おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュニジア

思ったより涼しい土曜日。

昨日の夜、深夜に鹿児島から羽田経由で帰宅し、ほっとしているところに友人からのメール。
「またまたチュニジアが大変な事に!」

驚いてニュースを調べてみると、今度はスースのホテルで観光客に向けた銃撃があったとのこと。

チュニジアは、アラブ諸国の反政府運動(主に民主化の動き;いわゆるアラブの春)の最初のきっかけになった国であり、またその結果として、順当な民主化が進んできた唯一の国でもある。
去年には、議会選挙、大統領選挙、と行われ、いよいよ民主国家として安定した動きをしてきたところ。

教育レベルの高さ(アフリカ一と言われている)がありながら若者の就職先が無く、大学を卒業しても就職先がまるでない、という社会構造の問題もあり、そんな子をと背景にして現在ISISへの最大の人材供給源になっているのも事実のようだが、「民主化国家として前に進む」という意識は広く共有されており、そういう意味でも安定していると言える国家と感じられる。

春のバルドー美術館の襲撃、そして今回のホテルビーチの襲撃。
イスラム世界の再統一を目指しているとも言われるこの集団としては、こういった形で国際的注目をチュニジアに浴びさせることで、このチュニジアという「安定して民主化に進んでいるイスラム国家」を経済的な苦境に無理矢理追いやり、自らの活動により巻き込みやすくしようとしているように思われる。

宗教、理念、権力、などなど、日本にいると生活に直接関わってくることが少ない概念だけど、他国に関わると、一体どのように理解すれば良いか、を突きつけられる。
正直わからない。人間の残酷さは、日本の歴史の中でも当然多々あるが、なぜ今でもこういった事を継続していくのか。

こういう時、もっと社会を理解する学問を深く身につけておくべきだった、と後悔する気持ちが出てくる一方で、多くの論理基盤を少しの社会理解で成り立たせていく工学という分野を背景にしておいて良かった、とも思ったりする。

いずれにしても、テロがはびこり、テロの恐怖に身をすくませる世界にはなって欲しくない。
そのために何をどのように考えれば良いのか。

今回のチュニジア、クウェート、そしてフランス(これはテロかどうかは?だが)の同時発生を受けて,何か世界の構造が変わっていきそうな気がする。
むやみやたらな無差別殺人がこれ以上起こらないような方向に動いてくれますように。

首都チュニスの朝。
DSCF7699_R.jpg

なんということもないこういう朝が愛しいのです。
スポンサーサイト

ブダペストの揚げパン(Lángos)

余り湿度も高くない気がしたのに、突然の雨が降ったり。

今日は、ブダペストでの食べ物。
泊まった宿の主人(そのうち書くけど、非常に印象的で、話していて楽しいオーナーさん)の話によると、「ハンガリーの食べ物は、Oily, Fatty、Plenty!」ということだったけど、確かにその通り。
会議で出てくる食べ物も、サラダとかは極端に少なくて、肉料理と揚げ物がどっさり。

ということはわかっていながらも、ついつい地元で人気の食べ物を食べてみたくなるわけでした。

仕事が終わった日、宿の近くにある公設市場(街中の所々にある小型のもの)を通りすがりにのぞいたら、午後遅い時間なのに並んでいるカウンターを発見。
ちょっとおいしそうだったので、近くのチーズ屋さんで少しだけハンガリーチーズを買いながら、そこのお兄さん(英語をすごくしっかりしゃべってくれる)に、「あれって、何か教えて貰って良いかしら?」と尋ねたら、「揚げたパン生地にチーズをドサッと乗せるとってもヘビーな食べ物。美味しいけど、胃には負担だよ。だから食べるなら小さいのを頼むと良いよ」と助言。

というわけで、おそるおそるカウンターに行って「小さいので良いんだけど...」と言って見ると、店主のオジサンが結構英語をしゃべってくれて「何を乗せる? ハム? サワークリーム? オニオン? ガーリック?」とたたみかけるので、「一応全部!」と応えてみた。

そのプロセスが以下の通り。

まず、これが揚げパン。他の人は直径がこの倍ぐらいのものを買っている中で、一人だけ小さいのにして貰いました。
DSCF7194_R.jpg

ドーナツ生地よりは塩気が効いていて、これだけちぎって食べても結構美味しいです(宿までの帰り道、こっそりちぎって食べてました。)

これは塩を掛けているところ。「ガーリックも大丈夫?」という質問にうなづくと、しっかりガーリックもかけてくれます。
DSCF7195_R.jpg

で、これがサワークリームを掛けたところ。
DSCF7196_R.jpg

次は、刻みハム。会議のランチブッフェとかでもなぜか刻みハムを焼けに食べていた気がする....
DSCF7197_R.jpg

オニオンです。「少しで良いわ!」と叫ばなければ、この三倍位をドサッと乗せてくれます。
DSCF7199_R.jpg

最後が、刻みチーズ。この刻みチーズ、ものすごくよく見かけました。割とサッパリしたチーズだけど、でもそんなに食べるとねぇ...
DSCF7201_R.jpg

このできあがりは、下に敷いてあるロウ紙のような紙で支えて手に持って行きます。
みんな、ランチの頃などは、その標準サイズ(つまりとっても大きい)を手に持って市場から出て行く。

実は、リバークルーズのブッフェで似たようなのが出ていたのだけど、やっぱり揚げたては全く味が違っておいしい!

とっても気に入ったので、帰国の日に、昼過ぎに車が迎えに来る前に一枚買っておいて、空港までの車中で食べようかしら!と思っていたんだけど、覗いたら何人も並んでいたので諦めました。
迎えに来た車もきれいなメルセデスだったので、サワークリームをこぼしたりしたらショーファーさんにイヤァな顔をされただろうから、まぁこれでよかったんだろうけどね。
(このショーファーさんとは、なぜかハンガリー動乱の話から米国民主主義の欺瞞まで、すごい勢いでシリアスな内容を会話。会話というか、私は彼の話を誘導していただけで、ひたすら「へぇ~」とか「本当?」って言っていたんだけどね。この辺りの詳細はまたの機会に書きます。)

はぁ~もう6月も下旬!

4月初めから、こちらをすっかり怠けてました。
やっぱり少し体力が落ちたかなぁ。昼間は「あ、この話をブログに」と思うのに、夜はぼーっとしているうちにバタッ。
何をしていたかよくわからないうちにこの季節まで来てしまいましたとさ。

とはいえ、一応仕事してたし、昨日までまた二週間の海外出張に出ていたので異国の写真も溜まったし。
なので、これをきっかけにまたスタートしてみます。

今回出かけた最初の一週間は、チュニジアのチュニス。そう、あのバルドー美術館でのテロがあったところです。
国の機関の仕事という形で行ったので、日本からの担当者か現地事務所担当者が常に貼りついていて、次から次に会議や視察に移動。
いや、いずれも大変面白かったんですが、結局自由時間と言えるものは全くなし。
そもそも到着した途端に現地事務所に連れていかれて、「必須」という安全ブリーフィングを受けさせられて、その中で言われたのが「不要不急の外出は極力避ける。観光ポイントは出入り厳禁。」というもの。
ということで、仕事先とホテル近所の朝の散歩しかカメラを使わずに終わりました。

チュニジア国旗が翻る、国立先端科学技術大学。
DSCF7672-crop_R.jpg

アフリカトップの教育&研究レベルを誇るチュニジアが、次の世代を支える人材育成のために開設したばかりの大学です。
エリート育成の場所になるのかな?

街にあふれるのはアラビア文字とフランス語。
DSCF7700-crop_R.jpg

アラビア文字は、それ自体が芸術的なデザインに見えます。

でも、どこに行っても交通標識は似たようなもので、何となく何を言っているのかはわかりますよねぇ。
DSCF7696-crop_R.jpg

こちらも、ヨーロッパのどこの街でも見かけるような、買い物帰りの高齢女性。
DSCF7701-crop_R.jpg

思っていた以上に街も穏やかだし、政情も安定していて、今のところの不安はテロ脅威のみ。
また出かけることになっているので、次はスーパーとかを探検します!

チュニジアから移動したのは、ハンガリーのブダペスト。
こちらは会議参加で時間に余裕もあったし、会議にメトロで通勤したりしたので、かなりの写真を撮りました。
しばらくはお付き合いください。

で、ここからは写真のない話ですが、この二週間に出会った目新しい&変わった食べ物編。

チュニジアはクスクスや野菜の似たような何か(すみません、名前すら確かめてない)がおいしかったですが、牛乳がちょっと変わった匂いがするのが印象的でした。
嫌な臭いではないのだけど、いわゆる牛乳の匂いではないので、そのまま飲むとおいしいとは思えない。
やっぱり食べているものが違うと、なのかしらね。
朝ごはんは、ビュッフェから野菜の炒め煮みたいなものとゆで卵、それにレタスをとってきて、これを混ぜ合わせてどさっと食べる、というのでクリアしてました。
チュニジア料理というのを正式?には食べに行っていないけど、野菜をいろいろ刻んでオリーブオイルやツナと一緒に食べたり、ひよこ豆とかもいろいろ混ざっていたり、というのが、会議のランチとかでいろいろあって、どれもおいしいのです。
これはうれしかったなぁ~。

これがおいしかった方の話。ハンガリーでもそれなりにおいしいものは食べたけど、一番奇妙だった食べ物話題と言えば....

帰りのドバイから羽田への便。10時間ほどかかる中で、朝ごはんとランチ、といって二回フルの食事が出る。
さすがに疲れ果てていたので、珍しくどちらも日本食を頼んだら.....

最初の食事では、卵焼きの切ったのと沢庵がきれいにぴったりとくっつけて並べてあった。
卵焼きの付け合わせ、という形ではなくて、どちらもがその皿のメイン、という扱い。
で、ぴったりくっついている。当然、卵焼きは見事なまでにたくあんくさい。
ふ~む。

で、次の食事。これまた懐石できれいに小皿が並んでいるんだけど、
オシャレに畳鰯なぞが乗ってきた。
すばらしい! こういう味が食べたかったのよ!!!
と取ってみると....乗っている台が沢庵だった。
当然のことながら、色も香りも味も、沢庵になっていた畳鰯。

かなり凝った懐石弁当だったのに、だれがどうやって考えたのかしらねぇ.....

ということで、またあれこれと続きまぁす。
さて、時差ボケ解消のためにも、もう寝なくっちゃ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。