちょっとうれしいことがあった。
良い春ですよね。

近所のグリーンネックレス。もう何回か撮っているけど、花が咲いているのは初めて見た。

100326グリーンネックレス花

そういえばこの間見かけたホトケノザも花が咲き始めていたし、来週はもう4月。
春だ!

ののしる

寒い雨。昼頃にやむかと思ったのに、夜までずっと寒い雨。
ビックリするぐらい真冬に戻った気温。こういうこともあるのね。

冷たい雨の中、コンクリートの手すりの表面。
100325冷たい表面

冷たい空と木の枝(梅のはず)が映っていて面白いと思ったのだけど、訳のわからない写真だったかな。


普段、自宅とオフィスではOffice2003を使っているが、
良く行く仕事先で最近PCを交換してもらったら、Office2007がインストールされてきた。
今までは、見るからにインターフェースの変化が大きいし、アップグレードをする必要が無かったのだが、
こればかりは仕方がない。

それにしても、あのインターフェースの変わり方は、冗談でなく腹立たしい。
長年思っているが、マイクロソフトと言う会社は余りに傲岸。ユーザー無視も甚だしい。

私はWordやPowerPointをかなり使い込むので、利用する機能も幅広い。
ところが2007では各機能の分類の考え方自体が大きく変わっていて、また表示も変えてきている。
なので、感覚的に機能を見つけるのがほぼ不可能になっている。

例えば、Wordの文書画面上に編集記号を表示させるかどうかは、従来は
「ツール」メニューの「オプション」の中で「表示」タブを選んで操作していた。
しかし2007ではこれはメニュー上では全く扱わず、画面左上のマイクロソフトマークから設定する。
だが、そもそもメニューとマイクロソフトマークの分類の基本的考え方がどうなっているかは、
全くわからない。そんな基本的ところから新たにマニュアルを読めという言うのだろうか?
今まで散々利用してきたユーザーを、あっさり無視しているとしか思えない。

こういった変更を知るためには「編集記号」とか「オプション」、「表示」という
キーワードを用いてヘルプを探すしかない。
でも、うっかりキーワードを思いつかない時は、探しようもない。
今まではキーワードを覚えていなくても、メニュー上から感覚で選べば大体たどり着けたのに、
どうなっているのやら。

慣れないスタッフにWordの操作を教えること30分、その間マイクロソフトをののしること数知れず。
あ~ぁ、ユーザーの生産性をどこまで下げさせれば気が済むのか、マイクロソフトめ!

私の身の回りでは、Windowsも現在はまだXP。
これ以上の何が必要なのか?と思っているが、これも今のPCが潰れたらアップせざるをえない。
その頃までに、Windows以外のOSも仕事上問題なく使えるようになっていると有り難いけれど。

以上、昼間にののしりきれなかったので、もう一度この場でののしってみました。

花柄

曇りの朝。昼間も薄日が差したりもしたけど、また曇ったり。
夜には少し雨。

先日、ふと花柄のトップスを買った。
探していたもの(スーツに使えるシンプルなインナー)とは違ったのだが、
最近、街で華やかな柄を使ったデザインが目に付いて、妙にそんな雰囲気を着てみたくなった。
フリルまで付いていたりして、ちょっと楽しい。

家でこれを眺めていたら、急にクロゼットの奧の古~い柄物シフォンのワンピースを思い出した。
甘いフワフワしたデザインで、面白い!と買って結局ほとんど着ないままの20年もの(25年かも?)。
片付けの度に悩みつつも、他には持っていないフワフワデザインなので捨てられずにいたもの。
そうだそうだ、とこれを引っ張り出してタートルセーターに重ねたら、おや、目新しい!
これにジャケットを重ねてブーツを履けば、普段の「真っ当に無難」路線とはかなり違うし、
何だか新鮮な気分で楽しく仕事に行けそう。

よし明日はオフィスワークだけだからこれで出かけるぞ!と心を決めたのだが.....
天気予報によると明日はかなり寒いらしい。

せっかく花柄で盛り上がったこの気分、寒さに負けるか、勝てるか。
明日の朝に乞うご期待。

100323新芽

寒さと言えば、ここ数年、風邪をこじらせることがなくなった。
さっさと風邪薬を飲んでしまうことがその一番の理由だと思われる。
以前は、風邪薬なんてわざわざ買ってくるものだとは思っていなかったし、
医者もひどくなってどうしようもなくなってから行くものだと思っていたので、
ボロボロになってから行く医者で薬を出されるまでは放置。生活態度も普段のまま。
そのため、風邪を一旦引くと、一週間以上はグズグズゼーゼーとしんどい思いをしていた。

でも今は、様子がおかしいと葛根湯、風邪だと思えば風邪薬。生活も極力大人しくする。
お陰でほぼ2,3日で症状が軽くなる。
「やっぱりすごいわね、薬って」と感激しているが、それまでのウン十年、一体何を考えていたのやら。

早朝、嵐の風音で目が覚める。
しばらくして寝直して目が覚めたら、きれいに晴れ。
違う日に目覚めたようでビックリ。
午後になるとまた強風。頭に何か飛んできそうな気がして(?)帽子をかぶって出かける。

花盛り。
100321花

どうも眠くてたまらない。

穏やかな晴れ。昼間はかなりの風。

葉が出始めた寒緋桜。
100320花

喉の痛みが収まったので髪を切りに行こうと思ったら、担当さんがお休みだった。
意味もなく街を歩いていたら、また喉が痛くなった。

連休初日、今一つかも。

痛み

穏やかな晴れ。

昨日、夕方から頭痛が出てきて、痛み止めも余り効かない。
痛いなぁ、と思いながら寝てしまったが(それでも寝られる程度だから大したことはない)、
早朝に目が覚めてもまだ痛い。
仕方ないので最大量を飲んで寝直したら、一時間半ほどでスッキリと目が覚めた。

よかったよかった!とシャワーを浴びて出てきたら、何だか今度は喉がいがらっぽい。

おかしいなぁ、と思っていたら、午後から本格的に。
頭痛は痛み止めで多少コントロールできるが、喉の痛みはねぇ。
あ~あ、明日からの連休、少しあちこち出歩こうかと思っているのに。

うがいをしっかり繰り返し、風邪薬を呑んでいるが....なおれ!

今日の午後に行った秋葉原のビルの中で。
100318アキバ

吹き抜けの上層階から、下の打合せスペースを見下ろしたところ。
昔のやっちゃ場だった場所も、いつの間にかこんな"ビジネス"の似合う場所に。

夕方、すぐ傍のヨドバシカメラで時間潰しに携帯を見ていたら、
機能は単純でコンパクトなもの、というとほとんど無いのを発見。
しかもどれもこれも6万円近くする!
「PCが買えちゃうわねぇ」と思わずお店のお兄さんに言ったら、
「あ、本当ですねぇ。そう思うと高いですよねぇ」と同意されてしまった。

今日の午後に聞いていた話の一つは、
「"技術や製品"の強みだけでものが売れる時代は終わった。
 製品にサービスまでを組み合わせたビジネスモデルが、
 その製品の価値として評価されているのが現在である」
との内容。

PCと携帯の価値を比較、どんなものかなぁ。

それにしても喉が痛い。寝るのも面倒。ぐずってるかしらね。





新幹線

晴れているけどかなり冷たかった一日。

久しぶりに新幹線。一月ぶり。今年に入ってまだ三回しか乗っていないなんてびっくり。
まぁまぁのところで予定も終了。

近所の水仙。
100317春

何だかちょっと疲れたかも。今日一日、大したことをしていないのにな。

何となく

曇りで暖かいという天気予報だったが、晴れて暖かかった。
ポカポカを通り越すほど。

でも明日はまた快晴の冬の気候らしい。

近所の開花。これは...何の花かなぁと毎年思っているが。

100316春の花

一昨年は更に奧にある桜と三本が濃淡順に見事に同時に咲いていたのだが、
今年はタイミングがずれたみたい。

春が来た

朝から晴れ。日差しは完全に春。但し空気はまだ冷たいので要注意。

これからは芽吹きと花の春。
こういう水たまりの風景にはしばらく会えないわね。

100312水たまり

上野公園の前を夕方に通ったら、入口の桜は既に咲き始めていた。
さぁ春。エネルギーをいっぱい貰って、がんばりましょう!

と言っておいて、ちょっと下らなく腹の立つ(且つ日本の将来が少~し心配?な)話。

既に今年度の仕事を終え、入金もいただいている仕事先の事務担当から電話が入った。
この業務、国の機関からの発注を仕事先(これも国関係)が受けて、さらにうちに依頼してきたもの。

電話の内容は、
「発注元のルールに合わない計算で報酬を計算してしまった。払いすぎたので返して欲しい。」
との話。

さて、この話、どう受けるべきか。

うちは下請けではない。つまり入札をして取ったような請負仕事ではなく、
専門家として、向こうから依頼してきている業務。
且つ、契約書こそ交わしていないが、仕事を始める際に総額の見積は既に貰っている。
発注元の計算ルールがどうであれ、うちに額面を提示して仕事を頼んできたのは、この仕事先。
そして、計算を間違ったのもこの仕事先。
しかも、既に一回、同じような計算ミスで額面を減額してきている。

と考えると、なぜ(払い戻しに行く手間を含めて)うちが負担すべきか、の理屈がまったくない。
一回目は「あほらし」と思いつつ受け入れてあげたが(実は額面はこの時の方が何倍か大きい)、
それを良いことに、図に乗ってまたやる気か?
あなた、自分の間違えた責任をうちのお金で処理しようとしてるってわかってない?
もしかして、自分で責任を取ろうなんて気が全然ないのかな?

しかも、この額面、新幹線で京都往復すらできない程度の額。
計算間違いをした担当者がもし自腹を切ったとしても、それで明日から路頭に迷うことは120%無い。

そりゃ、単に振込額を間違えちゃった、というなら素直にお返しいたしますけどね。

......

世の中には「みっともない」という言葉があるのを、この人達は知らないらしい。
人として、組織として、みっともない。
同じ社会人として、なさけない。
恥知らず、とも言ってあげたい。

あぁ、役人根性。やってらんないね。

三月、雪の翌日

明け方まで降っていた霙雨も朝には上がり、昼からは日差し。

葉も芽も枝も、みんな生き生きしていて、三月の雪の翌日は楽しい。

100310雪の翌日1

100310雪の翌日2

100310雪の翌日4

散りかけた梅が濡れそぼっているのも、「3月だ!」と喜んでいるみたいだったりして。
100310雪の翌日

雪道

寒い寒い日。
朝よりも昼間の方が寒く、夜になったらかなり雪に近い霙。

今日は、昼間は雪かもしれないが夕方は雨、との予報だったので、
ヒールのあるアンクルブーツをはいていた。
帰り道、オフィスの近くの歩道の上でも既に滑る。
自宅の近くは都心よりも雪が深いのは確か。

あぁオフィスから輪ゴムでも持ってくれば良かったなぁ、と思ったが後の祭り。
オフィス近くの駅前にあるドラッグで「輪ゴム売ってる?」と聞いたが、売っていない。
何か他にないかなぁ....と思ったら、排水口用の水切り袋を発見。
ストッキングのような不織布のような素材で、片端にゴムが付いている。
そろそろ家のストックも切れかけているし、これにしよう!と購入。

さて、家の近くの駅で降りてみると、やはりかなりの積雪。
この袋、足にはめてみると、ちょうどアンクルブーツの上に履く形になる。
ルンルンと歩き始めてみると....滑らない!

偉い偉い、私ってなんて賢いんだ!と自画自賛をしながら帰宅。

でも、欠点が一つあった。
ネットの中に雪が入ってきて、靴の下でそれが固まる。
そのために、段々と足の下に雪玉を吊した袋をぶら下げて歩いているような形になる。
それを放っておくと、突然袋がはずれて、靴が滑る。

仕方なく途中の軒先でまた新しいのに取替。
袋の一つは雪の中のどこかに脱ぎ捨ててきてしまった。
ごめんなさい、明日の朝、落ちてたら拾います。

一月ほど前と同じような写真。
100309雪の夜1

歩いている人の足跡は春の雪ならではです。


こちらは裏のベランダから。
100309雪の夜2

寒さも今日までとか。寒いのも悪くないけどなぁ。

情報

またも薄暗い一日。どうも気分が冴えない。

「今やコンピュータの能力も上がり、リアルタイムで得られる情報量も莫大だし、
 それを活用しようという動きも激しい」
という主旨の記事の中に面白いことを見つけてしまった。

予約したフライトにちゃんと搭乗する可能性が最も高い人は、
機内食にベジタリアンフードを予約した人なんですって。

それに、Walmartは「どの商品が今どの店のどの棚に幾つ残っているか」がリアルタイムで
わかるようなシステムを持っていて、それをその商品のサプライヤーも見られるように
してあって、その商品が売れた瞬間に仕入れが立つ、という仕組みも一部使っているらしい。
つまり、Walmartはサプライヤーに棚を使わせているだけで、仕入れたものが売れ残るリスクを
持たずに済むビジネスモデルになっている。

へぇぇ~、まぁデータをうまく使うと面白いことがわかるのねぇ、と
思って呼んでいたら、次の表現が出てきて大笑いした。

“Torture the data long enough and they will confess to anything”

データといじり回し続ければ、どんなことでも表現できるようになる、という感じかな?

情報を使って仕事をしている身として、わかるような、ちょっと言いすぎのような。
でも私もよく言うのよね。
「絶対嘘はつかない事は大原則。でもうまく表現すれば相手の受け取り方は変わる」って。

情報をいたぶり過ぎないように気をつけようっと。


今年の東京の冬は、どうも暗い日が多い。
100308暗い日

ずっと暗い日が続く北国では、みんな、どうやって気分転換をしているのかしらね。

質感と対価

降るような降らないような、寒いようなさほどでもないような。

昨日、友人の家を訪ねた。
もともと自分で棚やちょっとした椅子を作ってしまったりしていた彼女は、なんと指物の塾に通い、
最近無事修了したという。
抽斗や色々と作った(作っている)というので、それを見せてもらいに。

いやぁ、すごいもんだった。
幅が一間近くあるような机は、勿論天板は一枚板。施主の希望でウォールナッツを使ったとのことで、
重量感のある質感が良い。
まだ作成途中なので磨きも十分ではないが、あれで磨いて仕上げたら、気持ちいいだろうなぁ。

でも、如何に手間がかかるのかを目の当たりにすると、良い家具を手に入れる難しさを実感。
彼女の場合は趣味でやっているので、材料費に多少の手間がのれば良いんだ、と言っていたが、
真面目に実働で手間賃を乗せたら、やっぱりなまじじゃない価格帯になる。

良い質感を身近に置きたいとは思うけど、私は見る楽しみで我慢しなくっちゃ。

こういう質感の組み合わせも面白いかな。身近には欲しくないけど。
100306質感


今日、午後からのフォーラムに出かけるついでに、やはり参加する仕事先の担当者とランチと打合せを
することにしていた。
駅で待ち合わせをしたのだが、よくわからない街だし、と結局会場となっているホールのレストランに。

気楽に入っていったら、真っ白なテーブルクロスにカトラリーとグラスがきらきらしているような
立派なレストランだった。
一瞬引いたけど、まぁランチなら怖くないか、とテーブルへ。

おいしかったし、隣のテーブルも遠いしゆっくりしても怒られないから打合せには良かったけど、
やっぱりやや無意味に豪華ランチだった。

やっぱり良いものにはそれなりの対価が求められるのね。

断れないわけではないのだけど

毎日ドンドンと天気が変わるのでよくわからない。
昨日は春らしい日差しが出ていたような気がするけど、今日は曇っていてさっきから雨。
それで明日は最高気温が21度だって。
あぁよくわからない。

食品業界の展示会に行った。
全国のいろいろな県からの出展があったり、調味料ばかりの一角があったり、酒造メーカーが並んでいたり。
仕事もあって、あれこれと見て回ったり「これはどういうチャネルで売っているの?」と尋ねたりしていたのだが....

帰り道の私のおなかに収まっていたもの。
日本酒ベースの梅酒。絞りたての日本酒。アゴのだし汁。大豆のピューレ。蟹飯。
4種類ぐらいのオリーブオイル付きパン。金柑マーマレード。チーズ3種類ぐらい。
鰺の餃子。お米とトマトを餡にしたどら焼き。落花生を餡にしたおまんじゅう。

帰り道の私のバッグに収まっていたもの。
オリーブオイル一瓶。果物の砂糖漬け2袋。青じそを一束。ラスク一袋。
ハーブの自然石鹸一つ。個装のキャンディやチョコがいろいろ。

決して、試食がしたい!と思っていたわけでもないし、サンプルが欲しいなぁと思っていたわけでもない。
でも、どんなものかを見に近寄った時に試食を勧められると、どんなものかに好奇心もあるし、
なによりも出展者としての「勧めたものを断られる寂しさ」を思うと、つい....。

礼儀として、試食をしたら必ず感想を言うし、サンプルも「どんなメーカーが作っているのかな、どこで売っているのかな」を後から確認してはいるけど。それにしてもなんだかね。
ん、それとも「おなかをすかせてそうなやつ」とか「貧乏そうなおんな」とでも思われたか!?

何でも良いけど、オリーブオイル一瓶はちょっとうれしい。
家のオリーブオイルが空になったから買わなくっちゃ、と思っていたところ。ラッキー!
実はこれは全く仕事と関係なく「世界で二番目においしいオリーブオイル」と声を掛けてきたので
面白くて話を聞いたもの。
ギリシャのオリーブオイルで買ったことがないブランドだけど、サッパリしていてマイルド。
知らないブランドを買うのって躊躇うけど、これで一つ無難なものがわかったのもうれしいし。

木の上の猫。
100304猫

私は子供の頃はかなりの人見知りで、いつも物陰からこういう風に覗いていたらしい。
展示ブースの前でこんな風にジッと見ていたのかしら。あらやだわ。

ぼさぼさ

暖かくなると言っていたのに、暗く曇って薄ら寒い一日。
でも、昼間ちょっと晴れた時には、街に沈丁花の香りが漂う。
なのにまた夜になって雨。

髪の毛が伸びてしまい、どうやってもボサボサでまとまらない。
でも、寒いしなぁ、と何となく切りそびれている。

ご近所のボサボサ仲間。
100301ボサボサ

明日はまた一気に冬の気候らしい。
天気の変化が忙しくて疲れるわね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。