おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いつきがうまく行った!

今日も綺麗な晴れ。

朝病院に行き、一月以上前に受けた検査の結果を聴いてきた。
まぁ大きく言うと「何もありません」とのこと。
でもまぁまた2ヶ月したら来てね、と言われ、しかも気づいたらドサッと二ヶ月分の漢方薬が処方されていた。
この漢方薬、「とりあえず様子を見ながら飲んで下さい」と言って毎回出されるので、予定通りにはなくならない。
それが積み重なっているのに、うっかりそれを言い忘れた。

売りに出したいぐらいたくさんあるんですけど、薬ではたくさん飲むわけにも行かないしねぇ。


雑木林の足元。
121127林床


全く話は違うけど、ちょっと面白いアイデアを思いついて、今日それを試して見たら、とってもうまく行った。
詳細は明日にでもアップするけど、今これをネットで調べたら、やっぱりやっている人がいたのよね。
人間、思いつくことは同じだわぁ。


スポンサーサイト

武蔵野の秋

綺麗な晴れ!

狭山湖近くの緑地で、武蔵野の秋を楽しみました。

とりあえずちょっとだけ。

これだけ綺麗な色にも出会えて、幸せです。
121125紅葉

でも、このぐらいの色合いが武蔵野らしい気もするし、実際はこの穏やかさが充ち満ちた空間でした。
121125紅葉2

ただの武蔵野の雑木林。だからこその穏やかさと心地よさのような気がする。
121125武蔵野の林

子供の頃から武蔵野に住んでいるから、こんな林が近くの公園にもあったよねぇ~と思うけど、気づいてみると
もう身の回りには無いのよね。

こういう環境の近くに住むのもいいかも、とちょっと思ったりして。
仕事に出掛けることを考えると結構大変だけどね。

とにかく明日からまた頑張ります。

気になるなぁ

綺麗な日差しの日でした。

昨日の会議、会議の目的が事前に共有されていなかったために参加者の発言がズレ勝ち。
主催者ではないけど、その目的に対する論議をたっぷりして欲しい立場として、進行がモタモタするのを気にしていたら....

話がずれてしまった一人の話に対して、主催者側の関係者の一人が全く違う方向に話を進める質問を投げた。
答える側は、主催者側の発言なので、一生懸命これに答える。結果、論点が全く異なったものへ。
これで終われば良かったのに、さらに方向違いに突き進む質問を、この主催者側関係者がさらに投げた。

そもそもの目的にその論議が貢献するとも思えず、隣に座っていた私が横から訊ねた。
「この会議の目的との関係が見えないのですが、どのような関係があり得るのかをまずお尋ねして良いですか?」

答えが「いや、別にいいんです、関係ないなら」。

司会(主催者側キーマン)が何とか間をつないで、この件は終了。

一応、会議の休憩時間に、この隣の関係者に「質問を遮るような形になって申し訳なかったですね」と詫びを入れたら、凄い答えが返ってきた。
「いや、僕はそもそもこの会議の目的であるテーマが正しいと思っていないからね。」


こういう人を私はとっても嫌いです。
主催者側にいるのだから、テーマが正しくないと思うなら、内部でちゃんと論議しておくべき。
それでも、組織としての決定に納得できないのならば、会議が始まる段階でハッキリ言えば良い。

それもせずに、会議進行を妨げるような行動をとり、その理由付けが「自分は賛成していないから」だなんて、
小学校の学級会レベルじゃないのよねぇ。

会議の目的は、そのテーマの情報を各国間で共有して何が得られるだろうか?を論議するもの。
だから、会議の論議の結果として、「今、日本がこのテーマ共有を無理にしなくてもいいはず」との
論理展開に進むこともあったはず。
それを充分に論議して検証した上で、「やっぱりこのテーマはダメ」と言ってみせればいいのにね。

こういう人の意見にも、もちろん耳を傾けるべきだと思っているし、この点にはかなり気を遣っている。
でも、意見を出してくる姿勢が違うと、耳を傾ける気にもならないのよねぇ。

と思いつつ、ここで切り捨ててしまう姿勢をとってしまうのは、私は反省すべき点だなぁ、なんて今日一日思っているところです。

以上、いろいろ気をつけなくちゃなぁ、と思った一事でした。

でもね、多国間・多組織間での会議をやるのに、事前に目的を記した資料すら用意しないこの主催者側も、
結構問題なんですよね。
ある意味、極端に日本的というか....

じょうごの日々

昨日は綺麗な晴れ。今日は冷たい雨。

昨日。
朝はオフィス、昼から関内、終わって市ヶ谷。
いろいろと荷物があったのだけど、コロコロバッグではなく書類バッグで担いで出掛けたので、疲れた~。

裏方的な立場だったり、主催者側な役割だったり、といろいろな役割で過ごした昨日は、
ひやひや、バタバタ、おろおろ、それに、疲れた上に飲みに行ってのヘロヘロ、よろよろ、くらくらでした。

今日は、昼は大学時代の仲間との食事会でキャアキャア、ケラケラと、
そのまま3時間半の仕事の会議でシャキシャキバリバリと過ごした。

二日間を畳語で表現してみたけど、結構何とかなるものだわね。

何とも美味しく且つ綺麗だった今日のランチ。
鰆の幽庵仕立ての杉皮包み焼き。
121123和食0

デザートの器。これに濃いワイン色の洋梨のコンポートと赤いイチゴが入っていたのよね。
121123和食1

和食は良いわねぇ。

Tweetchat

とっても綺麗な秋晴れの日曜。

ソーイングの知り合いがTweetchatを行うというので、綺麗な天気の真っ昼間、PCの前で参加。

面白かったわぁ!

参加したのはほとんどがオーストラリアから。時差があるから他の地域は難しいかもね。
どのぐらいソーイングに時間を費やしているか、とか、何を縫うかを事前にどの程度予定しているか、
ちょっとした便利な方法、とか、ブログの役割、等々など。

いくつかの話題が平行して動くので、どの話題に参加しているかが途中でわからなくなったり、
表現を考えている間に(だって文字数が少ないんだもの)話題が先に進んじゃったりとか、慣れないゆえの
もたつきが、また自分としては面白かったりしてね。

ここに参加している人達、全員がソーイングのブログを持っている。
それで私も出会っているんだけど、私のブログはソーイングでもないわけで、「他人のblogを見る事で勉強になる」という会話を見ていたら、申し訳なくなってしまった。
私、一方的に読み逃げ、という状況だものね。

まぁ仕方ない。たまにこんな写真を載せてお茶を濁しておこうかしら。

StripeDress_Front_large.jpg

ここで予定していたもの。もう一ヶ月ぐらい前に縫ったのだけど、あっというまに秋が深まって着る機会がなくなっちゃたわぁ。

一週間

あっというまに日曜日。昨日はひどい雨だったのに、今朝は綺麗な晴れですねぇ。

もう晩秋ですね。
昨日の雨の中、朝の用事から午後の会合までに時間があったので、永田町から日比谷を歩いてみた。

誰もいない永田町の歩道。
121118雨の永田町

日比谷図書館前。
121118日比谷図書館前

日比谷図書館、10年以上行っていなかったけど、綺麗になったのね。
そもそも今や「都立」ではない。千代田区に移管された上で、運営は民間企業。
名前も「日比谷図書文化館」。
今回は小ホールでの集まりに行ったので図書館機能がどうなっているかはわからないけど、
場所も良いし、使いやすい。

考えてみると、前回訪ねたのは、まだインターネット検索が全くできない時代だったか、
あるいはメジャーな新聞以外はデジタル化されていない時代だったか....
20年前かもね。当時は図書館の価値が高かったけど、いつのまにか全く行かなくなっているなぁ。

歩いて行っても時間が余ったのでお茶を、と思ったら、気持ちの良いカフェが出来ていた。
本屋と一緒になっていて、座席数は少ないけど、雨の週末、非常に静かで"大人"気分。
日比谷での素敵な時間潰しの場所を見つけたかも。


この一週間は、地域や国の施策を話題にする機会が続いた。
初めての省庁の会議に出たのだけど、何だかちょっと....私とは性が合わないかなぁ。
しかも30人からの委員を集めての会議って、単に形式を整えるだけの為としか思えないし。
まぁ何か言っても反映されないよねぇ、と多少遠慮気味に発言していたんだけど、同じ方向性で
フォローしてくれた方がいてちょっとうれしかったかな。
この方が、いろいろとコメントをした最後に、何気に
「そもそもここでの論点は上から目線なんですよ、いつもの××省らしいといえばらしいのですが」
と締めくくった。余りになにげだったので一瞬間があいたのだけど、その後委員は大笑い。
そうなのよ、とっても「お上」の姿勢なのよね、この省は。だのに論理性に欠けたりするのがさらに情けない。

金曜日に行った京浜地域。
121118臨海地帯

夏に行くのは辛そうな地域だけど、この季節は気持ちがいいわぁ。

秋の色

きれいに晴れていた昨日は暖かかったのに、今日は午後から風がピューピュー。
夜は手袋が欲しいほどの冷え込み。

季節の色。
121114秋の色

川崎駅そばの殺風景な中に見えたこの色、最初は変な広告看板でも並んでいるのかと思ったのよね。


昨日の出張先で、買い物をしすぎた。

小女子の佃煮、塩から、野菜入り生すり身、いわしの丸干し。
これは全て地元産の魚。
地元乳業メーカーのバター。
ついでに、いかせん。

気に入っている地元の大手スーパー。次にいく時は大きなスーツケースを引っ張っていこうかしらね。

パソコン修理

晴れの朝。どんどんと冷えてきて、昼には雨。
寒かったぁ。

WimaxがつながらなくなったPCを持って、秋葉原の修理持ち込みセンターへ。
予約をしていた朝9時に出向いたので、誰もいないアキバの雰囲気が面白かった。

朝預けて確認して貰ったら、昼前には見積もりが出て、そのまま依頼したら3時前には修理終了の連絡が来た。
結局無線通信デバイス自体の交換をしたので、高かった。
しかも、なんとこのPCを買った時に、量販店の長期補償に入っていなかった!
普段は必ず入るのに....何を思ってやめたのか思い出せないけど、とにかく入っていない。
あ~ぁ。

で、そっちはまぁスムーズに事が済んだんだけど、「折角修理窓口に持ち込んだんだから」と
思って問い合わせた件で、面白い反応があった。

このPC、パナソニックの丈夫なLet's Note。この前に使っていたものも同じタイプ。
違いは、年代の違いでの仕様の差と、前のが標準のシルバー、今回のがブラック色、というぐらい。
でも、今回のものは、使い始めて3ヶ月ほどでキーボードの文字が消え始めた。
前のは、4年以上使いまくっても全然平気だったのに。
え~っと思ったけど、よく使うキーの文字が消えるだけ。
修理に出してPCが使えないことの方がシリアスなので、そのまま使っていた。
今や、N、M、Eはほぼ何も残って無く、I、Oは半分消えている状態。

今日、修理センターの窓口、ふとこの件を訊ねたら「デバイス交換はどうせキーボードを外すので取り替えになります。料金はデバイス交換と別になりますが、0円です。」という。
変な事を言うなぁ、とおもったけど、まぁただで新しくなるならラッキー、と思っていたんだけど....

改めてネットで調べてみたら、シルバータイプのキーボードはレーザー印字でまず剥げないが、ブラックタイシルク印字で剥げるという。

これが具体的で面白い話だったので、今日、引き取りに言った際に、「そういうものなの?」と訊ねてみた。
もしこれが本当で、且つ3ヶ月で文字が剥げるようであれば、製品としての設計ミスという気もするし、まぁ好奇心で訊ねたんだけど....

最初は「そんなことはありません、同じ仕様で作っています。」という。
しばらくしたら、「調べてみます」。
いろいろと修理の支払いとかをしている間にネットで調べ直して、「ほらネットでこの人がレーザー印字やシルク印字のことを書いているのだけど、これは信じない方がいい?」と訊ねたら、
「いえ、さっき確認したら、そういうことのようです」という。
「ってことは、やっぱり設計ミス? それとも個体の不良なのかなぁ?」と訊ねたら、これには直接答えずに、
「今後、そういうことがあったら、また持って来て貰えばキーボード交換できるように、記録に残しておきます」と言ってくれた。

まぁ私個人としては、至れり尽くせり?の対応をしてもらって何も問題は無いんだけど、でもこれって、やっぱりなんとなく.....

いずれにしても、今はキーボードは交換したてで文字もクッキリ!です。
パームレストやタッチパッドが一部テカってしまっているので新品に見えないのが残念ですが。


神田明神の男坂、薄ら寒い日曜朝、9時半。
121111男坂

夜になってもいよいよ寒い。冬服、そろそろ全部出さなくっちゃね。

ガラスの向こう

きれいな晴れの一日。秋ですね。

朝、用事で出掛けたついでに、少し下町を歩いて日差しを楽しんだ。

ガラスの向こうにいて、時々鼻先だけ見せてくれた猫。
121110ガラスの向こう1

反射素材で作られているらしいミッキーが、磨りガラスに移っていて奇妙。
ガラスの向こう2121110

既に畳んだらしい店先の、足元のタイル貼りが印象的な飾り窓に暖かそうに並んでいた人形。
121110ガラスの向こう3

型板ガラスやレースのカーテン、それに食品見本のどれもが懐かしいよね。
121110ガラスの向こう4

なぜか立て続け

綺麗な晴れの一日。

最近は、家にいる時もPCのネットワークとしてはUQ-Wimaxを利用してばかり。
従来のADSLは、無線ルーターで屋内に飛ばしても、部屋を移動すると一気にスピードが落ちる。
それに対して、UQ-Wimaxは玄関だと電波が弱いが、それ以外の部屋ではほぼフルスピードが出る。
それに、いざとなればスマホでテザリング、という代替通信があるので、心配ない。

ということで、とうとうADSLの契約を10月末で解約した。

11月初めにUQ-Wimaxのネットワークアダプターが不安定になった。
時々繋がらなくなってしまい、再起動やデバイスドライバーの更新で何とか回復。
今週は無事に動いていて「よかったよかった」と思っていたら、今日、何とも動かなくなった。
午後はオフィスワークだったので、UQのサポートデスク、そしてPCのサポートデスクに問い合わせて対応したけど、
結局、デバイス自体の存在が認識できなくなっている、とわかり、修理センターへの持ち込みをすることに。
このPCを手元から離すのはかなりしんどい。その場で治る、なんていう修理で済めばいいけどなぁ....

しかも今日は、なんとスマホを持って出るのを忘れた。
おっちょこちょいの私でも、携帯を忘れて出かけた事はない。
どんなときでもハンドバッグにケーブルでくっつけているので、忘れようがない。
だのに、昨晩充電しておくのを忘れたのと、バッグを他の部屋で使いたかったために、
ふと気を緩めてケーブルを外したのよね。

以上、一気に身の回りで発生したネットワークの話。


今週の月曜日、名古屋で、途上国から来日している人達と一緒に県や市、商工会議所の人たちから地域イノベーションに関連した活動の現状を聞いて歩いた。
火曜日、国の機関の人と、イノベーション人材を育成するための方策をあれこれ討議。
水曜日、神奈川県の人たちと、大学や自治体の役割についてディスカッション。
木曜日、途上国の人達が発表する各国での地域活性化やイノベーション創成の仕組みづくりについて討論。
「今週は、面白いほどこの話題が集中したけど、今日(木曜)がピークだったなぁ」と思いながら昨日の深夜に
帰宅。

で今日、「数年ぶりだけど、ちょっと相談したいことがある」と声をかけてくれた人と会って話をしたら、
なんと、またも地域イノベーションの話!
しかも、昨日までの話をまとめ上げるようなレベルでの話だった。
数年前は全く異なる話で知っていた人なのに、なんという偶然。

以上、今週毎日毎日続いた地域&イノベーション&人材の話。


今日、ランチを済ませた後に楽しんだ、晩秋の日差し。
121109日差し1

久しぶりに、カメラ目線で周りを見回した気分です。
121109日差し2

ついでに、自分の影。
121109日差し3

バルーン型?の張りのあるワンピースを着て、首元にストール、大きなショルダーバッグを左肩に、
資料をいれたディバッグを右肩に下げていると、こういうシルエットになるのです。

夜明け前

晴れ。
真っ暗な中に起き出して、明け切る前に家を出た。
楽勝で現地到着の新幹線に乗ったつもりだったのに、よく考えるとバスの接続が悪くてギリギリになる。
それならば在来線で移動して、と思ったら、新幹線との乗り換え時間がたった2分。
ものは試し、と移動してみたら、階段を下りている途中で発車のベル。
たまたま運良く最後尾の車掌さんの視野に入っている階段だったので、ドアを閉めるのを一瞬待って貰って
何とか乗車。

なんだか、早朝の移動の度にこんなことをしていたら、そのうちすっ転ぶわよねぇ、と深く反省。

今日は、5週間滞在していた海外からのメンバーの最終日。
それぞれが成果発表。皆のレベルがものすごく高くて、ひたすら感激。

で、今日は、イベント終了の式で挨拶をする役割が回ってきた。
普段は、原稿を見ながら喋るのが嫌いなので多少ずっこけても何も無しで話すのだけど、
余りに面白い討議をしてきた今回は、言いたいことが余りに多すぎて、うっかりすると挨拶の途中で
どこかに飛んで言ってしまいそう。
自分が信じられずに原稿を持って挨拶をしたんだけど.....

ダメですね。手元に原稿があると、覚えていたはずの内容が頭から飛んじゃって、結局一文毎に原稿を
見る事に。
そうすると、しゃべりのメリハリが消えてしまって、結局平板な挨拶になってしまった。

次の機会にはやはり手ぶらで挨拶をするぞ! と心に決めました。


早起き

雨上がりの朝。かなりもやっていたけど、気持ちよかった。

明日の朝は、4時半起床。5時半には出掛ける心積もり。
明日は6時56分?とかの新幹線なので、このぐらいで思っていないとえらい目に合う。
この間みたいに勘違いしないように、目覚ましをシッカリかけて寝なくっちゃ。

神奈川県庁本館の玄関。
県庁玄関121107



今日読んでいた雑誌の記事によると、この10年で日本の建設会社の世界での存在が一気に薄れたという。
2003年には世界のトップ10の建設会社に4社が含まれているのに、今はここに中国企業が4,5社入っていて
日本企業はゼロ。

日本企業が駄目になった理由は、買収や合併での国際展開を考えなかったから、ということらしい。

それが企業にとって良い事か悪い事かはわからないが、それにしても中国企業の拡大はすごい。
しかも、どの企業もいかにも国営企業です!という名前。

世界はどんどん変わっているのよねぇ、と思いつつ、早寝しましょうっと。

チアリーディング!

朝は寒そうな曇りだったけど、昼間は見事な快晴。
それにしても寒かった~。

母校の大学祭(というか学部祭)で、毎年出身学科の同窓会イベントが開かれる。
今年は、同級生の連れ合いが同窓会幹事長でもあり、且つなかなか面白そうなイベントとのこと。
しかも、中庭で行われる学部祭イベントに、別の同級生の娘がチアリーディング部のパフォーマンスで
出場すると言う。ということで、同級生の仲間の間でメールが回り、4名ほどで出向いてみた。

女性のチアリーディングの前に、何かと話題となっているShockersという男性チアリーディング部の
パフォーマンスがあるというので、「折角だから、それも見よう!」と早めに行って場所取りをして
これを見たんだけど....

なんとも凄くて、気分すっきり!

こんな風に空高く舞う場面がたくさん。
121103shockers1

しかも、非常にプロっぽくて、いつも皆が実に良い笑顔を維持しながら演技している。
「楽しんで下さい!」の思いが伝わってくるのが心地よく。

121103shockers2

あぁ、本当に気分がよかった。

その後の女性のチアリーディングも、「女の子がこんなに高く飛ぶの!?」という程の演技。
男性陣よりも演技やMCなどがやや幼い感じだったけど、それがまた学生らしくて良い感じ。

それにしても、いずれもこの中庭のコンクリートの上での演技。
自分の息子や娘があんなところで空中に投げ挙げられたりしているのを見たら、心配で目を
開けてられないかもね。

何かと気分が籠もりがちな最近だけど、こういう「世の中」を見るのはいいものです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。