おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通訳

雨が降りそうな降ったような、でも降られなかったような。

部屋からの風景。

101021駅

写真を撮るならブラインドを上げるべき、とも思ったけど、
このぐらいぼけていた方が気持ちは落ち着くから、これで良しとしておきたい


今週が三週間目になる仕事では、数カ国からの人たちと一緒に討議をする。
その人たちの生活の支援と討議サポートのために、「コーディネータ」という名前の
スタッフが一人付いている。
必要に応じて討議の中でその場の通訳もする、というのが契約条件。

昨年まではすごく優秀で、且つ感心するほど良く気を遣う人だった。
今年、この支援をする契約先が変わってしまい、その結果、担当者も交替。

....

英語がちょっとしゃべれることと、討議のサポートができることとは、当然まるで異なる。
この新しい担当者、英会話学校の教師をしていたという経験しかないという。
且つ、討議の内容には不案内。

この討議内容、専門的なものではないけど、日経新聞の一面を読みこなす程度の知識と幅の広さへの対応は必要。
でも、もう三週間、その討議を一緒にやっている。
その間中、討議の中で、いつ何が有ってもサポートできるように聞いていたはず。
少しは学習しているだろうと思っていたのだが.......。

今日、英語を喋らない訪問先の責任者のために通訳に入ったこの人、
見事なまでに滑った。


「収入の額面」の数字を語っているのに最初から最後まで "benefit"と通訳されると、
その額面が全て利益ならボーナスを思い切りいっぱいもらえそうだなぁ、と夢が勝手に膨らむし。

「就労人口」の意味がわからなかった(!)らしく、単に populationと訳してしまうので、
40万人サイズの中核都市が、いつのまにか10数万人のちっぽけな市に変身。そんな無茶な。

「第三セクター」と言っているのに "public company"と訳されては、意味が全く違うでしょ。
しかもこの言葉、三週間の間に何回討議に出てきたことか。あなた、目を開けて寝るのが上手なのね。


こう言うときも、そばから訂正をいれるには、やはり一応は気を遣いながらでなけばいけない。
なんでこんな似非プロフェッショナルに気を遣って疲れなければならないのか、とイライラ。
かなり疲労が溜まっている私、「邪魔だから出ていって!」と叫ぶ寸前。

あぁ疲れた。
明るいし悪い人でないのはわかるけど、理解力不足、プロ意識不足、そして空気を読む力不足、だわよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1196-9fbd17f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。