おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空会社のおまけ

身体が慣れてきたのか、そこそこ寒くてもどうってことがなくなってきたような。
でも年末の寒さです。
インフルエンザはあっという間に治ったけれど、一昨日あたりから腰の痛みが出てしまっている。
動けないほどではないけれども、動くと痛い。
この時期の腰痛、仕事の日々に出るよりもしんどいわよね。

秋にカタールに出かけた時、当初はカタール航空で手配をしていたので、今でもメールニュースが届く。
そのうちの一つを見て笑った。
だって、
「カタール航空のウェブから航空券を購入した人には、抽選で、カタール航空のデスクカレンダーが当たります。」
を売り文句にしているんだもの。

それまでオンライン購入をしていなかった人(つまり、代理店とかに任せちゃうタイプの人)で、おまけで付いてくるカタール航空のデスクカレンダーが欲しいから、とわざわざオンライン購入する人って、どのぐらいいるかしらねぇ??????
しかも、全員がもらえるわけではなくて、抽選ですって。

そのメールのずっと下の方に「オンラインで購入すると、ボーナスマイルが付きます」とあるんだけど、まだこの方が「カレンダーがもらえるかもしれない」よりもずっと魅力的じゃないかしら?

そういえば、新年の出張に使うフライトが、ちょうどJALの特別キャンペーンの対象らしくて、成田までの片道に車を出してくれるらしい。
そもそもこの「限定顧客対象の特別キャンペーン」になぜ私が対象になっているのかもよくわからないのだけど、まぁラッキーと思って使うことにしている。こういうおまけが付いてくる事って、滅多にないものね。
このキャンペーン、今年の2月に台湾に行く時もやっていたんだけど、台湾は対象地域じゃなかったのよね。
なので、来年は新年からちょっと嬉しいおまけをもらえます。
だって、出張から帰ってきた日は、早朝に成田着で、その日の夕方にはまた新幹線で夕方からの仕事に向かわなければいけない。つまり、スーツケースを家に一緒に持って帰りたいし(通常は空港から家に宅配を頼む)、家までとにかく楽にかえって出張荷物を取り替えたいわけ。こういう時ぐらい、楽チンをさせてもらってもいいわよね。

そういえば、この出張、国の関連機関の仕事で行くので、その機関の定める等級に応じて旅費などが支給される。
この等級を決める基本は大学を出てからの年数。これがいつのまにか、た~っぷりあるのよね、私。
この機関の担当者と旅行代理店のやりとりメールを横から見ていて、私が「特号」という等級に当てはめられていると知った時は、PCの前で大笑いしちゃった。
だって、これ以上ないほど高齢である!って言われたみたいなものでしょ、これって。

確かに日常では自分の年齢を忘れがちな環境で暮らしているけど、なにもこんなところで思い知らされなくてもいいわよねぇ~、と愚痴ってみたりしてね。

今年もあと一日。あれもこれも積み残しているけど、頑張って年を越しましょう!
スポンサーサイト

湯たんぽとLINE

晴れていた朝からいつの間にか曇りがちの冷たい夕方に。

怠け癖がついた。
朝ご飯を終え、メールの処理などを済ませてお茶を飲んで、ボーッとワイドショーを見て...としているうちに、妙に落ち着いた気分になり、そのまま眠くなる。
特に今日は、ちょっと胃が落ち着かなくて背中がスースーするから、と湯たんぽ(電子レンジで温める保温材タイプ)を背中に当ててベッドに入ったら、非常に気持ちよく、まだ朝だというのにぐっすり寝入ってしまった。

と、スマホがピヨピヨ言う音で目が覚めた。
ある仕事のプロジェクトチーム(クライアントを含めて4名)でLINEのグループを作っているのだけど、そこに次々にメッセージが。
まず、1月6日と7日にあれこれとアポを入れるが良いか、という問い合わせ。
次に、具体的に5つぐらいのアポをお願いできそうだ、との連絡。
さらに7日は朝から動きたい、との連絡。

私の対応すべきは7日のアポだけど、6日の夜は外せない新年会があるため、午前中から動くのはかなり厳しい。
これはまずい!?と、慌ててフライトの時刻表や乗り継ぐバスや列車をPCで調べ、「6日の夜に羽田に泊まることにすれば、午前中に一件のアポは可能だが...」とのメッセージをやっとタイプし終えようというところで...

すれ違いに「7日午前はせんさんが駄目なはずだから、外して欲しい」とのメッセージと、それに答えて「了解。では7日は午後からの調整をする」との返事が飛び交う。
え、私のメッセージ、既に季節外れ??と思いつつ、送信。

と思う間に、「では8日午前にもアポを入れるが、大丈夫か」との連絡と、「既に確認しているせんさんのスケジュールではそれはOKなはず」との返事、さらに「了解、ではそれで進める!」とのやりとりが、なぜか私の目の前をまた交叉して飛ぶ。

完全に置いてけぼり。

「いずれも了解」とメッセージを入れた後に、なんだか悲しくなって、「皆さん、なぜそんなに返事が早いの? 落ちこぼれる!」と放り込んだら、あっという間に、ジェームズ(金髪のおしゃれ男子)がカッコつけてるスタンプが返ってきた。

みんな、スマホをずっと見てるの~???

しかも、このやりとり(プロジェクトチーム内のみ見える)に並行して、クライアント組織内にまわす電子メールが次々に話を内容を正式にしたものとして飛び交っている(主に発信しているのは、クライアント側の非常に有能な若い担当者。)
だから、メールも受信し、添付ファイルも確認しながら、LINEのやりとりをすることが求められている。

昔から、こういうことには素早く対応できる方だったんだけど、さすがにそろそろ「付いていくのがやっと」になりつつあるような気がする。
気がつかないうちに置いてけぼり、というのが一番怖いわね。
なにしろ、情報が命!の世界で生きてるからね。
情報理解の早さと活用のユニークさで売っているわけだけど、そもそもの情報入手で出遅れていては、どうしようもないしねぇ.....

でも、湯たんぽに背中をくっつけてボーッとしているのは、とても心地良いのよね。
あの心地よさと素早い情報対応の両方を一度に得られるといいのにね。


とはいうものの、これだけのやりとりを、電話代すらかけずに済ませられるってすごい。

自宅謹慎のクリスマスイブ

つまらないよぉ。
贅沢を言うようだけど、寝るのにも飽きたし、と言って、片付けをしゃきしゃきし始めたら、一時間ほどで目眩がしてきて継続中止。
うぅむ、中途半端だ!

と思っているところに、宅急便が到着。
入っていったのはこれ!

IMG_20141224_192411-crop_R.jpg

ちょっと分かり難いけど、藍染めのおしゃれなエプロン!
友人が、妻籠宿を訪ねたら見つけた、といって送ってくれたもの。
このエプロン、向かって左側の肩紐は二本に分かれているし、前裾もラップしているし、とってもおしゃれ。

「うぅむ、これは、年末にしっかり働きなさいよ!という忠告かしら?!」と思いつつも、とってもうれしく受領。

明日は、電車の空いている時間帯にマスクをしてオフィスまで行く予定。
怠け癖が今から付いたら、年末年始の休み明けにどうなることか、心配!

もどきが本当に

ちょっと暖かくなっていたような気がする休み。

昨日、風邪っぴきでマスクをしたまま会議に出かけて、帰り道に、近所の医者に寄ってみた。
一昨日の休日診療では、一日分しか風邪薬をくれなかったのよね。

検査好きのこの医者、予想通り、「風邪」と言っただけで、何も言わずにインフルエンザの検査とレントゲン。

そうしたら、なんとインフルエンザA型と判明!
「熱が大してでなかったのに」と質問したら、これまた予想通り、とくとくとした顔で「同じA型でも、いろいろあるんだよ!」と語ってた。

というわけで、金曜から怪しげ、土曜から体調不良だったのに、月曜の夜になってインフルエンザの薬を飲む羽目に。
飲むのが遅すぎるんじゃない?と思ったけど、まぁいいか。

今日も、本を読んだり寝たりして一日を過ごしたけど、なんだか勿体ないばかり。
頭痛が少し残っているのが鬱陶しいけど、家の片付けに着手しましょうかね。

もどき

寒い? そうでもない??

金曜の夕方から風邪気味?と思っていたら、昨日から少しずつ悪化。
なんとなくの頭痛、少しずつ増える身体の痛み、出だすと止まらない乾いた咳。
熱は微熱だから、と昨日は寝ていたんだけど、今日は身体の痛みも本格的になったし、もしインフルエンザだと明日のミーティングをキャンセルしないとまずいし、と、区役所の休日診療に行ってみた。

「熱が出てない? じゃぁインフルエンザの検査は出来ないし、多分風邪だね」と2分で終了。
一日分だけ薬をもらって帰ってきたけど、帰り道も身体が痛くて頭がボーッとして、グズグズ歩く。

インフルエンザでも何でも良いけど、熱がしっかりと出てくれた方が身体が楽になりそうな気がするのよねぇ。

薬を夕方に飲んだせいか、さっきから鼻がズルズルし始めて、くしゃみが止まらない。
くしゃみが出る度に、ぎっくり腰になりそうな衝撃。

早く治れ~!

関ヶ原にて。
IMGP6117-crop_R.jpg

この週末は縫い物をしようと思っていたのに、寝込んでしまったのが悔しいぞ~。

想像力

寒い寒いというのにも飽きてきたけど、やっぱり朝方の寒さはなかなかのもの。

今週は、霞が関に通ったのと、資料を次々に書き直している間に終わった気分。
二日間、全く別の仕事で霞が関を訪問をし、二日目なんて終わった後にまた別の省庁のカフェで打ち合わせをしちゃったし。

ちょっと疲れたなぁ、と思ってみれば、今日の午後から新幹線の往復をしていたのよね。
このパターン、まともな夕食を食べられないのが悲しい。
明日の朝ごはんは、しっかり食べるぞぉ!

相変わらず琵琶湖の沖島写真ですが。

どうみてもヨーダ。
IMGP6220-crop_R.jpg

見るたびに笑ってしまって、気分がなごむわぁ。

いやだいやだ病

寒くて冷たくて、の一日。
朝からニュースで脅かされたので、長めのウールのスカートにタイツ、ウールのタートルニットに圧縮ウールのジャケット、その上に綿入れコート、リストウォーマーにスカーフ、とたっぷり着込んで出かけたおかげで、寒さは感じなかったけれども、暑さも感じなかった。
これ以上寒くなるようだと、何年か着ていないロングのオーバーコートを出すしかないんだけどなぁ....

クライアントが来年の予算を確保するための提案書を明日までに提出する、というのに付き合って、この週末から行ったり来たりの資料作成をしている。
今日も、午後の会議の途中で、「予定外だけど、明日朝一番の役員会議で議論してもらえることになったので、何とか対応したい!」という連絡が入り、4時から6時まで、霞ヶ関ビルのカフェに居座って作業。
全体のストーリーを考えて、そのコンセプトをポンチ絵に展開し、コンセプトイメージを見ながらまたストーリーの文章を考え直し、また絵を書き換えて....という作業を、既に何回繰り返したことか。

とりあえず明日の朝までの準備は終わったんだけど、そうしたら、「ついでにお願いできないか?」と言われたのが、ちょっと異なる提案のポンチ絵づくり。
いいですよ!と答えたものの、どうも身体がこれ以上のポンチ絵作成をいやがっていて、帰宅してからは、妙なところの片付けをしたり、急がない仕事のメールを書いたり。
これを、いやだいやだ病、というのよね。
このままだと進まないので、今日はもう寝てしまい、明日早起きすることに致します。

ポンチ絵を描くのって、うまく掛けた時の満足感が好きだし絵を描きながら気がつくことも多いから、基本的にはかなり好きなんだけど....しかも、このクライアントとはすごく良い関係を持っているので、まったく障害はないはずなんだけど.....いやだいやだよぉ~!

ということで、おやすみなさい。


カーテン

寒い! 一番寒い日!という気温。まさかこれがもっと続くのかと思うと、ドキドキ。

週末、出かけた先にインテリアファブリックメーカーのセールがあったので、仕事机用のミニカーペットでも買おうかしら、と立ち寄ってみた。
思っていたほどカーペットがなくて、がっかり。
すぐに帰ろうと向きを変えてみたら、床の上に大きな段ボール。
そこから、いろいろな布があふれている!

布好きとしては、用事が無くても近づいちゃうわよね。

いろいろなカーテンの端切れ。端切れと言っても、いずれも3m位ある。
超高級品ではないが、それなりの製品。
これが、ビックリするぐらいの安さでおいてある。
どのぐらい安いかと言うと、思わず一桁数字を読み間違えたかと思う値段だったよね。

その中に、朱赤に少しサーモンピンクが混ざったような、無地のものがあり。織りだけで表情が付いていて、なかなか素敵。
これは枚数も結構あったので、突然「リビングのカーテンを取り替えてみようかしら!」と思いついてしまった。
5枚買えばたっぷり間に合うし、カーテンに仕立てるのは家の近所の縫い物をする人にお願いすればよい。
今のカーテンも良いが、焦げ茶。夏の暑さよけに遮光カーテンにしているが、冬の間は明るく暖かい色のものに変えても良いなぁ、と時々思っていたので、丁度良いじゃない!、と。

というわけで、わざわざ宅急便まで手配して購入。
翌日、配達されるのをワクワクして待ち、届いたものを早速窓に当ててみたのだが.....

思っていた以上に光が通るので、部屋が真っ赤になる。
もう少し遮光性があると思ったのだけど、とにかく「明るい部屋」になるのは確かだけど、同時に「真っ赤な部屋」になってしまうのよ。

カーテンにする案はやめようと思ってます。
でも、3m近くある布が5枚もある。
何にしようかしらね。ベッドカバーとソファーカバー? どちらかというとクッションカバー?
ベッドカバーを縫うのは簡単だけど、クッションカバーはめんどくさいなぁ。
どうせ面倒なことをするならば、この明るい色でドレスでも作ってみようかしらね。
結構似合いそうな色。
織り柄が少し光っているようなポリエステルなので、パーティドレスっぽくなりそうな気もする。
カーテンでドレープがきれいに出るように織られている生地だから、ドレスにしても良さそうな。
着皺がどの程度出るかが要注意点かしらね。

でもね、3mが5枚。普通のワンピースならば、1枚で充分。頑張っても2枚。
全てを活用するとなると、ベッドカバーとお揃いのワンピースを着る、っていうことになるかしらねぇ。
クッションとお揃いならば、座っている時に....うぅむ、面白くないか。

琵琶湖沖島の洗濯ばさみ。
IMGP6247asis-crop_R.jpg

明日は、在外公館と省庁。明後日は、県庁、市役所、省庁、とあちらこちらの人と面談。
人に会うのは好きだけど、寒いと出かけるのが億劫だわぁ....。
なんて言っていては、雪国からわざわざ来て下さる方に申し訳ないんだけどね。




今日、うれしかったこと

寒いわねぇ。きれいな天気だけど、寒い。東京のきれいな季節でうれしいけど、やっぱり寒い!

今日うれしかったこと。

シンポジウムのパネルディスカッションで、ファシリテータを務めたんだけど、この控え室におかれていたのがBURDIGALAのクッキー。と~ってもこれがおいしくて、食べかけた小袋の残りを家に持ち帰って、さっき片付けました。
今日一番の「うれしかったこと」はこれかも。

今日のシンポジウム、日英の関係者が講演し、さらにこの4名の講演者でパネルディスカッションを行う、というもの。
そんなに難しいテーマでもないと思っていたんだけど、どうも準備をしていて今ひとつすっきりしない点があるなぁ~と思いながら事前の打ち合わせに出向いてみると、....やっぱりキーとなるスピーカーが主張したい点が今ひとつ見えず、そのためにすっきりと全体像がつくれない。
うぅむ、どうしようかしらぁ!と講演を聴きながら悩み続け、パネルディスカッションが始まってもまだ探り探りのファシリテーションになって、かなり気を遣った。

まぁそうは言いつつもディスカッションは何とか進んだんだけど、会場からの質問が出ない。
見回してみても、皆、居眠りもせず、ディスカッションに注意を払っている様子でいるのは確か。
にもかかわらず、質問もコメントもろくに出てこない。
これがちょっときつかったわぁ。
早々に「質疑応答はほとんどでない」との見込に切り替え、とにかく「間延びをさせずに時間調整をする」で進めるべく、何気にトピックを広げてみたり、時間が厳しい時には投げないような「緩い質問」をパネリストに投げてみたり。
「あと30分」のタイミングになるまでは、かなりきつかったわ。

そうは言いつつも、終わってみれば「大成功ではないけど、まぁ普通のイベントレベル」でまとまったかな。
でもね、もう少し活発なイベントとして終わらせたかったです。

終わった途端に、私のところに名刺交換にきた外国人がいたんだけど、この人が開口一番「難しいテーマだったのに、すごくよかったですよ!」とコメントをしてくれた。思わず「大変、ってわかっちゃいました?」と聞き返したら、「見た目はわからないけど、自分も同じようなファシリテーションを行うことが多いので、このテーマの難しさはわかる!」とのこと。
そうだわよねぇ、難しいテーマというか状況だったわよねぇ、と心の中で激しく同意というか感謝しておりました。

さて、これでまずは今週前半の大きな仕事は終了。明日は日帰りで北九州。本当は福岡と北九州をハシゴの予定だったんだけど、急遽前半がキャンセルになって、待ち合わせをしている福岡経由で北九州市へいく、という奇妙な出張。
明後日は東京だけど、金曜はまた夕方から浜松。あっち行ったりこっちいったりです。

そういえば、急な話で、一月と二月にそれぞれ一週間ほどの海外出張をすることになったんだけどね。
それに出かけるための日程調整が結構難しくて、あちらに頭を下げ、こちらでネゴり。
この話、当初は「それぞれ10日ぐらい」と言われたんだけど、それでなくても日数が少ない一月と二月。そこまでゆっくりはしかねるわよねぇ。
内容的にはすごく良い機会をもらっているんだけど、やっぱり余り長く留守にすると、後がきついのよ。

琵琶湖沖島にて。
IMGP6238asis_R.jpg

のぼってはいけない、と言われると、のぼってみたくなるのよね。
のぼらなかったけどね。

水平&垂直移動の週末

雨が降っていたのに、夜にはきれいな半月が出た昨日。
きれいな朝だったのに、いつの間にか曇ってしまった今日。

今日の夜の銀杏並木。
DSCF7170_R.jpg

この夜の並木、ずっと向こうの方まで見通せる(拡大してみると見えます)雰囲気が良くて、スマホばかりか、三脚を据えて撮っている人までいました。お互いにタイミングを計って誰かの邪魔をしないようにしながらシャッターを切ってました。

なお、昨日FBに同じ場所の写真を上げたんだけど、あちらはスマホで撮ったもの。
今日は、少しまともなカメラで撮ったもの。やっぱりこっちの方が雰囲気が撮れるわね。

この土日は、春先から準備してきたシンポジウムを開催。
私も参加している学会連合がひらくもので、去年は香川の高松で開催され、今回は東京の大学が主催して、本郷のキャンパスで開催。私は、仕事のご縁がいろいろあって、この大学の先生達と共に、実行委員として企画から運営までを仕切ってきたもの。
まぁ途中にはいろいろあったけれども、終わってみれば、いろいろと新しい視点で仕掛けたチャレンジもそこそこうまく行ったようだし、それなりの評価も受けた。よかったよかった。ちょっとご機嫌です。

私の担当は、いくつもあるセッション会場を回って、それぞれのセッションでの講演や討議の様子を把握すること。合間にセッションの様子を撮影し、合間にセッション司会の人たちとの進行調整をし、余裕がある時はセッションの討議に参加してみたり。
メイン講演会場とセッション会場、それに控え室が2つの建物、4つのフロア!に散在していたので、この担当、水平及び垂直の移動量がかなりのもの。多分、運営側の中で一番移動したと思うのよね。
エレベータを待てずに階段を小走りに上り下りすることもかなりの数に上り、昨日も今日も、家に帰った時にはパンプスで痛めつけられた足が悲鳴を上げている状態。
慌ただしく移動したりしている間に、自分の発表の準備を忘れそうになったり、司会なのに時計を見間違えてしまったり。なかなかすさまじい思いをしたけど、ま、これも経験と言うことで。
でも、こんな動き回る役目って、もっともっと若い人がしそうなんだけどねぇ.....

そんなことで、今が日曜の夜だということがどうも納得できないでいる。
明日の朝からまた月曜日???
え、うっそ~、という感じなんだけどね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。