おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よれよれ

さわやかな朝、湿度の高い昼間。

またハノイ。体調は今一つだわぁ。
睡眠時間をけずって資料を作り、朝5時半にタクシーに乗り、成田への電車でもラウンジでも機内でもひたすら仕事、空港からホテルへの車内とホテルのロビーでは明日からに備えて2時間も議論の嵐。
そりゃ疲れるわよね。

ルームサービスの夕食を食べながら数分意識がなくなって(つまり食べながら寝入っていたんですね)、気がついた時には頭が完全に空白で、一瞬焦った。
だって知らない部屋で、目の前で誰かがナイジェリアの農業大学での乱射事件?の話をしているし(BBCを見ていただけなんだけど)、しかも時間の感覚もなくなっていて。
「落ち着け落ち着け、そのうち状況がわかるからね」と自分に言い聞かせているのが何だか妙におかしかったけど。

部屋からの夜景。
DSCF1709res.jpg

「仕事先への移動が便利だから」と言われるままにとったこのホテル、景色は良いけど、周りはオフィスビルと道路と写真の湖だけ。
屋外プール(写真下の椰子の木のあたり)に屋内エクササイズルームが完備と言われてもねぇ。
コンシェルジェデスクで「どこかで雑誌、買えない?」と訊ねたら、「何の雑誌が欲しいの?」「特に干し芋のがないなら新聞ならあるよ」と言って渡されたけど....

何だかつまんないよぉ!と言っては見るものの、街歩きに出掛ける余裕もなさそう。
はぁ、よく働くプロジェクトだわ。

というわけで、そろそろ寝ます。おやすみなさい。
スポンサーサイト

風邪薬

今日は夕方から急に寒いぐらいになってきて、びっくり。

ひぇ~、と言いながら、日々資料作成。しかもこの先のスケジュールが、ひぇ~を5回ぐらい言いたい位、立て込んでいる。
なんなんでしょうねぇ。 別に仕事が増えた訳でもないと思うんだけど....。

今日は急に肌寒くなったせいか、それとも資料作成の時に歯を食いしばっているのか、頭痛がひどい。
もう痛み止めを3回飲んだし、後は寝ちゃうしかないかも。
うぅ~。

今日、テレビ会議をしていたんだけど、自分が映っているのを見るたびに「あぁ、髪の毛が変!」と思う。
こまったもんです。

一昨日、出先からオフィスに電話したら、スタッフがプリンタートナーを発注したと言っている。
このトナー、3000枚目安のものと8000枚目安のものがあるので、どっちを買ったかな?と思って訊ねたら
「8000枚用のリサイクルトナーが、3000枚用の正規品の価格より安かったので、それを買った」という。

うちのオフィス、機器にトラブルが出るとメーカーに頼るしかないので、純正品しか買わない事にしている。
それを知っているはずなのに、リサイクルトナー??と思って聞き返すと、「Amazonで、ちゃんとブラザー工業と
メーカー名が書いてある」という。
でも、正規品が15000円ぐらいするものなのに、このリサイクル品はたった2,000円だという。
どう考えても、同一メーカーが同時に売るものとは思えない。

とりあえず電話では「それはキャンセルして、正規品を買い直しなさい!」と指示をしたんだけど、でも気になる。

というわけで、自分で調査。

ブラザー直轄のオンラインショップでは売っていない。
他の通販サイトを見ても、似たようなリサイクルトナーはいろいろあるが、決してブラザー工業の製品とは一言も書いていない。

やっぱりあやしい!

結局、ブラザーに問い合わせを夜中にしておいたら、朝に電話が入った。
「うちはリサイクル品は出していません!」

そうよねぇ、メーカーが直接売るとしたら、たとえリサイクル品だとしても、まぁ定価10,000円、ってとこかなぁ。
正規品の2/3。プリンターメーカーは消耗品で稼いでいるんだからねぇ。
それにしてもAmazon、こんなに表記が曖昧でいいのでしょうかねぇ?

あぁ頭が痛い。考えがあちこちに発散するばかり。寝れば良いんだけど、どうも落ち着かない。

明日は、アポが一件もない。これがうれしいというよりも、この先3週間ぐらい全くこういう日がない、というのが悲しい。

おっと、最後に風邪薬の話を。

頭痛薬が切れかけていたのでドラッグに寄ったら、「今日のチラシに出ていたように、普段780円のバッファリン、480円です」と言われた。
え、大箱(小さい箱の倍の数はいっている)が1300円ぐらいするはずなのに、なにその値段!

と有り難くバッファリンを購入。そういえば風邪薬も切れているのよね、と言ったら、またも「チラシに出ていたこれは、1,300円が1,100円です!」と勧められた。
はいはい、わかりました、それにします、と購入。

今まで余り気にしなかっただけかもしれないけど、薬ってこんなに大幅な安売りをする商品だったの?
びっくりいたしました、ハイ。

漁夫の利

朝方の風は肌寒いぐらいだったけど、夕方はちょっとム~ッとして肌がべたつく。
でも、あの朝起きた瞬間から「暑い!」としか思えなかった季節ははるかかなたです。
あぁ幸せ幸せ。

最近よく仕事でいく会社がある。
かなりオシャレな作りで、一階の外の道から見える建物の角にも会議室があり、二面がガラス張り。
外から見る度に「あそこの会議室、かっこいいわねぇ」と思ってみていたんだけど、先週そこで打ち合わせをした。
わかったこと。

暑い。

午後になるともろに日差しが差し込むらしく、ブラインドを閉め切らないと、暑いしまぶしい。
打ち合わせの最中に日差しが動いたら、窓を向いて座っていた私の視線にもろに日差し。
「ブラインドを閉めた方が良いですか?」と訊ねられたので、「そうですね、今のままだと、あと少ししたら尋問を受けているみたいになりそうですし」と笑ったら、相手方の一人は理解して大笑い、もう一人は「はぁ?」との反応。
考えてみると、一般的じゃない理解だったかしらね。

そして今日。今度はまた、全く窓のない、でも天井が妙に高い部屋へ。
これまたムッと暑いのよね。天井にファンでもついていればいいのにぃ~と思いつつ会議。

この建物、まだもっといろいろな会議室があるのよね。明後日は大きなテレビ会議のある部屋でやるのが分かっているんだけど、私が楽しみにしているのは、二階の階段上にある、窓もあれば廊下側もガラス張りの部屋。
部屋が違ったからと言って話の進行が変わるわけではないけど、でも折角ならいろいろ経験しておきたいし。

今日のこの会議、テーブルの片側は、かなり「雰囲気」で話を進めるタイプ、もう一方は「論理」で話を進めるタイプが座っていた。

面白かったですよぉ、話のやりとりが。
片側から非常にゆる~い話が出る。まぁ言い方を変えると突っ込みどころ満載だけど、気にせず話している。
それを聞いている片側は、ムムム....という顔をしながらも、まずは黙って話を聞き、それからかなり気を遣いながら、突っ込みをしているようなしていないような、でもやっぱり突っ込みをせざるを得ないのよねぇ、という発言をする。
そうすろと、ゆる~い方は、突っ込みを感じないのかまたもゆる~い回答をする。とまた、もう片側がものすごく苦労しながらあれこれと「突っ込みと思われないような突っ込みをする」方法を試す。

いやぁ、どこまでこれが続くのかと思いましたよ。でも面白かった。
かなり進展するまで私は気楽な傍観者。
随分たって状況がかなり見えてきたところで、全体を俯瞰した発言で参加。
こういう立場って、実はジッと聞いているから全体整理がし易いし、だから妙にまっとうな発言にみえたりするのよね。
漁夫の利、ってこういうのかなぁ~。

実は準備には頭と気を遣いまくっていたこの会議、とりあえず今日のところはラクチン&ラッキー!で終了。


マンション理事会

今日はまた暑かったなぁ。というか、湿度が急に上がってね。

今日、今期初めてのマンションの理事会。
管理会社の報告を聞いていたら、お盆前の断水だけでなく、大雨の際にマンションの一部で雨水が溢れて冠水したとの話が出た。

他の理事の方達が質問をしているのだけど、どう聞いても管理会社の回答が的を外れているように思える。
だけど、質問をした理事の人達は、そのままで納得したようなしていないような顔でいる。
うむむむ.....

例えば;
断水の際には、本来はエラー信号が管理会社に行って、すぐに事故確認の人とかが配置される事になっているという。
「そう言う場合、理事長にはすぐに連絡が行くのが本来の決まりですか?」と理事長本人が質問。
今回は、理事長自身がたまたま気づいて電話したので、連絡の段取りが分からないので質問したと言っている。
だのに、管理会社の回答は、「はい、緊急時には、業者をすぐに現場に配置しますから大丈夫です。原因が分かったら理事長様にご連絡します」というもの。

理事長もだれもこれに質問を返さないけど、この答え、なんか違うよね?

もう一つ、マンションの敷地の一部が冠水した話の際。
これは、マンション一階住戸の庭の外周を走っている側溝から水が吹き上がるように溢れてきたのを、その住戸の人(たまたま理事の一人で、今日も出席)が見ていた上、その段階での水の流れを写真でも追いかけていてくれたので、かなり状況がわかっている。
簡単に言うと、その側溝から水が溢れて、マンションのピロティにある駐車場の中を流れ通り、その先にある階段を下って住戸側の玄関前に流れ込んで、そこを冠水させた、という状況。

だのに、管理街者側は「駐車場が冠水したのが問題」であり、「対策としては、側溝に住戸の庭から水が流れ込むように、側溝の庭側の側面をもっと低くする」と言う。

....問題の把握力に大いに問題がありそうな管理会社ですねぇ。

実は、今期、理事会で余り存在を示したくないので、大人しくしていようと思っていたのよね。
だから、よほどの話じゃなければ黙っていようと思っていたんだけど、上記のいずれも「よほどの話」に思える上に、他の理事もそれなりに質問をしたりしているんだけど、管理会社の変な回答(しかもかなりきっぱりと言い切る)に困った顔をするばかりで、黙っている。

というわけで、できるだけ大人しい質問をすべく努力しつつ、論議に参加。
「緊急時でも、とにかくマンションに業者が入って設備などを見るのであれば、事後でなく、事前に理事長あるいは理事に連絡が入っていないと困る気がしますけど....」
「駐車場は冠水していない、流れ通っているだけだ、という事は、先ほどから理事の××さんが繰り返し仰有っているし、ら写真でも明確に示されているようですが....」
「『側溝に水が流れない』ことが問題じゃなくて、『側溝から水が溢れている』ことが問題に思えるので、そうだとすると側溝の庭側の側面を下げたりしたら、問題を拡大するだけだと思いますけど....」
「そもそも、原因がわからないまま、対策だけとるのは大きな間違いをしそうですけど....」

理事全員、及び管理人のおじさん(この人も管理会社の社員だけどね)は皆「そう、その質問がポイント!」と頷いているのに、管理会社の担当の若いお兄さん、まるで理屈が分かっていなくて、必死に反論。
わけもなく「大丈夫です!」なんていうし。
しかも、側溝の中がどうなっているかの確認をしないとダメかも、という会話をしていると、突然「それではその件は、高圧洗浄の業者を手配する事で対応します!」なんて突っ走るし。
コンクリートの蓋を開けられる側溝なのに、状況確認もせず高圧洗浄って、お兄さん、難しい言葉を使えばいいってもんじゃないでしょうが。

結局、「側溝が流れないで溢れている可能性が一番高い訳だから、側溝の中の状況を少しでも確認しましょう!」と理事及び管理人で納得し、管理会社のお兄ちゃんも従わざるをなくなって、理事会の後にみなで側溝の状況確認に出掛けてみた。

一カ所の蓋を開けてみると、側溝の底に結構な泥がたまっているのよね。
皆で「これは、昔よくやったドブ掃除をすれば解決するかもね!」との話になり、通常の清掃業者さんにまずはみてもらう事で決着。

この管理会社に任せておくと、単純な問題が大ごとになりそうだわよ。

でも、こんな話にまとまった後、とにかく存在が目立たないように話を終わらせよう人知れず?努力していたのだけど、逃げ切る前に理事長さんに言われた。
「やっぱり建築士のせんさんには、次回の理事会にも是非いてもらわないと困りますよね!」

そこで建築士を出さないでぇ! 関係ないよぉ、建築士の仕事してないしぃ。
きつい事でもずけずけと口にするという点が、ちょっと(というか大いに)判断が危うい管理会社のお兄さんにたまたま効果があっただけなんですよぉ。

ボソボソと「10月の週末は出張が続くので次回の出席は辛いんですけど....」と言っているのも構わず、カレンダーが目の前に出て来て、「で、せんさんのご都合が付く日はどこですか?」って。
結局断り切れず、前日に出張から戻り、翌日また出張に行く、という唯一在宅の日曜日に次回理事会が決定。
そりゃこの危うげな管理会社担当者の動き、かなり不安だから、よく見ておかないととは思うけどね。
でも......しんどいよぉ。

でも今日の嬉しい発見としては、この春に交代した管理人さんが、非常に几帳面だし常識的な判断をしていろいろ確認もしてくれていること。これは本当に有り難い。少なくとも平日の昼間、何かあった時に「常識的な判断をしてくれる」ということだものね。

いや、マンション管理も大変だわね。頑張りましょう。

満月と日本語

とっても快適な日々。今日はきれいな満月だし。

先週、とある中欧の国の大使館の人に会った。
日本語をしっかりと喋る人で、外国人だとは分かるけど、まずはほとんど正確に話している。
すごいなぁ、と思っていたんだけど.....

その後、メールでの連絡が来たのを見て、本当に驚いた。

「貴重なご指摘を賜り感謝いたします。」「資料を添付致しましたので、ご意見をいただければ幸甚です。」
「ご多忙なことは十分に承知してますが、何卒宜しくお願いいたします。」

慣れない人が難しい言葉を調べて書いたような不自然さもなく、こんな言葉がきれいに綴られている。

ひやぁ~!
返事のメールを書くのに、えらく気を遣ってしまいました。品の良い日本語ってどんなのだったけ?なんて考えてね。


突然大学時代の友人仲間から、突然「歌舞伎に明日行かない?」とのメールが回った。
なぜか、多少でも見に行けるのが私だけだったので、三幕のうち、二幕のみ見に駆けつけた。
歌舞伎なんて、10年以上前に一幕だけ見たのと、子供の頃に何かで言った事があるぐらい。

でもね、何だか面白かったのよ。また見に行きたいわぁ、と思っています。

なんて、こんな予定外の予定を入れるからいけないんだけど、ここのところ、次々と「間に合わさないといけない仕事」の期限が立て続いて、1分は争わないまでも、15分単位ぐらいで時間を気にしながら仕事。
今日、とりあえず気になっていたものが一段落(少し先に棚上げ)とわかり、ほんの少しホッとした。
でも明日は久しぶりの新幹線出張、明後日も朝から食事会に出掛けて、その後マンションの理事会。
連休明けまでにまた仕事を一つまとめて、連休明けにもう一つまとめて、次の週末までにまたまたもう一つ。
ふえ~。
なんでこんな事になるのかしらねぇ。稼いでいる訳でもないのに、なぜか集中。
これも私の不徳がいたすところ....か!?

気分転換

ほぼ一日中、断続的なひどい雨と思い出したような雷の音。
午後には一度晴れたのに、また降ったり。それにしても良く降った事。

朝、ひどい雨音で目が覚めて、そのまま眠れずに本を読んでいたら、パシッという音と共に照明が消え、
一瞬置いて落雷。
なかなか凄い音でした。
で、つい「明るいから停電しても余り関係ないけど、ラジオを出さなくちゃねぇ」なんてめったに思わない事を
考えていたんだけど、「そうか、うちの漏電ブレーカーが落ちただけだわよ、きっと」と気づいた。
いつものごとく、モップの柄でブレーカーを上げようと配電盤に行ってみて、初めて気づいた。
やだ、漏電ブレーカー、背伸びすれば届くじゃないの。

今まではいつも夜に帰宅して対応していたせいか、配電盤って椅子によじ登るかモップの柄がないと対応できないと思い込んでいたのよね。
早朝の落雷のお陰で少し賢くなりました。
それにしても、このマンションに住んで既に10年以上。一体私は何を学習しているのでしょうねぇ。

あれもこれも、と仕事が立て込んでいる中、昨日は朝からしっかり遊びに出掛けた。
まず朝。アパレルメーカーのセール会場へ。
服を買うのではなくって、ハギレとか小物の処分を楽しみに行ったのです。

もう何回か行っているんだけど、洋服のコーナーの客層と、布のコーナーの客層が、かなりクッキリ違うのが毎回面白いのよね。
洋服の方は、形も品質も若い会社づとめの女の子が着るような服と、ちょっとおばさんっぽい、なんというか保険のおばさんが着ていそうな「ちょっと仕事着っぽい」スカートやジャケット、パンツ。なので、大半は若い女性、それに少しだけおばさん。どちらかというと、人が手に取っているものでも,ひったくって行きそうな人達。

ところが布のコーナーは、年代的には完全におばさん。おばさん力はやっぱりたっぷりなんだけど、皆、何となく
同類感があるのか、シャキシャキしていつつも、お互いに気を遣いながら品物を見ている。

布コーナー、実はちょっとしたテーブルの上と,後は椅子や床に置いた段ボールに布が入っているだけ。
そこに布好きがたかるから状況としてはなかなかすごいんだけど、不思議と嫌な思いをした事がないのよね。
毎回来ているらしい人が何人かいて(「私、前回は来れなかったから今日は一杯買うの!」なんて会話をしている)、
凄い勢いで見比べているんだけど、そんな知らない人同士の間でも、何となく「その布、私もさっき見つけちゃった!」とか「あらやだ、これコットンじゃないみたい」「あら、麻だったら羽織りものに気持ちいいんじゃない?」なんていう緩~い会話があって、結構楽しい。

というわけで、昨日は「家に山のようにあるんだから、布は買わないぞ!!」と心に誓いつつ、あれこれ眺める楽しむのと、時々自然に発生する近隣のおば様との会話は適宜楽しんで、最後に小物の詰まった袋(透明の福袋みたいな感じ)を一つだけ買って、終了。

その中身はこんな感じ。
IMG_20130914_102134res.jpg

実は写真に写っている以外にも、レースのテープ2本と幅広のグログランテープ、それに大きいのから小さいのまで
色々な大きさと形をしたクロームメッキの尾錠も入っていた。どれも黒っぽくて一緒に写すと可愛くないわ!と
仲間に入れなかったんだけどね。

こういう小物類、たま~に「そういえばグログランテープがあったよね!」とか言って引っ張り出す事はあっても、実質的に使う機会はかなり少ない。特にレースのテープなんて、自分の服に使う可能性はほとんどないし、子供服を縫う機会があるとも思わないし。
だのに、こういうのを並べて眺めているのが楽しいのよねぇ。「これは何に使おうか」とか「これを縫い付けるのにはどうやるんだろう?」とか、あぁでもないこうでもない、と考えるのが楽しい。
布地を眺める方がもっと楽しくはあるんだけど、布を眺め出すと机の上だけで事は済まなくなって、型紙も広げてみたくなるし、縫いたくなっちゃうし。
そう言う意味では、こうやって眺めて夢見るだけの小物類って、仕事に追い立てられている今の私にはベストチョイスだったようです。

それにしても、写真右下にあるレザーをカットした細いよれよれしたテープ、何に使えるのかしらね?
色は好みだけど、これだけはどうやっても使い道を思いつけないのよね。縫い付けて飾りにするにもヨレヨレだし。
編み物をするには量がすくないし、ミニバッグの取っ手にするには弱々しいし。

まぁ、どうでもいいことだけど、

それから、お昼は、代々木公園のベトナムフェスティバルに。
「ベトナムの食事をしよう!」と,先月のベトナムで一緒だった友人と出掛けたんだけど、日差しと蒸し暑さと人混みが半端じゃなかった。
もう少し涼しかったらもっと楽しかったのになぁ。
でも、現地では見てなかった工芸品や手芸品のお土産類とか、観光地の案内写真とか、かなり目新しい情報を獲得。
山岳地域の方を、観光で訪ねたいなぁ。

などなど、一日中、かなりの汗をかきながら遊んでしまいました。
あぁ楽しかった!

早くもう少し時間に余裕が出来て、まずは布遊びができるように早くなりたいぞ!
まぁちょこちょこはやっているんだけど、難しいワンピースとかに取りかかってみたいのよね。
いつになるか分からないけど。

まずかったよぉ~

結構暑くなった一日。

お昼に外から戻ってきて、オフィスに帰る前に近所の初めてのお店でランチ。
「手こねハンバーグ」におろしソースがけ、バターロールとフランスパンがつく、というのを頼んでみた。
古い店の店頭を改装したような小さい店で、駄菓子の置いてある棚の前に、簡単なテーブルと椅子が数セット並ぶだけの店。

ハンバーグにたっぷりのおろしが掛かり、ハンバーグの下に茹でモヤシと茹でエノキダケ、ほんのちょっとのポテトサラダが付いてきたんだけど.....

手こねハンバーグってのが、「もしかして材料は魚のすり身とチキンのすり身とつなぎとタマネギ?」と思うもの。
スーパーで売っている魚肉のハンバーグもどきみたいな感じ。
「久しぶりに肉を食べたい!」という思いでハンバーグを頼んだのに、なんだこりゃ。

それが一応は温かいのだけど、おろしだけでなく、下に敷いたもやしもエノキも冷え切っている。
なので、だべるとハンバーグの油がべとべとと口の中にもたついて、非常にまずい。

しかもしかも、ついてきたパン、非常に小さいバターロールとバゲットの一かけ、どちらも表面をあぶった跡がある。
食べてみると、パンが古い。それを誤魔化すために炙って暖めたのねぇ、というパン。

どっちを向いてもあまりにまずい。とりあえず冷え切った添え物を全てよけてハンバーグだけ食べてみたけど、
そうすると余計「魚のすり身とチキン味かも~!」という特徴が際立ち、スーパーの安物としか思えない。
仕方ない、とパンを食べようと思うと、やっぱり古いパンのにおいがしてくるし。

余りのまずさに、半分も行かない段階で席を立った。
ドッサリ残っている皿を見て不審そうな顔をした店員さん(多分コックの奥さん)に「このハンバーグ、材料は何なのかしら?」と訊ねたら、「え~っと」と、答える気がなさそうな反応。この後は沈黙。
「冷えきった添え物のせいで油がべとべとと口にまずいし、ハンバーグも魚のすり身みたいなつなぎが一杯みたいな気がするんだけど」と思わず言い足したら、また平然としたまま「そうですか?じゃぁお代はいりません」と言われた。

ムッとしたので「あら払うわよ:といったら、また平然と「では800円になります」って。
そう、これで800円。食事の中身に加えて、建物も設備もあわせて考えると、余りに高すぎる。
「お宅、いつからやってるの?」と聴いたら「もう3年もやってます!」と偉そうに言い返された。
あまりに偉そうに言われたので、まっすぐに顔を見ながら「そう、でも私には、とってもまずい!という食事だわ」と大人げない捨て台詞をはいてしまった。

それにしても、いかに冷静に考えてみても本当にまずかった。主菜からパンまで全て。
あれでやっていける理由がわからない。でも私は二度といかないのだけは確かだわぁ。

というわけで、食事が不十分だった私は、午後はオフィスにおいていたおせんべいをかじりながら仕事。
いやぁ、身体に悪い生活です。

夕方、会社近くの写真スタジオで、プロフィール写真を撮ってもらいに行った。
たまたま(イヤイヤ)イベントのスピーカーにならなければいけない事になって、しかも写真を載せると言われたのよね。
ここしばらくそう言う事がなかったので、そう言うのに使えそうな一番新しい写真が2005年ぐらいに撮ったもの。
2,3年前に無理矢理(笑)使った覚えがあるけど、さすがに今回は使えないよねぇ、と諦めて撮りに行ったもの。
今までは知り合いに撮って貰ったりして誤魔化していたんだけど、まぁ一度ちゃんと撮っておけば、また5年ぐらいは使えるし。

このスタジオ、150枚位をバシバシ撮って、データで渡してくれる。台紙に貼ったプリント貰うよりはずっと便利。
でも、150枚撮っても使えそうなのは数枚。私って、撮られるのが下手だなぁ、とつくづく思いました。
いえ、元が良くない、というのが一番の理由でしょうけどね。

でもね、このスタジオ、途中で着替えても良かったんですって。そんな事を知らない私、同じ服で向きを変えたりするばかりで150枚。そんな事なら3種類ぐらい服を持っていったのにぃ~。

これはとっても面白い経験でしたよぉ。

ハードな日々

今日はちょっと蒸し暑かった一日でした。

昨日今日と、まとめた文章を書きながら他の仕事も並行して進める、という事をやったら、あれこれと時間や内容で
追い込まれてしまい、ひどくハードだった。

頭が「もうこれ以上、どうしても働きたくない!」と主張。
頭の凝りをほぐす方法、誰かお教え下さい。

普段と違う帰り道を使って出会った、夜の畳屋店頭。
IMG_20130912_183105res.jpg

あぁ疲れた~

お祭り

湿度は高いけど、気温は随分と低めになった。

とはいえ、土曜日はしんどさに負けて、ほとんど何もせず。片付けと洗濯をしてから、昼過ぎまでベッド。
午後になって、妙な音が...と思っているうちに、お祭りの太鼓の音が連続してし始めた。
そう、この週末は近くの神社の秋祭り。

日が落ちてから、遠くに神社の賑わいを聞きながら、神社と反対方向へ買い物へ。
うちの町会の御神輿置き場の公園が、こんな具合になっていた。

御神輿不在130907

御神輿は留守。なので人気もほとんどなく、ただテントが明るくいるばかり。
こういう風景も悪くないものですね。

今日の昼間、出掛けるついでに神社を通り抜けてみたけど、妙に冷たい風と高い湿度のせいか活気が今一つ。
秋祭りが先週みたいに暑いのも変だけど、今日みたいな天気もなんだわよねぇ。

10月に一緒に仕事をするお願いをしていた人から、今朝メールが来た。
「とりあえずの資料を作ってみたので、意見を!」というもの。
まだザッと見ただけだけど、とっても立派な資料。それだけにコメントも大変そう。
それよりもなによりも、私はこの仕事の前に片付けなければいけない仕事が山積している。

見ないふりをしていた事実を突きつけられて、エ~どうしよう~!こんな資料を10月はじめまでにまとめるなんて、
私にはできないかも~!!、と、冷や汗をかきつつドキドキしていた日曜日でした。

まぁ一つずつ片付けるしかないのよね。
とりあえずの一つをさっき一段落させたので、次は明日の朝までに少しまとめなくっちゃ。
斯くも斯様に追い込まれている状態、やっぱり自分が悪いとしかいいようもなく......

素麺カボチャでマクドナルド

今日はすずしい、と予報は言っていたのに、湿度は高いし昼間は日差しがきついし、やっぱりしんどかったよぉ。

今日は、家から50分乗換無しに電車に乗り、9時半から会議。その次に11時からまた打ち合わせ。
最初のはひたすら黙っていて、二言だけ発言。黙っていればいい会議って楽だわね。
2番目のは、一対一で予想以上にバリバリと、私の苦手なLSIの話。これはハードだったぁ。

お昼に移動。途中でちょっと買い物をして、1時半頃に高田馬場へ。
遅めのお昼を食べた後、またもカフェに陣取って、4時のアポで使う資料を作成。
3時半にここを出て、近くのセルフコピーサービスを探してプリント。
4時から5時半まで初めての人と打ち合わせ。

これで終わって出てきたところまでは、まぁハードだったけど「満足できる一日!」だったのよね。

で、少しホッとして、古本屋を少し冷やかしたりした後に池袋へ。
デパ地下で野菜を見ていたら、久しぶりに「素麺カボチャ」を発見。わーい!と購入。
ついでにパンや他の食材も買ったりしたので、結構な荷物を持って副都心線に行くと.....

なんと人身事故の影響とかで、私が必要とする区間は一応走ってはいるものの、ホームに人が溢れているし電車が来る様子がない。
駅員さんに聞いてみても「しばらくはこの状態が続きそうです」という。
荷物は重いし、さすがに疲れてきたし、駅員さんに断って一度入った改札を出して貰った。

さて、どこへ行こう、と思ったら、もう歩く気がしない。
う~、と唸りながら地上に出てみると、マクドナルド発見。

ということで、かなりの気張った仕事着を着て、PCと書類の詰まったバッグ、それに素麺カボチャをぶら下げて、
マクドナルドへ。

仕事をしたり雑誌を読んだりしながらTwitterでチェックすると、いつまでも「途中駅で止まったまま」とか
「混んでいるのに各駅で止まってばかりで前に進まない」、「和光市行きだったのに池袋止まりになった」、
などなど、帰宅するには苦労しそうな話ばかり。

ということで、結局2時間もマクドナルドに滞在。
同じような事情で時間を潰している人も多かったのよね。
9時になった頃に、やっとTwitterの書き込みが間遠になったので、恐る恐る駅へ。

結局、次の電車まで10分近く待ったし、待っている間は「西武線乗り入れ」と言っていたのに、到着したら
「ただいま行き先確認中」とのアナウンスが入り、5分ぐらい止まっている間に和光市行き(つまり東上線乗り入れ)に変更され、各駅毎に「時間調整」といって何分も停まっていたけど、まぁ無事に帰宅。

なんだか変な一日だったわぁ。さて、そろそろ寝なくっちゃ。

汗をかきかき

朝夕は多少涼しくなってきたけど、やっぱりまだ昼間は歩きたくないなぁ。
今年の夏は、歩行者の交通事故が減ったとか。屋外に出る人が減ったから、というのが理由らしいけど、
よくわかるわぁ。家の近所も、週末ですら真っ昼間は子供の気配すらないものね。

身体が汗をかくのに慣れたせいか、とにかくここしばらく汗がとまらない。
もともとのひどい汗かきが、最大レベルになっている感じ。
まぁ毎年ではあるけど、エアコンの効いたところにいても、ふと気づくと顔ばかりか首筋を汗が流れる。
最近短めにした髪の毛の先から汗が垂れる。一対一で面談をしている時にこれはかなり辛いのよね。
余り汗を拭くのもなんだし、でも放っておくと「何事!?」と思われかねないし。
表を歩いたりしたら、ハンカチタオルがあっという間にびっしょに2なるので、ここしばらくは何と毎日3枚持ち歩いているし。
9月なのに、汗をかきかき、お仕事。しんどいよね。

今日は、マンションの理事会での新しい役職の引き継ぎがあり、バタバタと早めに帰宅。
話が終わって、「仕事があるけど、少し怠けちゃおうかなぁ」とテレビを付けた途端に、携帯に電話。
仕事の知り合いが「9月は少し暇だと言ってましたよねぇ~」といって、仕事の声がけをしてきてくれたもの。

これはこれで有り難いんだけど、実は9月、多少余裕が有りそうなのを良い事に、それなりに個人的な用事を
いろいろと入れている。
しかも、元々予定していた仕事に思っていた以上に手間が掛かっていて、既に仕事が積み上がりつつある。
うむむむ、でも断るのもできず、何とか受けてみたけど.....また体力勝負かな。
内容としてはとても楽しいものだから、頑張りましょう!

今日の夕空。
秋空かなぁ130903

この空を見ると、まだこんなに暑いのが不思議な気がするんだけどなぁ。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。