おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paperback、本、年末

何だか恐ろしく冷たくて寒い日が続いています。
そこそこ着込んだつもりで出掛けても、寒い!
日が落ちようものなら本当に冷たい。
なによりも、夜、家の廊下が寒くて寒くて。
歯を磨きに洗面所に行っても、余りの寒さに歯ブラシを持ってリビングに退避。

家の本棚に、読んでいないペーパーバックを発見。
10数年前に発行されていて、色もそんな感じに変わっている。
買った覚えは全くない。多分、出張帰りの空港とかで買ったんだと思うんだけど(国内でも海外でも、
本屋で買った場合はさすがに忘れないと思う...)、だとしたら空港の本屋は近刊がほとんどだから、
もう10年から本棚にあったことになる。そう思うと、自分がちょっと怖い。
でもまぁ読むものを探していたんだからちょうど良いかな、と読み始めたら、これがなかなか良かった。
"Hanna's daughters" とのタイトルのこれは、スェーデンを舞台にしたものの英訳版。
良い本を買った何年も前の自分がエライ!

古本屋の前を通ったら、読んだ気配のないペーパーバッグを叩き売りしていた。
余りの安さに、表紙はちょっとロマンス系だけど面白そうなのをと買ってみた。
読んでみたら、やっぱりロマンス小説系の「つくりもののオハナシ」の匂いはたっぷりしたけど、
ついつい先を読んでしまう面白さがあった。
"The Touch" というこの本は、19世紀末から20世紀前半のオーストラリアを舞台にしたもの。
オーストリアって私にとっては殆ど未踏の地。二泊四日の出張しかしらない。
シドニー近辺の土地柄がいろいろ出てくるこの小説、その意味でも面白かったわぁ。

本屋の隅っこのワゴンで見つけたペーパーバック。
これは "You can't stop reading until you've devoured the last word." という表紙の言葉を読んで、
まぁ一応の内容保証は得られるかなぁ、と思って買ったもの。
タイトルは "The Help"。                   
60年代の米国南部ミシシッピ州の小さな町を舞台にした人種問題を扱った小説。
これは表紙の言葉通り、読むのがやめられずに半徹夜した。
ロング・ウォーク・ホームという映画でのシシー・スペイセクとウーピー・ゴールドバークの関係が
とても印象的だった覚えがあるが、時代も土地柄も黒人と白人の女性の人間関係で語られる様子などが
かなり近い。でも何人もの女性達の多様な視点で書いていて、それがまた面白い。
調べたら、去年、映画にもなっているとか。


と言うわけで、ここのところ、ペーパーバックとの出会いが好調。
気分転換に読むものとして、こだわりなく(いい加減)に買っているので、これはなかなか運がいいかも。

ところで、3週間ほど前に週刊誌で見かけたのにタイトルを忘れてしまった本があった。
「ものづくり産業に関係した本」としか思い出せず、調べようもなくていたのだけど、
今日、どの本だかわかった。
"Makers" がタイトル。
数年前に「ロングテール」を書いた著者なので、多分また社会動向をうまいキーワードでつかまえて
書いているのだと思うけど、何かと評判になっている様子だし、一応読んでおかなくちゃね。

そう言えば、今日のネットで知らせてきた仕事関係の資料、これも欲しい本。
でもちょっと悩ましいのよね。
10章以上で構成されていた、それぞれの章別にネットでダウンロード購入できる。
これが一章30ドル。
で、全体をまとめて買うと180ドル。(ちなみに印刷したメディアとして買うと160ドル。)
私の場合は、こういう本を「斜めに読んで全体状況を知る」のが重要なので、一部の章だけを買うのは中途半端。
でも、全く読まないと思われる章もあるし、そもそもシッカリ読み込むのは多分2,3章程度。
え~、どうやって買ったらいいかなぁ~、と妙なところで悩んでいたりして。

以上、このところの本騒動でした。
年末という時期の影響ももあるのかもしれないけど、久しぶりに本にワクワクしています。

今朝、10時半頃にデパ地下の生鮮食品売り場に買い物に行ったのだけど、余りの混雑ぶりにビックリ。
スーパーのように、ショッピングバスケットにものを色々と入れてレジに並ぶスタイルなんだけど、
その「レジに並ぶ列の作り方」が壁に貼ってあった。
これ。赤と青の二列で構成されている。
デパ地下歳末列

この図にないところまで延びた列の最後尾に並んだら、「レジまで約30分です」と言われたので、
持っていた本を読みながらズルズルと移動。それにしても年末の皆さんって、凄い勢いで食品を買うものよね。
私は一品だけ(!)だったんだけど、前後みなカゴに満載に肉や魚が詰まっている。
元旦からデパートが空いている今の時代、こんなに買い込まなくてもいい気もするんだけどね。

そんな熱気満載の空間の中で、かなり必死になっている人がいた。
この人。
デパ地下レジ修理121229

この異常なまでに長くなっている列に並ぶ客の視線をあびながらの修理、たまったモンじゃないだろうなぁ。
この写真を撮った時は一人だったのに、しばらくしてみたら二人がかりで対応していた。
頑張れ!ですね。

「こんなに買い込まなくても」と思っていた私なのに、その後に行った両親の家の近くで、滅茶苦茶安い野菜と果物に出会ってしまい、リンゴ二袋、蜜柑一袋、キノコ類にクワイ、サツマイモ、など重いものをドッサリ買ってしまった。
ちょっと動機が異なる気もするけど、家に買った時の姿は他の方々と似たようなものでした。ハハハ。
スポンサーサイト

餅つきと手帳

寒くて冷たい冬の日が続いてますねぇ。
今日なんて、日差しの中を歩いていても空気が冷たくて、びっくり。

祝日の月曜日、鎌倉の散歩に行くという友達にくっついて出掛けてみた。
鎌倉に行くのって、もしかして20年ぶりぐらい?
特に目的もないというので、北鎌倉で降りてぶらぶら。
途中で亀ヶ谷切り通しの入り口を見つけて入っていき、いかにも切り通しの雰囲気を楽しんで、
適当に鎌倉駅の方に歩いていたら...
駐車場のようなところでお餅つきをしていた。
どういう集まりか分からないけど面白そう?と寄っていって「こちらは?」と訊ねると、
お寺が主催のお餅つきらしい。
テントには、つきたてのお餅をあんこやきな粉、大根、海苔で食べられるようにしてあるし、
鳥の唐揚げや豚汁まで用意してあって、「食べて食べて!」と言われてしまう。

一緒にいた友人(かなりの美人の外国人)を見て、その場にいたおばさん達が「ほら、英語だから
あなた行きなさいよ」と言って若い男性を押し出してきたし、彼もその気満々に説明を始めたので、
私は一人でノンビリとお餅つきの写真。

餅つき121226

お餅つきをこんなにそばで見るのは初めてかも。
お米の粒々がお餅になっていくのが面白い!
でもなかなかうまく撮れないもんですねぇ。

で、食べ物も説明もあれこれと押しつけられて困っているだろう彼女を見捨てて私はゆっくりお餅を楽しもうかしら、と思ったんだけど、実はそうや問屋が卸さないものなのね。
こちらはおじさまが説明を始めた。
で、食べ物をいただいた義理を感じて素直に相手をしていたら、なかなか大変なことに。

いえ、説明は面白かったんだけどね、総本山との関係や他の宗派の事を訊ねた時の反応とか、いろいろと。
でも、宗教勧誘に微妙に持っていきそうな行かなさそうな話ぶりを、こちらもなにげの無邪気さ(?)を
発揮して思い切り一般論に持っていく、というのを何回もやっていて、そのうちそこで英語も混じってきて、
話を終えてそろそろ次に行こうと思っても終わらないし、ひぇ~って感じでした。

やっとの思いでお礼を言って歩き出したら、友人が「私は直接勧誘されるところだった」と言う。
どんな風に?と訊ねたら、「あの若い彼が、何回も"今、問題は感じてませんか"、"毎日幸せですか"、
とか訊ねてきた」との事。
勧誘されたら面白かったのに~、と大笑い。

結局由比ヶ浜まで行ってみて、お昼を食べて、その後何と言うこともなく帰ってきたのだけど、
やはりなんと言ってもこのお餅つきが一番のイベントでした。


この鎌倉散歩、たまには派手目の服で出掛けてみようと、この間の赤いワンピースにタイツとブーツ、
それにニット地で作ったカーディガンも羽織って行ってみた。もちろん上にコートも着たけどね。

その写真。
WhiteRed121224trres.jpg

このカーディガン、去年作ったリバーシブルのケープと同じ型紙をベースに少しいじって、それに袖を付けただけのもの。
ニットだからサイズも何もこれで充分!と思ったんだけど、ニット地(表はオフホワイトの圧縮ニット、裏は完全な編み地の布)でリバーシブルにしたせいもあって、作って見たら袖の幅がギリギリ。
羽織りものとしては、脱いだり着たりが結構しにくいので失敗作かな。
まぁ暖かいので便利だけど。
あっというまにできあがって、ボタンは付けずに、またいただきもののニットのブローチで止めている。

話変わって、今日。やっと手帳を買いに行った。
毎年カバーはそのままでレフィルを取り替えるタイプを使っていて、,今年も取っておいてもらってあったのだけど、お店に行ったら、何だか今年は無性に新しいタイプを買いたくなった。
で、2種類ほど候補に挙がって、あぁでもないこぉでもない、と随分と悩んだのだけど、
結局また例年どおりのものに。

その選択のポイントが何かと言うと....
ずっと使ってきているのは、フランスのメーカーのものだけど、各国バージョンがあって、
祝日なども日本のものが書かれてあるのでそういった意味での不便さはない。
いわゆるダイアリー部分以外には、世界地図や世界各地の月次平均気温、ついでに各国の洋服のサイズ表などが載っている。
これが結構便利なのよね。今の時代、スマホで調べれば良いとも言えるけど、手元でパラパラッと
確認できるのは、なかなか捨てがたい。
だって、急にレソトとかが会議で話題になった時、キーボードも打たず、スマホも触らずに「あの南アフリカ共和国の中にある国ね!」と分かるのだもの。

片や、候補になっていた日本のもの2種類は、ダイアリー部分の機能面からは全く遜色がないというか、
部分的にはこちらの方が機能的?と思えたのだけど、この「ダイアリー以外の部分」が何とも使いそうにない。
東京の電車路線図とか日本地図とかは殆どなくても何とかなる(なんとなくは頭に入っているし、いざとなれば
Google Mapとか乗り換え案内とか)し、まぁ六曜表(大安とか赤口とか)は有れば使うけど、ね。

と言う訳で、結局長年使っているパターンに落ち着いてしまった。
なんだかつまんないなぁ~、と思いつつ。

贅沢を言うといくらでも言えるものですね。
困ったものだ。

忘年会と赤いドレス

雨が降ったりして暗い月曜と、穏やかな晴れの火曜でした。

昨日は、仕事関係の人に声かけた忘年会。今年はこぢんまりと10名弱。

いやぁ、ヨッパラッタァ。
いろいろ取り混ぜてのメンバーだったけど、思った以上に話題があれこれと展開して面白かった。

これは新年会もしようかしら、と思ったりして。

いずれも仕事で関係している人達だけど、方向性はいろいろだからこそ、
「じゃぁ、この話、新しい政権の元でオタクの組織が主張すべきじゃないかな!」などなど、
とっても刺激的だった。

でもねぇ、いやぁ飲み過ぎました。ワインを5杯ぐらい。
帰宅は終電。乗れてよかったけど、家に着いてからの記憶がない。
どうもPCを開いてブログ(これ)を書きかけた気配があるけど、気がついたらベッドで朝。
朝の6時にはまだ充分酔っ払っていて、熱いお茶を飲んでもう一時間睡眠。
ひゃぁ、しんどかったぁ。

昨日の忘年会と新年用に、真っ赤なドレスを作って見ました。

RedDress121218

ウールの着物地をつかったワンピース。
以前に縫った(だけど縮んで着られなくなった)ものと同じ型紙。袖だけ伸ばしたもの。

この着物地、柄が気に入って随分前にかったんだけど、当ててみて「ダメだ、派手すぎる!」と
シンプルなスカートだけ作って放りだしていたのよね。
今回も、芥子色のウール生地で基本にして、切り替え部分だけにこれを使おうかと思って持ち出したんだけど、
いろいろ考えているうちに、えーい、つくっちゃえ!と思い切ったもの。
いえ、切り替えのバランスを考えるのが面倒くさくなった上に時間切れだった、という怠け者の理由なんだけど。

自分で見慣れたら結構良い様な気がしているんだけど、人がどう見たかはよくわからない。
昼間、オフィスで「派手すぎるかな?」と訊ねてみたら、「忘年会の照明は暗いんですか?」との質問。
「え、多分...」と答えたら、「じゃあ大丈夫ですよ」と言われた。

これって、どういう意味????

ま、たまには気分転換にこういう色物も良いわよね~と自己満足です。

でも、もう少し手抜きじゃない縫い物をしないとねぇ、とやや反省中。
なにしろこのワンピース、表地のパーツ5つ+裏地のパーツが3つ。しかも殆ど全てが直線縫い。
カーブしているのは襟ぐりのみ。しかも、かぶりで脱ぎ着できるギリギリのサイズにして、
ファスナーなどの処理を省いてる。

いいかげんだわぁ、私。

移動し続け

寒い日が続きますねぇ。でも天気の良さは最高。初夏の武蔵野は綺麗だわぁ。

風邪をだましだましなのに、移動し続けで一週間が過ぎている。
月曜は、関内で会議、お台場でイベント、市ヶ谷で打ち合わせ。
火曜は、つくばで会議、飯田橋でワークショップ。
水曜は横浜市一カ所のみだけど、夜8時半過ぎまでいて、帰宅は10時過ぎ。
今日は....と一瞬忘れかけたけど、そうそう、本郷、飯田橋、市ヶ谷、本郷と細かく移動。
明日は、本郷、浜松と回って、終電の新幹線で帰宅予定。

スイカにいくらチャージしても、すぐに足りなくなるのよね。
でも、クレジットカードでの自動チャージにするのはズブズブになりそうでイヤだから、仕方ないんだけど。
それに今週はどれも次のアポとの時間がギリギリで、移動のたびにスマホの路線案内とGoogle Map(車や歩きを見るにはこちら)とをチェックしながら、必死。
疲れるんですけど。

火曜日の関内。会議の行われた開港記念会館。
121210会議の建物

この建物の中、なかなか古い雰囲気があって素敵なんだけど、会議室は温度調整とかが難しくて、
毎回寒かったり暑かったり。でも今回は珍しく暑くも寒くもなくて快適だったわぁ。

こちらは同じく火曜日の国際交流館。お台場の船の科学館の隣。
121210イベントの建物

前の会議との関係で遅れていったんだけど、なかなか立派なシアターがあって居心地がよかった。
ただ、木材を使った心地よい空間なのに、手すりの下にはフワフワ埃がたまっていたりして、
「メンテナンスしてないでしょ~!」という感じ。
国の施設とか国立大学の建物とかって、本当にメンテナンスが悪いのよね。作りっぱなし。汚い。
でも誰も来ないようなところにあるトイレの暖房便座が最高温度で放置されていたりして。
ひたすら民間人の私としては、ひたすら腹が立つのですよね。

今回の政見放送、どれも何だかひどい猿芝居を見ているような気がする。
世襲するほど政治を「仕事」としているのだったら、もっとプロの発言をして欲しいですね。

それにしても寒い。今日も暖まったらさっさと寝ます。

足の裏から頭のてっぺん

穏やかな師走の日が続きますね。

昨日は年に一度の大きなイベント。
朝7時半に家を出てから、夕方6時半に会場を撤収するまで、ほとんどずっと立っているか歩いているか。
履いているのは、かなり足にフィットしたハイヒールのパンプス。
夕方5時過ぎまでは大丈夫だったのに、終了時間が見えてきた辺りでとにかく足が痛くなった。
足の裏が痛くて痛くて。
家に帰ってやっとの思いでハイヒールを脱いでみると、なんと足の裏に水ぶくれができかけていて、
とにかく足の裏をついて床を歩けない。
え~!?とお風呂に入って絆創膏を貼って就寝。

朝起きてみたら、足はかなり回復。厚手のソックスにスニーカーで足を保護して外出。

ところがね、気づいてみたら頭が痛いし、身体が痛い
しかも声がかなりかすれて喉が腫れている。出掛けている間も寒気がする。風邪だ!
というわけで、今は頭のてっぺんが痛いです。

足の裏と頭のてっぺんが同時に痛くならなかったのはラッキーでしょうかねぇ。

フェンスで枯れ果てた草。カラスウリ? 画像処理で遊んだら、なんだかわからなくなったけdl

121208カラスウリ

うわぁ....

いやぁ冬ですね。完全に冬支度で出掛ける日々。

それにしても、一週間以上間があいてしまってビックリ。
日々、道を歩きながら、あるいは仕事をしながら「お、このことをblogに書こう!」とか思っているのに、夜になるとあれこれしている間に寝てしまって。

この一週間にした事。
えーっと、金曜日には久しぶりの仕事先とのんびりと夕食と意見交換。おしゃれな恰好で出掛けるのも久しぶり?で楽しかったぁ。
土曜は、日帰り出張で、年輩(私より数歳上から20歳ぐらい年上まで)の男性陣を対象にした半日。
妙なところでこだわるから、いろいろと面倒といえば面倒。
とはいえ私も大人になったというか図々しくなったというか、結構押し切ってしまって終了。
帰り道、駅ビルの魚屋で「しらす丼」を発見。これでもか!という程の生シラスが乗っていて、
東京にむかう新幹線の中で幸せにお食事。まあこれが有ったから良しとしましょう。
日曜はひたすら仕事の資料を作っていたような気がするが....ちがったかな?

火曜は良い日だったのよね。
まず、省庁での打合せで、かなり前向きな状況がわかった。
次に、中途半端な時間調整にはいったカフェがとても心地よくて、食べそびれていたランチ代わりの
コブサラダもおいしいし、雰囲気良く2時間も居座って仕事。
その後、なんと志の輔の落語を聞いた。
楽しかったぁ!
やっぱり、話芸というものはすごいものですね。たたみかけてくるかと思えば、ささやくような声に思わず耳をそばだてて引き込まれ、思いもかけない間の取り方にさらに引き込まれ。
終了後に、久しぶりのSさんとのワインバーも楽しくて、家に帰ったら午前様。
こういうのも良いよね!

昨日、7時まで横浜で仕事をした後に、なぜか青山一丁目のイタリアンに一人で出向いた。
以前にランチに立ち寄った事が2回ほどあるこのお店、予定している忘年会の会場に使おうかと思って、
夕食の様子を知りたかったのよね。
お腹も空いていたし、たまには一人のイタメシも悪くないし、と行ってみたのだけど.....

お店、他に誰もいず。
結局最初から最後まで私だけ。食事も、まずくはないけど、取り上げて言うほどおいしくもなく。
味付けというか雰囲気というかが、ランチのままで夕食?みたいな感じ。
それにワインも相性の悪いのを頼んだのか、今一つ。
それにね、ランチの時は気にならなかったんだけど、改めて見ると内装もやや貧相。
ランチの時と夕食では、きっと見る目が違うのだとは思うけど。

ここを使うのは辞めました、ハイ。
それにしてもあのお店、あんなに誰も来ないのでは、やっていけないのではないかと心配です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。