おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぁこわかった

日傘がないと歩きたくない日差しになってますね。
まぁ今日で5月もおしまい。仕方ないか。

あじさいが咲き始めているのを見ると憂鬱になる季節です。

今日出掛けたイベントの中で、大学数校から博士課程の学生が出てきて10分ぐらいずつ話をする場面があった。
国立トップ校、国立中堅、関西の公立大学、私学、などが顔を揃え、一般の産業人向けに自分たちの活動を
紹介するもの。
専門分野の話ではない。

この発表で一番評価が低かった(私の勝手な評価で、だけど)のが、国立トップ校。
やった内容はなかなか良いのだけど、
「結果がすごいと評価された」「やってみたら自分にも結構できるとわかった」
との発言ばかり。

これじゃぁ逆に本人の評価が下がるよねぁ、と思って、半分は救うつもりで、半分はやや意地悪で、
「その活動を始める時の目標はどんなもので、やった結果その目標はどの程度満たされたかを教えて下さい」
と質問をしてみた。

意地悪をしたみたいになってしまいました。ごめんなさい。

次に、これらの大学からの先生達が壇上に並ぶパネルディスカッションがあった。
ここでも、誰も手を挙げない質疑のタイミングに、「シンプルな質問で場を動かしてみようかな」と
思って、単純な質問を全員に投げかけた。

上記の学生さんと同じ大学の先生に「その質問内容は、もう何年も前に皆わかっている!」と切って捨てられてしまい、その発言の余りの迫力にびびりそうになった。
でも、他の大学からは答えてもらっているんですけと、だめ?
学生さんをいじめた、と思われていたのかもしれない。

あちらもこちらもみなさまごめんなさい!

ここのところ、しなければならないことばかりが重なって、ちょっと疲れている。
こういう時って、質問もうまく行かないのかもね。

はい、おつかれさん!
スポンサーサイト

ランチの街

暑い昼間、さわやかな夜、という毎日。
大規模修繕で窓がふさがれていたりするけれど、まだ何とか暮らせる。
後一月ほどの修繕工事、暑くなる前に終わって欲しいものです。

税理士さんの事務所は、オフィスから駅をはさんで反対側。徒歩20分。

先日、オフィスに戻ろうとして気づいた。
ランチを売っている店がたくさんある。

ちょうどお昼前だったので、最初に目に付いたところで買ってみた。
焼きそば500円。スープがついているのねぇ~と思っていたら、缶飲料まで選べるとわかった。

わーい!と歩いていたら、駅近くに次々とお店があることを発見。
「お弁当 すべて350円! 毎日20種以上!」とか
「500円均一! 30種から選べます!」とか、
ミニ丼が300円、普通サイズが500円で、どちらもスープ付きとか。

駅を挟んでうちのオフィスと反対側にあたる一帯は、選び放題!状態になっている。
しかも、うちのオフィスの側に出てきた和菓子屋さんの跡地にも、刺身丼一律500円のお店ができていた。

あまりお弁当は買わないのだけど、これだけいろいろあると「今度また試しに買ってみよう!」という気になるなぁ。

私の買った焼きそばは、結構まともにおいしかった。
量が多すぎるのが玉に瑕だったけどね。

伊勢で見かけた、ジャンボ牡蠣とジャンボ浅蜊。

120528貝


牡蠣が大きすぎて、浅蜊の大きさがわからないよね。
まず牡蠣は手の平から指先までよりもかなり大きい。
手前に転がっているサザエは、結構大きめのサザエ。
しかもこれ、浅蜊なんですよ浅蜊。ハマグリじゃないのよね。

食べなかったけど、何だかこわいような大きさです。


オクトーバーフェスト

昨日はとっても良い天気。
今日も晴れていたけど、ちょっとぼや~。

昨日、天気の良さにつられて、昔の職場の同僚と二人で日比谷公園のオクトーバフェストに行ってみた。
余りに混んでいて、ビールをジョッキ一杯買うのがやっと。
グラスのデポジット1,000円、中身1,300円。
植え込みの柵に座り込んでビールだけを煽り、30分ほどしてジョッキを返してリタイア。

このオクトーバフェスト、5年?6年?前に日比谷公園で楽しんだ覚えがあるが、その時よりも遙かに混んでいた。しかも、今年は首都圏の数カ所で順次行っているらしい。
そう思うと、なんだかつまんない。
天気が良い昼間、人が少ない時に行ければラッキーだけど、まぁその程度の選択肢だわね。


昨日、仕事で、60数名宛てにメールを出した。
資料を送り、その中身をそれぞれに確認してもらい、コメントや修正点を指摘してもらうためのもの。

出した直後から返事が続々と入りはじめた。
単に受け取って礼を言えばいいものは全体の1/5。
コメントに対して多少の調整や説明を必要とするものが残りの半分。
残りは、反論したり説得したりと、気遣いと論理展開を駆使しながらの対応が求められる。

今日、この件だけで30数通の返事を書いた。
途中では、内容相談や調整の電話も数回。
それに加えて他の仕事の対応も当然あり。

というわけで、実際のオフィスでの稼働時間は6時間ほどだけど、メチャクチャ集中。
とにかくこの仕事は片付けるしかない。
まだ明日も電話とメールでややこしい対応が必要だけど、頑張るぞ!!

実は、4月から勤め始めた新しいスタッフが、3週間でギブアップ。
まぁこの辞職にもいろいろ思うところはあるが、とにかく任せるつもりだった仕事が全部こちらに降ってきた、という訳。
もともと、最初から全て一人に任せるのは絶対無理とはわかっていた。
まぁ半年は一緒に仕事しながら基本を整えてもらうつもりでいたもの。
だから、手間としては大して変化が無いとも言える。
人に教えながら進めるか、自分のペースでバリバリ処理するか、の違いだけ。
でもね、その3週間(というかその以前)からかなり時間を費やして仕事の引き継ぎや仕事の対応の仕方を教えていたのにその時間も全て無駄になり、客先への挨拶回りも無駄になり、1ヶ月ほどでまたスタッフが変わるために客先に頭も下げ、その上に仕事が降ってきて、なんともはや。

亀の甲より年の功のお陰で、これらの仕事の対応はかなり得意にしている私。だから真っ当にやっていけば何とでもなるんだけどね。でも、何ともめんどくさいぞぉ!

とはいえ、前向きに考えると、
「頭を使う仕事をすると、さらに頭がパキパキ動く」という原則があるわけだから、
これだけ一日中頭を使いまくれば、新しい企画も次々良いのを思いつけるかも。
これ、結構良いことかもね。

さて、明日は金曜日。明日は朝はこの処理の続きと税理士さん、午後は別な仕事の処理と海外との電話会議。
終われば週末ですよぉ~!

そんなぁ~

曇りと言いつつ、日食の時は雲が切れて見事に金環が見えた。

でもね、当然のように写真に撮って「きゃぁ、雰囲気のある写真が撮れたわぁ!」と喜んでいたのに....

SDカードからPCに移す際に、「修復チェックをするかどうか」みたいなメッセージが出て、前にも出たし、
と深く考えずに「チェック!」としたら.....

今日の写真が全て消えてしまった。

ひどい!!!!!

と、月曜朝からガックリ。

さて仕事仕事。

晴れているかと思えば雨でその後曇り。
午後にもっと降るかと思ったけれども、風は吹いても雨は降らず。

昼過ぎ、一雨降った後の空。でこぼこした変な雲。

120518雲

交差点で信号待ちをしている間に携帯を空に向けて撮っていたんだけど、ちょうど日差しが出てきたもので、
まぶしくて何が撮れたかちっとも見えなかった。

夜になってから「そうそう、そういえば」と見てみたら、かなりちゃんと撮れている。
もう4年になる私のガラケー、なんだかんだ言ってまだ使えるのよね。
5月一杯で利用期限が切れるドコモのポイントが何千円かあるので、この際スマホに買い換えちゃおうかと思っていたんだけど、やっぱり今のままでいいかなぁ......

この間、ドコモの売り場で「スマホを買うとしたら何を考えればいい?」と尋ねてみたんだけど、
「何に使いますか?」と聞かれた。

「今の携帯でiModeメールもHPのブラウジングもそこそこやっているし、Google Mapも使っているし、
Webメールも使っている。なのでそれと同じぐらいのことはやると思うけど、それ以上は.....
 仕事での移動が多いから、PCも持っていることが多いし」
と返事をしたら、
「それだと、スマホにするメリットは余りないかもしれませんね」
と冷たく言われた。

そうか、やっぱり要らないかな、と考えていたら、さすがに店員さんも気を取り直したらしく、
「買い換えるとして、どんな機能が必要ですか?」と尋ねてきた。

えーっと、テレビも見る気はないし、お財布携帯も使わないし、そうねぇ、防水はあった方がいいけど、
....と考えていて、そうだそうだ、と気づいたので
「あのね、ストラップをつけるところがないと困るわ!」と言ったら、あきれ顔をされた。

前にも書いたと思うが、とにかく移動が多い上にうっかりものの私、携帯がバッグにくっついていないと、
忘れるか落とすかしてしまうのは絶対的に明らか。
だから、あのピヨーンと伸びるケーブルでバッグにつけて置かないと怖くて使えない。

あきれ顔をしながらも、この店員さん、スマホを一つ一つ見ては「これは大丈夫、これはダメ」と分類してくれたけど....


やっぱり私は今のガラケーで良いのかも。

そういえば、オフィスに新しいプリンターを買った。
2005年に購入したモノクロレーザー機を大きなトラブルもなく使っていたのだけど、ここのところ紙送りがうまくいかなくなっていた。
3月始めにドラムを交換してから症状がひどくなっているので、プリンターと言うよりはドラムに問題があるような気もするが、その前から湿度が高いと詰まるとかもあったし、且つ「発売後7年経ったので、交換部品の在庫保証は終了」との連絡も来ていたので、サポートセンターに問い合わせてアレコレするのも面倒になってしまって買い換えへ。

で、とりあえず探してみたら、それなりに高機能化している機種が、7年前の購入時よりも半分ぐらいの価格で買えると発見。

考えるまでもなくこれで良いわ!と買ったけど、よく見たら、発売以来既に3年が経過している。
ということは、4年経つと部品の在庫保証が無くなるって訳で......
2005年の製品よりもプラスチックがちゃちになっている気配がある新入りプリンター、さて何年頑張ってくれるかしらねぇ。

相性

曇り、のち雨。

友人の家に夕食を食べに行くことになり、花屋に寄った。

訪問先は、多種多様なバラが咲き乱れているはずの家。
だから、中途半端に華やかな花を持っていっても面白くない。

で、花屋でクラスペディアを見かけて、頼んでみた。
「これを基本にして、何か楽しそうで面白い、ちっちゃい花束を作ってもらえない?」

そろそろ片付けようかとしていた店員さんだったけど、「面白い、って言う感じですね!?」と
なんだか結構いそいそと出てきてくれた。
花の冷蔵庫の中を覗いて二人で検討。店員さんの手がふと止まったところで私が言った。
「それ面白そう!」

で、二種類目はスカビオサの実と決定。

「じゃぁ三点目は少し動きのあるものがいいなぁ~」とまたも勝手なリクエストを言ってみたら、
いよいよ店員さん、いそいそと動き回り、ふと決意した雰囲気で冷蔵庫の一隅へ。
出てきたのは、テトラゴナッツ。
「それで行きましょう!」と決定。

店員さん、この辺りから完全に楽しみまくっていて、ラッピングペーパーもあれこれと引っ張り出して、
唐草模様のような薄紙と、ジュート麻の組み合わせに決定。
私の方はこれで十分と思っていたのに、リボンも「こんな紐もあるんですよ」と、いろいろな色の紙紐、
かなりしっかりした組紐、それにちょっと変わったデザインの紐、などなどを出してきた。
作業台のすぐ横に並んでいる普通のリボンは完全に無視。

というわけで、20分ぐらい時間を使い、小さなブーケが完成。
「一般受けはしそうにないわねぇ」というものになったけど、私としては結構気に入ったし、
何よりも店員さんが「私もとても楽しかったです!」と目を輝かせていたので、ま、いいかな。

できあがったのは、こんな感じ。
120515ミニブーケ

スカビオサの実が見えなくなってボリューム不足に見えるし、背景の夕食が邪魔しているけど、
雰囲気は何となくこんな感じ。

花屋さんって、本当に相性だなぁ~、と思った一夕でした。

実は3週間ほど前にやはり人のお宅を訪ねるのに花を買ったのだけど、この時は花屋さんとの相性が悪くて、
双方でかなり苦労したのよね。

なにしろ、花屋さんはトルコキキョウとカーネーションと、花屋によくある八重のバラ(余り高くないもの)を組み合わせたくて仕方ないタイプ。
でも、私はこういった花びらが重なったものばかり、ピンクや紫系の色ばかり、というのは嫌い。
安っぽいバラも大嫌い。
だから、最初から「トルコキキョウを入れるなら薄緑のもの、カーネーションはパス、バラも今日はパス。色は黄色や明るい暖色系とか白、それに葉物を足して動きのある花束に!」と言っているのに、なぜかすぐにカーネーションやトルコキキョウ、バラを組み合わせようとする。
結局は趣味の違いなんだけど、こうなると双方で面白くないから、折角の花が嬉しくなくなって寂しい。

今日、夕食を食べながら美容院の担当さんを追いかけて遠くまで出掛ける話をしていたんだけど、花屋さんとの関係もこれと似たところがあるようです。
といって、わざわざ花を買いに遠くまで出掛けるなんてないしね......

伊勢参り

湿度の低い快晴の週末。
昨日は風が強くて寒いぐらいだったけど、今日はひたすら心地よく。

木漏れ日がたとえようもなく清々しく。

120513神主s


この週末は伊勢参りをしてきた。
来年が20年に一回の式年遷宮にあたる今年、その遷宮の理解を高めるために建築された「せんぐう館」を
中心とした同窓会の見学会が催され、金曜の夜、出張先からそのまま移動して参加。

昨日は朝一番から内宮の見学。

内宮の入り口にあたる鳥居。

120513内宮

段取りの良い同窓会幹事のおかげで、100名近い団体にもかかわらず(70歳代から現役大学院生まで)、
数多くの見学をたっぷりと。

内宮正宮の特別参拝では、四重の垣に囲われた正殿の、二つめの垣内まで参拝。
いずれもこぶし大の黒い玉石と白い玉石が敷き分けられているのが印象的。
正殿の一部だけが見えていた。
正殿の真ん中には神座があり、遷宮に際しては夜中に誰にも見られないように暗い中にこれを遷座させるとのこと。
垣の数はだんだん増えたらしい。
それだけ神秘性を強調する度合いが強まってきた、ということか。

神楽殿では神楽の祈祷奉納、そして昼休み後には式年造営を管理している専門家の方や、せんぐう館の設計者などによるレクチャー、そして造営のための木工作を行っている作業所の見学。
最後にせんぐう館の見学をたっぷりと。

かなり寒くて身体は冷えたけど、今まで知っているようで知っていなかった神道と言うもの、そしてそれを支えている今の国内の体制、その中で維持されてきている多くの技術や技能、などなど、まだ入り口ではあっても学んだことは多い。

今日は、昨日訪ねそびれた外宮を訪問。
入り口の鳥居をはいると、向こうから黒塗りの乗用車が向かってくる。
「そういえば、昨日皇族の方がいらっしゃると聞いていたわよね」と話しながら進むと、
斎館の辺りに皇宮警察がかなりいる。
「そういえば、斎宮って言うのは人の役目だったりするよねぇ」と喋りながら進むと、
第二の鳥居の先に報道陣などが並び始めている。

「誰がいらっしゃるのか聞いてみようか?」と、第二の鳥居のそばに立っていた観光バスのガイドさんに
声をかけたら、いろいろと詳しく説明してくれた。
結論だけ言うと、いらっしゃるのは黒田清子さん。伊勢神宮の斎宮補助(正しくは臨時祭主というらしいが)
になる事が決まり、その就任挨拶のための参拝らしい。
こういうことも珍しいので待ってみようか!?と、第二の鳥居を入ってすぐのところで並ぶこと15分ほど、
この記事トップの写真は、この鳥居脇でお祓いをすべく待機している神主さん。
空気のきれいさ、新緑のみずみずしさ、光の清々しさと装束の白さが相まって、神事であることが妙に実感できた。


皇宮警察と神主さんに先導されて清子さんがいらした。
特に皇室びいきでもない私だけど、品の良さを感じさせる姿がとても印象的だった。

120513斎宮代理


今日最後の写真は、内宮正宮。
120513外宮正宮

清子さんが参拝中。
白い御簾?が下がっているのが、外側から二番目の垣の門。
一般人は、特別参拝でもこの中まで入るのがやっと。その先は、神道の「神秘」の部分。
今日の清子さんは、四重の垣根の一番内側(つまり正殿)まで「就任の挨拶」に入っていったんだろうか?
というのが、とっても知りたいところです。

偽もの

あっという間に終わったGW。
一昨日が満月。今日は立ち待ちの月。
不思議なのは、十六夜や立ち待ちの月って赤茶色なのよね。
今日の月なんて、まるで泥水を浴びたみたいな色。
もう少し詩的な表現を思いつきたいものですが....。

アンパンマンの口の中にキューピーが入っているような絵柄のTシャツを売っていた会社が、著作権法違反で検挙された、とのニュースを見たら、次の日にこんなTシャツを見てしまった。

キャラクター120507

こちらは正規品。
でも、口の中に別のキャラクターが入っている、というのは同じ。
こういう奇妙な組み合わせって、流行っているのかな?

いずれにしても、組み合わせでキャラクターを作るのは簡単なわけで、
どこまでが本物で、どこまで偽者か、なかなか判断しかねる時代です。


GWの一日は、大雨の中を銀座でランチ。夜には母の付添で実家に泊まったのだけど、咳が止まらずに眠れず。
自分の家でないところで「眠れない」状態って、なぜあんなにしんどいのでしょうね。

翌日は、見事に晴れた中(そして午後には見事に雨になった中)を、代々木ヴィレッジと代官山のT-SITEとをハシゴ。
前者は、奇妙な形の敷地にコンテナを置いただけのような面白さと、世界の出版社一社の本だけを並べるという素敵な本屋(二ヶ月おきに出版社が替わるとか)と、ムリヤリのように植えてある世界の植物とが印象的だった。
この植物たち、去年の冬に既に寒さで傷んだものや、東京の暑さを乗り越えるのは難しそうなもの、などなど、かなり無理をしている。
それからすると、この施設ってもしかして一年ぐらいで終わりになるつもり?...なぁんて思ったりして。

代官山のT-SITEは、蔦屋書店の大きさがすごい!
しかも、その2階にあるカフェは居心地最高。
雑誌の古いバックナンバーなどがたくさん置いてあって、それがまた楽しい。
ananの創刊号(1970年!)を見て「こんなにオシャレだったのね!」と感激。

このananの創刊パーティで出版業界にいた父が行き、そこでもらってきたお土産が、あのananパンダと、キャンバス地に厚い皮革を組み合わせたオシャレなボストンバッグ(留め金は今のケリーバッグみたいな形)だった。
ananパンダは、余りの可愛さにうちの姉妹の間で取り合いになり、結局「誰のものでもない」ということで客間の床の間に飾ったままになったはず。
ボストンバッグは、デザインも素敵だしシッカリしていたので、つい捨てかねて私が引き取り、捨てたのはつい先々週(!)。
40年以上も家にあったのね!と感心してしまった。
でもそれを言うと、このときに一緒に捨てたスーツケースは、anan創刊の2,3年後に父と姉がハワイに行く時に買ったものだったはず。ハンドルやキャスターなどを何回か修理したはずだけど、結局10年前までは私が海外出張に使ったりして現役だったし(その後は古い衣服の収納場所)。
その頃のものって丈夫だったのねぇ~.....というか、ものを捨てることを覚えなくちゃね、私。

それにしても昨日の嵐というかはなかなか凄かったです。
家にいても凄い音で雹?が降ったし、とにかくすさまじい風が吹きすぎて行って、びっくり。
雷も凄かったし、いつ停電しても不思議はないと真っ暗な空の下で久しぶりに緊張した。
いつまでも寒かった3月、4月初めの台風のような天気、と、荒々しい天気がこれ以上続かない事を祈ってます。

ひどい雨が続いた昨日今日。

片流れ屋根からルーフバルコニーに流れ落ちる雨が凄い音を出していた。
普段は、消音とベランダ床の保護をかねてその下にウッドチップのバスケットをおいてあるのだけど、
鉢植えと共に全て片付けてしまったので、音が響くことこの上ない。
その音を聞いていたら、ソファーでそのまま寝そうになってしまった。
屋根の防水塗装?をやり直したら、あの一カ所集中の流れ落ち、どうにかなってくれるかなぁ.....

今日は、銀座でランチ。
歩行者天国って、ひどい雨でもやっているものなのねぇ~。

有楽町付近の電通通りを昼前に通ったら、たくさんの警官がいるばかりか、
通りの先を見通すと警察車両がたくさん。
誰か国賓でも来たのかな?

そういえば、国会議員はこの時期皆「外遊」とやらに行ってしまう。
外遊って、仕事で行くならちゃんと「目的」を明記していくべきだし、本当に遊びで行くなら「休暇」と言えばいいし。
国のお金を使って遊ぶな!と言いたいよね。

「午後にはやむ」との予報を信じて折りたたみ傘で出掛けたのに、結局午後遅くに帰宅するまではひどい降り。
夜になってやっとやんだ。
明日は快晴だとか。暑くならないことを祈りつつ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。