おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空会社の違い

屋外に出ると「暑い!」と思う一日。
早すぎるわよぉ。

出張の日程がなかなかまとまらず、フライトの予約を取っては放棄する、を繰り返してみた。
やっているうちに航空券の値段や仕組みがどうなっているか少しわかってきた。
やっと仕事の日程調整の方も様子が見えてきて、どこで腹をくくればいいかもわかって一段落。
そろそろ航空券を買ってしまっても良いかなぁ、と思っているところ。
なにしろ4月末の出張をキャンセル料まで払って中止しているので、今回はやや慎重に進行中。

今回は、中規模都市を二カ所回る出張。いずれも日本からの直行便がない都市。
なので、いろいろな国の航空便を使える。というか、どの国の航空会社を使っても、同じ程度に便利(=同じ程度に不便)。

少しでも安く、且つ少しでも楽な環境で飛びたいから、とあれこれ調べてみたんだけど、わかったのは
「航空会社毎に、おどろくほど異なる仕組みを持っている」ということ。

JALとANAでも、ずいぶん違う。
JALでは、オンライン予約でも「プレミアムエコノミー」クラスを取ることができる。
つまり、それだけプレミアムエコノミーが正式なクラスになっている。
でもANAではオンラインではとれないし、座席数も少ないみたい。なんだか今ひとつ位置づけ不明な座席クラスに見える。

これがルフトハンザだと「今年12月にプレミアムエコノミー登場!」とアナウンスしている状況。
10年ぐらい前までは何回かルフトハンザを使っていたんだけど、あの体の大きい人たちが乗る機材とは思えないほど、座席が狭かったのよね。それなのに、やっと今になってプレミアムエコノミーかぁ。
これに対して、エールフランスやKLM、BAはJALと同じような感じでプレミアムエコノミー座席がある。

また、予約や購入の仕組みも大きく違う。以下、いずれも「最も安いエコノミーチケット」の話。
JALはネットで「予約」すると、三日後(日時が近づくと二日後)が、購入期限(これを過ぎると予約は取り消される)。
ANAは同じように予約すると、購入期限が二日後。日時が近づくとなんと翌日。ちょっと早すぎるわぁ。
どちらも、購入した上でキャンセルする場合は、3万円(欧州便)を支払わないといけない。

これに対して、欧州勢はもっと複雑。
BAは、JALやANAと同じような感じで、キャンセルも同じようにキャンセル料を払えば終わる。
ところが、ルフトハンザは「一度買ってしまうと、基本は返金なし(税金などは返ってくるけどね。)
で、ここまではオンラインの画面上でとってもわかりやすく確認できるんだけど、エールフランスとなると...

ネット上では「条件付きチケットの場合はキャンセルや返金ができない時がある」という程度しか書いていない。
念のために問い合わせてみてびっくり。
「行きの便は1万5千円で変更可能。キャンセルの場合は3万円」
「帰りの便は変更もキャンセルもできず、したがって返金もなし(税金は戻るが)」
との複雑な構成になっているとのこと。
ここまで電話担当者が調べるのに30分。「これって、オンライン予約の画面に書いてある?」と尋ねたら「複雑なので書いてありません」とのこと。
でも、こういう条件を客に確認させずに購入させてしまうと、あとあとトラブルだと思うんだけどなぁ....私は、確認できなければ買わないから、結局こうやってカスタマーサービスを騒がせるわけだし。
さらにここで「料金は全行程に対するものしかないんだけど、行きと帰りの金額の切り分けって、どうなってるの?」と尋ねたら、さらに調べるのに一時間も費やしてから電話がかかってきて教えてくれた。
エールフランス、ちょっとまずいんじゃないかなぁ。
で、KLMも同じような料金システムを使っている様子なんだけど、こちらは少なくとも変更・キャンセルと返金の基本は金額を含めて書いてあった。

で、KLMがおもしろいのは、いろいろなものにオプショナルフィーがかかること。
「座席を事前に予約する」というのにもお金がかかる。もちろんエコノミーの座席指定は一番安いけど、これも「非常口席」とか「通路側」とかはそれぞれ高い料金が必要。しかもこの段階で、ビジネス座席まで手配し得る。つまり「ビジネスクラスの座席は、10数万円の座席指定料金で座れます」ということ。
ある意味、非常に合理的と言えば合理的よね。
言ってみれば、LCCみたいな感じ。
LCCだと、チェックインバゲージも座席指定も、クレジットカード利用の手数料まで払わされるけど、KLMはさすがにそこまではしないけど。

ついでに、KLMは「発券をすぐせずに、予約だけしたい」場合も、お金がかかる。
すごい!!! さすがオランダ、ビジネスでしっかりしてる!!

ということで、こうやって比較してみると、JALが一番顧客に優しいかもしれない。
カスタマーサービスの電話にでるスタッフもしっかりしているし、値段も悪くないし、機材もここのところ新しくしているし、もちろん客室乗務員もしっかりしている上にフレンドリーだし。
数年前までは、「JALは条件ばかりつけるし値段は高いし、嫌い!」と言っていたんだけど、やっぱり一度潰れかけた経験が効いているのか?
まぁ直前にすべて決まった上でその場でチケットを買うような場合だったら、明らかに値段が安いところを買っちゃいそうだけどね。

ということで、しょうもない知識をここ数日で得てしまいました。
こんな知識、役に立つ事なんて滅多にないのにねぇ....

スポンサーサイト

あぁ痛いなぁ

とってもよい天気。
年恒例の大学時代のクラブ同期の集まりで八ヶ岳山麓の原村に。
首都高から中央高速が渋滞したけど、天気も良く、富士山も八ヶ岳も南アルプスも綺麗に見えていたし、何よりも大学時代の友人達に会えたのが楽しかった。

でも。

昨日の昼からどうもおかしいと思っていたら、夜になってひどい腰痛に。
とりあえず10時にもならないうちに痛み止めを飲んで横になり、1時半頃まではうつらうつらと寝ていたんだけど、結局痛さでいらいらして起きてしまい、明け方の5時まで寝られず。
5時から一時間だけ、四角い椅子の上で体が動かないようにして睡眠。

今日の原村もやめようかとも思ったが、友人達に会ってのんびりする機会を逃すのが悔しい....。
行きは、大きな車で拾ってもらうことになっていたのでこれは何とかなる!と、出かけてしまい、
夕方に、スーパーあずさで帰京してきた。

楽しかった! でも、帰りの新宿駅の混雑がしんどかったぁ。

明日はとにかく安静にすごすぞぉ~、と思いつつ。

今日の原村のカフェにて。
IMG_20140524_152202_R.jpg

スマホでもこれだけ撮れてしまうのって、うれしいような悲しいような。

GW後半に行った、新潟県の津南と十日町の写真を下記に沢山アップしました。
 越後早春 2014年

選ぶ気力もなく、手ぶれやピント外れがないものはほとんど上げてしまったのよね。
なんともはや....

値段と算数

かなりの日差しと気温。でも湿度が低いから心地よいのよね。

土曜は中学の同窓会。
3年半ぶりの同窓会だったけど、どうしても誰だか思い出せない人がいる...と思っていたら、講師できていた先生だった。
私がちが中学生の時に、大学出たてでミニスカートをはいて講師に来ていたかっこいい女性。
もう年の違いがわからないほど。そんなもんなのねぇ。

でも受付で名前を言ったら、「あぁ、●●ちゃんね」とあっさり言われて、なんだかうれしかったわ。

季節を逆行させるけど、GW後半の十日町のブナ林。
IMGP5767BL_R.jpg

「美人林」という名前の通り、非常に素直に立ち並ぶブナ。しかも新緑がすばらしい。

この新緑の濃淡がみられるのは、一年の中でもほんのしばらく。みられた私はラッキーです。
IMGP5793BL_R.jpg

でもね、いろいろ絞りや露出を苦労してこれを一眼レフで撮った後に、コンデジで適当に撮ったら、こんなに明るいくっきり写真ができちゃうのよね。
DSCF5548_R.jpg

まぁこのコンデジのレンズが明るいものだから、というアドバンテージもあるんだけど....このコンデジで写真を撮るのって、何か「ずる」をしている気がしてしょうがない。
まぁ綺麗に撮れる、といって文句を言っては罰が当たるんですけどね。

話は変わって。

今日、閉店間際のデパ地下で、もう面倒だからとお寿司を買おうとみていたら、
店員さんがやってきて「もう最後だから、このシラス丼は二つで540円、こっちの本マグロの握りは三つで1,080円にしちゃうよ!」と私の目の前で言った。
でも、そんな同じものをいくつも買ってもしょうがないので、「このシラス丼と握りを一パックずつだといいなぁ~」とおばさん力を発揮。
この段階で、すでに私は計算を放棄して、単に「手頃な値段になったらラッキー」ぐらいの乗り。
でも当然店員のお兄さんは一生懸命考えるんだけど、あちこちから「これいくら?」と尋ねられて、彼もややパニック。
私が「計算、むずかしいから私はできないわぁ」と茶々を入れたら、「じゃぁ、両方一つずつで540円!」と言ってくれた。

よくわからないまま、なんだか安くなったような気がするわぁ...と買ってきたんだけどね。
やっぱりこれ、お兄さん、思い切り安くしちゃったのよね。
というか、手元に「540円」というのと「1080円」というラベルを持って来ちゃっていたので、他の値段にするのが面倒だった(すでに閉店間際で時間もなかった)ということだと思うんだけど、おかげで私の後に何人も一つずつの組み合わせでお買い上げ。あっという間にケースが空に。

私、良いことをしたのかしら、それとも悪いことしちゃったのかしら?と思いつつ帰宅いたしました。

もう一つ、これも値段の話。

国際線の飛行機に乗る時、航空会社によっては「当日、空港でチェックインの際に座席が空いていたら、有料でアップグレードが可能」というシステムを持っている。
たとえば、欧州線では大体3万円ぐらいを払うと、エコノミーからプレミアエコノミーにアップグレードできることがある、という話。ビジネスへのアップグレードは10万円ぐらいかな? これはやったことがないのでわからないけど。

で、このシステムを全日空もやっているかどうかを調べてみたら、こんな表記があった。

「ご出発当日ANAグループ運航便のエコノミークラスが満席の場合に、空港にてエコノミークラス運賃で予約・購入済みのお客様を対象に以下の当日アップグレード付加運賃をお支払いいただき、ビジネスクラスへ搭乗されるお客様を募集することがあります。」

....パッと見た感じでは新たな可能性を示しているような感じなんだけど、じっくり考えてみると今ひとつ不思議な状況。
「当日にエコノミークラスが満席の場合」という条件の下、この話を誰に対して募集するのだろう?

通常、エコノミークラスがオーバーブッキングで満席になると、これは航空会社側の運営問題だから、顧客に対して無料でアップグレードの提案をする。
これは、「会社のミスだからごめんなさい、アップグレードするから許してね!」という話としてわかる。

でも、同じ状況で「アップグレードするから、追加料金を払ってね」といっているように見える全日空のこの表記、不思議。

別の問い合わせがあって全日空に電話したので尋ねてみたんだけど、電話に出たカスタマーサービスの人も(わざわざ調べてかけ直してきたぐらいなのに)、やっぱり「そうですね、オーバーブッキングの際に募集させていただくみたいに見えますね...」と悩んでしまった。
まぁそれ以上確認してもらう必要もないだろう、と話はそこまでにしたんだけど...これって何か変じゃないかなぁ。

実は今、国内出張と海外出張のフライトと宿の手配で四苦八苦。いったいどの手配を済ませたのか、予算がどうなっているのか、もう混乱しまくり。
相手のある話でまだ確定していない予定をにらみながら、でも早く決めないとチケットがどんどん高くなるし....
コストを気にせずに正規料金でチケットを買って出張する!なんて、準備の気楽さがなんともうらやましいです。

ドレスコード

心地よい気温の日が続いてます。毎年のことだけど、「夏が終わるまでずうっとこうだと良いのに」と思ってます。

昨日、ある大使館のレセプションがあって、でかけてきた。
会場は大きいホテル。少なくとも200人はいた立食パーティ。

ドレスコードは「インフォーマル」だったんだけど、特に女性は本当にいろいろな服装があった。
ロングドレスもいたし、スパッツにひらひらのチュニック、というスタイルもあり。
年配の女性の場合は卒業式に出ている母親のようなスタイルも多かったけど、シンプルなワンピースもいるし、
レースのブラウスにスカートとか、着物地のカフタン風ドレスとか。

一人で参加して知っている人もほとんどいなかった私、知っている人と話した後は、適宜料理を食べては、グラスを手に持って会場内をうろうろ回遊して、皆の様子や洋服を見て回っていた。
「あら、着たいわ!」という服はあまりなかったけど、すてきに装っていらっしゃる70歳ぐらいの女性や、すごく品良くワンピースを着こなしていた若い女性とか、それなりに楽しんでしまった。
あと、日本人だけでなく軍服?を着ている人がずいぶん多くて、日本人の場合は自衛隊だと思われるけど、後はどこの国かも今ひとつわからず。
日本の制服の胸に、小さなカラフルなタイルのような徽章が並んでいて、じっと見比べたくなって困ったわ。

で、私は、下記のカジュアルな服装。綿ツイードのスカートに、透けるポリエステルニットのトップ。どちらもすごく簡単なデザインで縫ったもの。
紺トップ&ツイード

一応これにバティックのストールをしてごまかしていたんだけど、まぁ心の底では「こんなにいい加減な服を着ていて良いのかしらねぇ~」と多少のためらいはあったんですよね。

でも、こういう自分で縫った適当な服を着るのをやめようとは思わないのよね。
やめるのではなくて、まともな服装に見えるようにするために、「まともな仕立てのジャケット」や「生地やデザインに高級感のあるスカーフかストール」を持っておけばいいかしら、って。

でも、ドレスコードのインフォーマルは「何でもOK」の理解で良いとして、「セミフォーマル」と言われたらどの程度でまとめるのか。
あまりそういう機会もないけれど、難しいわね。ロングドレスではないけれど、品の良いドレスワンピースとか、柔らかい雰囲気のツーピースぐらいかしら?
そんな洋服、持っていたかしらねぇ.....

Suica

暖かいというよりも暑い!と思っていたら、狐の嫁入りのにわか雨。
夜は涼やかな風が吹き抜けていて気持ちがいい!

今日、御徒町経由で東京駅の新幹線に乗ろうと移動。
ところが、御徒町から山手線で東京駅に着いてみると、Suicaが見つからない。
バッグをひっくり返してもでてこない。

新幹線の時間も迫っていたので、あきらめて駅員さんに相談。
御徒町からの精算をしてくれれば良いといってもらい、ついでに忘れ物の連絡先の電話番号を書いた紙までくれた。

で、その紙をバッグにしまおうとしていたら....手帳の間からSuica登場。
時間がなかったので、そのままで新幹線に乗ってきたのだけど....

名古屋で会議、その後のぞみの最終まで皆で飲み、「名古屋駅まで全員で走っていってみると.....
新幹線発車まであと3分!といって到着したのが、在来線の改札経由での乗り場だった。
つまり、新幹線用のICカード以外に、Suicaがないと改札に入れない。
でも、私のSuicaは「御徒町で乗ったまま、下車していない」という状況なので、ぐだぐだしていると間に合わない。

「え、私、今日はSuicaを持っていないの!」と話を単純にして言ったら、一緒に走ってきた一人が、自分はJRの乗車券を持っているから、とSuicaを貸してくれた。

有り難くこれを使って在来線の改札に入り、新幹線への乗り換え改札を抜け、その段階で返却。

新幹線には無事に乗車。

あぁ難しかった。とにかくこれで東京に帰れるわ。

シダの若芽。
DSCF5484BL_RBL_R.jpg

このクルクルが好きなのよね。

連休が終わったのに

風がビュンビュン吹いている宵。何となくすっきりしない天気だわね。

連休の中三日も何となく過ぎ、後半の4連休も終わってしまった。
終わったとたんにバタバタと仕事。まぁこんなものか。

連休中、一泊で越後の十日町の温泉に行き、雪の残る地域の新緑を楽しんできた。

今ひとつ地理的位置関係がわかっていない地域だったのだけど、苗場の裏側が志賀高原や野沢温泉につながっていく地域だとわかり、なんだか少し世界が広がったような思いがしているところ。

その苗場山の裏側のあたりは、新潟県から長野県につながっていく豪雪地帯。
それは知っていたのだけど、知らなかったのはこのあたりは柱状節理の河岸段丘と、急な斜面の棚田がたくさんあること。

これは石垣田といわれていた棚田。明治時代に荒れ地の開墾をした際に、出てきた岩を積んで棚田を作ったということらしい。

IMGP5640asis_R.jpg


まだ水も張られていない田んぼのそばに浅緑色に変わりつつあるが木々が、「里の春」という言葉を体現しているようだった。

たった二日間だったけど、良い空気と心が洗われる風景で、暑い夏に向けた力を少し蓄積したかな。


帰り道にスマホでニュースをみていたら、理研が記者会見をしたという。
調査報告書の内容を見て、笑った。

あの疑惑のデータ、なんとNatureに採択される前に、あちこちのジャーナルに投稿して拒絶されている。
で、そのすべてに同じ疑惑のデータを使っているとのこと。
つまり、「たまたま間違えた」なんてレベルではないことは誰がみても歴然。

にもかかわらず、その状況に反する主張し続けて不服を申し立てている人間って、どういう頭をしているのだろうか。
完全に事故破綻ではないのかしら。

しかも、噂のノートの一部が公開されているというのでネットで見に行って、思わず大笑い。
小学生の「夏休みマウス観察日記」の方が、よほどまともに記録がなされているだろうなぁ、って。

ノートの提出を嫌がったのもわかるわねぇ。
なにしろ、メモ書きみたいなものが書かれているだけ。
「××かくにん! よかった。」というLINEのメッセージみたいな表現はあるけど、
まともな実験条件も結果も何も書いていない。

これを使って「実験の実施を証明するもの(詳細は書かれていないけど自分はわかる!みたいな主張)」といわれてもねぇ.....

こんな研究者が遺伝子の研究をしていたと思うと、マッドサイエンティストとはまた違う意味で、怖い。
マッドサイエンティストはまだ本人の「思い」があるわけだけど、こういうとてつもない研究者もどきは、何も考えていないままに恐ろしいことをしかねないものね。
こんな研究者がトップレベルの研究機関にいたという事実に背中が寒くなる。
危険な材料も扱うし、その研究結果が今回のように(間違って)妙な影響を持ってしまうと、国の方向すら間違えかねない。

こういう研究者というか社会人が出てこないようにする教育って、どうしたらいいのかしらね。


この話、念のために繰り返しておくけど、もちろん理研も研究者雇用や管理に問題があるわけだし、副センター長やその他の共著者もそれぞれ問題を抱えている。
でもね、研究者としての最低条件である論理性や研究手法、マナー、倫理性。
いずれをとってもこんなに低レベルである、ということは、やはり本人の問題。

それにしても、今日の理研の発表は、今まで以上に小保方氏のレベルの低さを明らかにした。
彼女、弁護士まで立てて何のために何を争っているのかしらね???


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。