おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

におい

春の日曜日。さほど気温は高くないけど、日差しも空も春。

素材がよくわからない布がある。
雰囲気が気に入って、布地屋さんの安売りコーナーで買ったもの。
手触りからすると、綿にポリエステルか何かの合成繊維が混じっている感じ。

この布にアイロンを掛けると、奇妙に覚えのあるにおいがする。
綿ではないしウールでもない。何か、「ちょっと変わったもの」としての記憶。
でも確かな、且つ一回二回ではなく、さらにアイロンを掛けた時の記憶をほぼ確実に持っている。
だから、自分の服のどれかだと思われる。

以来この数日、折に触れてはこれを思い出そうとするのだけど、思い出せない。
思いつく服に端からアイロンを(イメージの中で)掛けてみるのだが、どれも記憶と一致しない。
思いあまってカーテンや手提げバッグまでイメージしてみたけど、これもアウト。

あぁ気になる。


その布を使ったブラウス。裾の霜降りっぽい生地がそれ。

110227布
(PCによっては写真にモワレがでると思います。その時はクリックで拡大してみてください。)

このブラウス、素敵なものを沢山つくっていらっしゃるSさんに以前にいただいた手作りの編み物ブローチを
すると、それなりに真っ当な服に見えるようになる(気がする)。
すごくうれしくて、余り布で取り急ぎのスカート(四角く縫ってウェストにゴム!)も作ってしまい、
昨日、知り合いの歓送会に。
まぁ気の置けないおじさん?ばかりの集まりだったから、私が全身ユニクロで出かけても誰も不審に
思わなかったかもしれないけど、本人の満足度は抜群。
ブラウスができ上がった事もだけど、ブローチが似合った事がすごくうれしい。

でも、ハンガーで写真を撮ろうとすると、ブローチの重みでうまくいかない。
仕方ないのでここではネックレスチェーンで代用。
ブローチの写真はまた単独で撮って今度アップしてみようっと。
(なお、Sさんの素敵な編み物のお店はこちら。)

スポンサーサイト

春近し

春らしくすこしぼやけた天気がつづく。今日の雲一つ無い青空も、冬空とはほど遠く。

月曜日の打合せで、久しく会っていなかった人に出会った。
「お久しぶりです!」と言いながら、どれぐらい会っていないか考えたが思い出せない。
2年よりは長い気がするけど....。
と、「そういえば、以前に×××のところであじさいの写真を撮っているのを見かけた」と言われた。
確かに、仕事帰りにそこであじさいを撮った覚えがある。
そう言えばあの写真はブログにも使ったはず、と調べてみたら、既に4年近く前の話だった。

光陰矢のごとし!

と、気がついてみたら、このブログも既に5年目に突入している。
始める時は、ある日突然思い立って、深くも考えずに「ま、とりあえず」と始めた覚えがある。
気楽に始めたから気楽に辞めても良いし.....と言いつつ、今のところ辞めるつもりもなし。
あるがまま、その時のままに、適宜続けていけばいいものね。


この出入り口、ここを使わないと怒られるのかな。

110223春らしく

へそ曲がりの傾向のある私、隣の戸を開けたくなるんですけど。

大問題になる!

一日中、曇り。降るかと思ったけれども結局降らず。

ブックオフの宅本便サービス買取(つまりは家に引き取りに来てくれる)を初めて使ってみたら、
佐川急便が引き取りに来た。
その引き取り伝票が面白かった。

110220伝票


三回も繰り返す「厳守」、そして何よりも「貼らないと大問題になる!」との表現、
迫力というか何というか。

なお、この伝票上での「依頼主」は私。この欄の直上に"ご依頼主"の欄に私の名前が書かれている。
でも【お客様の前】にあるお客様も、私のことのように思われる。
この注意書きで一番注意を喚起したい相手は配達員さんと読み取れるけれども、
「とにもかくにも、誰かがこれを読んでトラブル防止を!」との思いが先走っているような表現。
苦労しているのねぇ、と思ってしまう。

ついでにこの伝票、「荷送人(集荷先)」、つまり私の住所と名前が書いてあるところに、
さらに下記の注意書きが入っている。

★不在時必ず電話! 不在票も投函!★

これは明らかに配達員さんへの注意書き。
ウン、確かにこの業者の場合はこの注意書きは必須かもね。

それにしてもこれらの注意書き、佐川急便とブックオフの間でいろいろトラブった挙げ句なんだろうなぁ、
と憶測される。
ホンにどちらさまもお疲れ様です。

ところでですね、今日の佐川急便の配達員さん、送り状を私の前で取り出しはしたけれど、貼っては
いきませんでした。
まぁ注意書きってのは、こんなものか。

すんなり開くドア、10円、そしてエアコン

ちょっと晴れていたけど、また曇り。
昨日も朝は雨なのに、昼間は薄日、夜は月が皎々と照っていたり、いよいよ春の不安定な天気かな。

家のドアが開きにくくなっていた。
出掛ける時は中から体当たり、帰ってきたら体重を掛けて引っ張る日々がもう何年も続いていた。
原因は、ドアフレームの下地になっていた鉄枠がさびて膨れたため。
今までに何回かその場対応(=ステンレスのドアフレームを叩いてへっこませる)で誤魔化していたが、
マンション全体にこの症状が出て来たので、全戸でドアフレーム(の靴摺り部分)の交換工事を先週末に
行なった。

何の抵抗もなく開閉できるドアって、危険です。
家を出ようとしてドアに体当たりしては転がり出る毎日。帰宅時も似たようなもの。
頭ではわかっているつもりなのに...ね。

木曜日、新幹線ホームの自販機でお茶のPETボトルを購入。
130円のものを買ったのに、150円を入れて出て来たお釣りは10円。
どうしようかなぁ、と思ったけど、列車到着まで時間があったし、こう言う時の対応ってどういうのかな?
との好奇心もあって、電話代の方が10円を上回るのは承知の上で「お問い合わせ番号」に携帯を掛けてみた。

電話に出た若いお兄さんに状況を言ったら、即座に「お客様のご住所に返金致します!」との返事。
もっと色々確認されるかと思ったのに、随分とあっさりしているのねぇ、と思って気がついた。
そうか、まず10円足りないとの嘘をついて電話までしてくるバカはまずいないだろうし、
例え私が嘘をついていたとしても、10円でゴタゴタするよりもさっさと返金した方が安上がりだものね。
そう言う意味では、業者からみても、10円の事故をわざわざ電話してきたとしか思えない奇特な人間(私)の
ことは、丁寧に対応しておいてまず絶対損は無い!と判断できる訳だし。

となると、お釣りが500円足りない!と言った時にどんな対応をするか、興味有り。
でもそんな状況に出会う事なんて、多分ないだろうけどね。

昨日、リビングでエアコンを入れた上にかなり厚着をしているのに、寒気がする。
おかしいなぁ、と思い、ソファの傍にヒーターまで追加してみたのだけど、それにしてもスースーと寒い。
読んでいた本に気を取られていたのだけど、気がついてみると膝掛けやセーターが身体の周りにたくさん。
こりゃ風邪か!?と思いながらトイレに行ったら、また妙に暖かくてホッとする。

トイレにも一応小さいヒーターが入っているが、リビングより暖かいのは変。つまり風邪ではなさそう。

あ!とリビングに戻って確認したら...エアコンが冷房になっていた。
そりゃ寒いわ。

ここのところ何かに集中するのが難しく、毎日がこの日記のようにバラバラの事々が並んでいるような感触。
何だか落ち着かないなぁ。

110219もうすぐ春

もうしばらくすると春の芽吹きが一斉に始まるのよね。
うれしいような、まだ寒くて良いような。

些細なこと

朝からきれいな快晴。
春!とうれしく思いつつ、まだ服は冬物。

新幹線を降りようとしている人の列に並んでいたら、前に立っている若いサラリーマンが
結構品質の良さそうなウールの紺色のコートを着ていた。
ふーん、いいなぁこの生地、と思ってみていたら、袖口に並んだボタンの一つだけ、赤い糸で縫いつけてあった。
糸がなかったのね、と思うと可愛らしい気がするけど、ちょっと惜しい!という気もするなぁ。

ホテルで開催されているイベントで洗面所にいったら、隣りに「今日はきっちりとスーツを着てきました!」
といった様子の、非常に真面目そうな雰囲気の女性が並んだ。
ふーん、一糸乱れぬヘアスタイルまで手を掛けていてエライなぁ、と何となく思いながらいたのだけど、
突然、頭の上にハンカチをポンと載せて手を洗い始めた。
えぇ~っ! そんなことしちゃうのぉォ? いや、ビックリ。

でも、その後にまたこの女性を見かけたら、やっぱり一糸乱れぬヘアスタイル。これはこれで尊敬できるし。

夜遅い東京駅のコンコースで、向こうから歩いてくる若い男性の茶髪が、爆発したように放射状に立っている。
でも、この髪の毛、どことなくフワフワと動いている様子がする。
???と近づくのを見つめていたら、実は、毛足が10㎝ぐらいの毛皮(それとも羽毛?)の丸い帽子を
スポッとかぶっていると判明。へぇ~、こんな帽子があるんだ。
朝の通勤時間に、コンコースを歩く全員がこの帽子をかぶってフワフワとした波を作っている様子を思ったら、
妙にうれしくなったけど....まずはこの帽子を流行らせなくてはダメか。

以上、些細なことだけまとめてみました。こういうのばかり書いても日記になるかしらね。

雪、100円ショップ、そしてひな祭り

曇り。朝にも少し細かい雪が舞ったが、夕方から霙、そして今やすっかり雪。

夜7時頃、仕事先のオフィスを出てきた。
出てみるとかなりの牡丹雪が混ざった霙。
でもオフィスには置き傘が無いし、周囲は既に全員帰宅していたので、諦めてそのまま歩き始めた。
運良く週末にも使っていたトートバッグにニット帽が入っていたので、何とかなると思ったのだが....
駅までの10分余り。途中にあったはずのコンビニは建物の建て替えで閉店しており、
目の前を通ったタクシーの空車をうっかり見逃してしまうし、そんなことをしながら歩いている間に
水分をかなり含んだ牡丹雪が身体中にドンドンとくっついて溶けていく。
足元は一応雨の日用のパンプスだけど、足の甲に雪が付いてあっと言う間に凍える。

駅ビルに着いたときは、見かけた人が思わず身をひくほど上から下までびしょびしょ。
手袋もコートもバッグもトートも見事にずぶ濡れ。
これまた運良く、コートがダウンのようなハーフコートだったので、身体が濡れなかったのは何とも
ラッキーだったし、帽子もウールだったので頭が濡れずに済んだのは大ラッキーだったのだけど。

とりあえずハンカチでコートの表面を拭ってから、駅ビルの100円ショップへ直行して、
200円傘を購入。
少し落ち着いたところで、ビル内のベンチに座って、仕事の電話。
30分たっぷりと話をしている間にコートの表面も少し乾いたけど、でも何となく寒そう。
またも100円ショップに戻って、膝掛けを購入。
自宅の駅に降りると、もう路上にもしっかり雪が積もり、完全な雪が降りしきっていた。
そんな中、200円傘を差し、100円の膝掛けを小さいマントのようにして肩に掛けて、おそるおそる歩いて帰宅。

マンションに着いたときは、傘を差していたにもかかわらずこの膝掛けまで白くなるほど全身に雪がくっつき、
ハンドバッグもトートバッグも見事に雪が積もって真っ白。でも膝掛けのお陰で寒さだけは感ぜず。

いやぁ、100円ショップ、えらい!

ところで、この100円ショップを出て、食品スーパーを通り抜けて駅に向かっているときのこと。
まだチョコレートを積み上げている売場もある中で、スーパーの一番目立ちそうな場所では店員が
ひな祭りの飾り付けをさっさと始めていた。

そう、次はひな祭りなんですね。

家から撮った雪景色。一応道幅が数mの道路なんだけど。
110214雪

明日はスーツで出かけたいんだけど、朝の足元、大丈夫かなぁ.....

買い物

一昨日の夜から雪の舞う天気。やっぱり寒いわね。

姉が転職するという。今まではパートの形で働いていたのだが、薄給なのに超多忙。
裏方仕事で人間関係ばかり大変で愚痴ばかりだったのだが、今度は正社員で責任もはっきりした形で働けるという。
でも、どう見ていてもまともな服を持っていない。
ここ数年、体調の変化で太ったこともあって、たまにあっても、何ともひどい恰好をしている。
こりゃまずいでしょ、と丁度ハガキが届いていたアパレルメーカーのセールに誘った。

面白かったぁ。
何しろ今がゼロに等しい状態なので、「あ、いいかも」というのを端から試していける。
本人が一つを見て悩んでいる間に、私が両手一杯に抱えて来て試着。
何しろ長年オフィスワークをしていないし、元々余りファッションに関心がないので、
本人は選択基準を余り持っていない。私が着せ替え人形をしているようなもの。
あれこれと試して、結局ジャケット2着、インナーのニット2枚、ニットのベスト1枚、ワンピース1枚、スカート1枚、カットソー1枚で決定。
本当はワンピースに合わせるベルトが欲しかったのだけど、これは見つからず。

サイズ選びが難しいし、今回はとにかくジャケットのしっかりしたものだけでも見つけられれば、と
思っていたのだが、予想外の収穫。これで春先までは余り着るものに悩まずに出勤できそう。
一安心。

でも、一点、良くない話もあり。
今回は付き添いでいった私なのに、姉の「可愛い、可愛い!絶対かわいい!誂えたみたい!!」との連呼につい釣られて、予定外の服を購入してしまった。
彼女のセンスが不安だからこそ買い物に付き合ったのに、その薦めで服を買う私って......あ~ぁ。

二階建て

曇りと少し晴れ。

天気予報が寒い寒いというし、仙台の最高気温の予報が6度だとのことなので、
ウールのパンツとキルティングの裏付きのレザージャケットにコートを羽織って出かけたら、
空気の湿度もあるし、笑えるほど暖かかった。
あぁもう春だわ。

仙台に行くのに乗ったのが二階建ての新幹線。
一階に乗ったら、座った目の位置がプラットフォームの高さ。
奇妙!

東海道新幹線に乗り慣れた目で見ると、東北新幹線沿線の広さ(=人家の少なさ)を感じる。
あぁもっと色々なところを訪ねてみたいなぁ、と久しぶりに思う。

仕事が終わってから、ずんだ餅でお茶、加えて土産物をあれこれ購入。
ここのところ、土地を見ないままに地元の食べ物を食べたりおみやげを買ったり、ばかりだけど、
まぁこれも悪くはないか。


さむ!

曇りがちの晴れ。

朝の内は暖かくて、大丈夫かなぁ、とやや薄着で出かけたら、
午後になって一気に冷えてきた。
しかも午後は吹きっさらしの道を歩く場所を訪問。
打合せが終わって出てきたときは平気だったのに、歩きながら電話をし、途中で風除けをしながら電話をし、
さらに駅についても電話で話していたら、あっと言う間に身体が冷えた。

今日は、帰り道に渋谷に寄る用事があったのだけど、ふと気付いたら布地屋さんのそば。
そうか!と思いついて、お店に飛び込んで面白そうな布を3mほど購入。
特に縫う予定もないけれど、「何にしたら良いかな!」とワクワクするような布を見つけたので、
ちょっと儲けた気分。まぁ一般的にいえば特に目立ってどうというものでもないけれどね。

で、これをどうするかというと、駅から自宅までの道で、追加のストールとして肩に巻いて帰った訳。
お陰で、かなりの風が吹いて冷え込んできていたけど、寒い思いをせずに帰宅。
へへ、布を買う言い訳としてはなかなかなものでした。

明日は午後に仙台。夜には帰ってくるし、ドサ回りの日々ももうそろそろ終了。
おみやげにおいしいものでも買ってこようかな。

暗い夕暮れの畑。

110207畑

こういう地味な写真、相変わらず好きです。

睡眠

曇り。夕方、少し雨。
湿度と温度が少し上がってきただけなのに、春の気配。

昨晩は久しぶりに12時就寝。6時に目が覚めて朝食を食べたのに、7時にまた就寝。11時に改めて起床。
どちらの睡眠も、夢は見たものの、いずれもぐっすり気持ちよく寝た。
6時間と4時間で合わせて10時間。ここのところの平均睡眠時間からいうと3日分。
あぁスッキリした!

家の中は混沌としたままだけど、気分は何となくクッキリ。
ちょうどこんな気分かな。

110206ゴタゴタ

変な地震が来たりしませんように。

広島

雲が何かと出ていたし、何となくもやっていたけど、一応晴れ。

昨日は予定通りに進行。
夕方になったらヨレヨレになってきたけど、自宅で暖かい夕食を食べて幸せ。

今日も予定通り朝に出かけて広島へ。
機内ではひたすら打合せ。ここでまず一段階整理がついて、幸せ気分で到着。
バスで広島駅に出てからタクシーで訪問先へ。
まずはお昼ごはんを、と言って、「広島つけ麺」というものを食べにいった。
茹で野菜が沢山乗ったつけ麺をごま油のたっぷり入った辛めのたれで食べる。
つけ麺は初めてだったけど、おいしかった。

午後、打合せ。話をしている中で新たな展開が数々見えてきて、期待していた以上のさらなるうれしさ。
頑張るゾォ。

飛行機までおみやげを買ったりお茶を飲んだりバスに乗ったりお好み焼きを食べたりして過ごす。
うまく仕事が進んできている幸福感にニコニコしながらおしゃべり三昧。

あぁ今日は気持ちよく寝られる!
おやすみなさい。


多彩な日々

ポカポカした日が続き、昼間は頭のてっぺんから芽が出そう。

昨日の朝、3日分の着替えや資料を引きずりながら電車を二本乗り継いで、みなとみらいへ。
イベント対応でたくさんの人と話をする。
午後、みなとみらい線と地下鉄で新横浜に出て新幹線で名古屋へ。
一時間余りの間にランチをして、ついでに仕事。
名古屋では地下鉄を乗り継いで初めての方との面談。
終了後はまた地下鉄を乗り継いで、ホテルへ。
ホテルのティールームで1時間半打合せをして、夕食のアポへ。
地元の酒造メーカーがやっているお店で、同行している仕事先の女性と名古屋在住の知り合いの女性とで
大いに盛り上がって会食。

さすがにお酒が入って眠かったので、早朝に起き出して今日の資料を作成。ホテルで出力。

朝はホテルからタクシーで駅へ。名古屋在住の仕事仲間と待ち合わせ。
特急一本で到着のはずが、なんとすっかり乗り間違えてしまい、途中で引き返してきて2回も乗換え、
会議に30分遅刻してやっと到着。重い荷物をもっての連続乗換、なかなか良いエクササイズ。
でもこの特急がパノラマ車(!)だったりして、すっかり観光気分。

会議の後、フレンチのランチコース。
駅に出てまた在来線で30分の移動。駅からタクシーでイベント会場へ。

この段階で、余りの暖かさと荷物を引き摺るのに飽きたのとで、真冬用のスーツジャケットと不要になった資料ファイル一式とを家に送り返し、ニットセーターの上に薄手のカーディガンを重ねて軽やかに。

一時間ほどイベント会場を見学した後、迎えに着て貰った車で夕方のアポに。
それから3時間、8人ほどのプレゼンテーションを聞きながらの討議を重ねる。
また送ってもらって今日のホテルへ。

.......

はぁ~、さすがに多彩な日々。
余りに場面が次々に変わるので、もう何をしているかわからなくなって身体と頭がオートパイロット状態。
でも、朝の会議も夕方の討議も結構まともな出来。うぅむ、普段からオートパイロットにしておくべきか。

おっと、今気付いてみたら、送ってもらった車に、昼間のイベントでもらった資料と抽選で当たった(!)お餅(!!)を置いてきてしまった。ま、荷物が軽くなるからこれでいいけど。

明日は朝に新幹線で移動して、またみなとみらいへ。
駅で待ち合わせをして打合せをしてから、またイベント会場の対応。
夕方、会場撤収までした上で、帰宅。
土曜は飛行機で広島に日帰り出張。

今週のスケジュールの多彩さ(言い方を変えれば、スケジュールのバカさ加減)はちょっと類を見ない。
一生この記録は破れないかなぁ、と思いつつ。


今日、訊ねられた。
「写真、撮ってる?」
撮ってない。ここのところ縫い物もしていないし。
あぁ、来週以後の静かな(予定の)日々が待ち遠しい!


以上、「忙しい忙しい」という嫌らしさはわかっているけど、でも記録はしておきたいのでご容赦の程。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。