おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜日の夜

雨。肌寒く、半袖の上にウールのジャケット、レザーのパンツ。朝はこの上にレインコート。
一週間前には想像することすら疎ましかったこの服装が、今日はぴったり。

雨。
100927雨


秋から冬にかけて、毎週宵の口に出かけていく仕事先がある。
今年の仕事は今日から。終わるのは8時。

終わって出てきたら、降るともなく降っている雨に街と大通りが黒く濡れていた。
大通りのガードレール沿いには誰かを待つような車。これも濡れて光っている。
誰かの携帯から着信音が響いた。

この時間は、よく相方さんが迎えに来てくれていた。
歩きの時は近くのカフェで、車の時は近くのガードレール脇に駐めて待っていてくれることが多かった。

建物を出るタイミングぐらいに携帯がなり、或いは出た途端に携帯を鳴らすと、
「今、どこ!」との声がして、横断歩道の前だとかもう少し向こうだとか、いやこっちだ、あっちだ、と
たわいもない会話をしている間に車を見つけ、ドアを開けて飛び乗る。
足元に書類バッグを起き、シートベルトを締めながら今日はどうした、こうだった、との話をする。
どうということもないけど、いつもうれしかった。

入院をしていたりして来られない時も、玄関を出ると見計らったように携帯が鳴るか、メールが届いた。
あぁこっちは今日も終わったよぉ、どうしてたぁ!、と心がはずんだ。


今日、雨に光る街に出たところで聞いた着信音は相方さんからのものと同じだった。
駐まっている車も、相方さんのものと同じに見えた。
いつもどおりに見回せば、運転席でニコニコしている相方さんを見つけられるような気がした。

こんな風に身近に感じられるのがうれしい。でも、さみしい。

コメント

相方さんのお話、この前の日記も読みました。
しんみりとしながらもでも二人の何気ない日常の良さが感じられました。
自分も大事にします、まわりの人々。あ、そばにいる犬や猫も

  • 2010/10/05(火) 10:01:12 |
  • URL |
  • クロトランド #mn6gys/M
  • [ 編集]

●クロトランドさん、
何となくうれしい感想をありがとうございます。
おっしゃるように、何気ない日常が幸せだったんだなぁ、と日々思っています。
今日も、出張先でホテルに入った途端に(毎年使っているホテルなので)「あ、着いたって電話しなきゃ!」なんてつい思っていましたが、クロトランドさんのコメントで妙に百人力!の気分です。

  • 2010/10/06(水) 21:14:12 |
  • URL |
  • 若おうな #1Fzg8o1M
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1186-5408ae9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。