おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急地震速報 その2

晴れとはいえない曇り。曇り!ともいえない曇り。すごい風が吹いて寒かった。

月曜の夕方、電車も少ないからとオフィスから早めに上がり、帰宅の途中でお茶休憩をした。
建物の地下にあるカフェのチェーン。
ところが、ゆったりと座ってコーヒーを二口ほど飲んだところで、携帯の緊急地震速報がなった。
音が違うので、すぐにわかる。
周りは誰も反応していないが、長野で強い地震の可能性、と出ている。
こんな地下の混んだところで地震に遭うの嫌だぁ、と、飲みかけのコーヒーを放置して席を立ってしまった。

でも、結局は長野の震源周辺で震度3。東京は揺れず。

昨日はNHKの緊急地震速報。二回もあったのに、携帯は鳴らない。

というわけで、「緊急地震速報で得られる情報をもっと知りたい!」と思い始めた。
多少情報オタクの気があるのよね、私。

調べてみたら、私が携帯で使っている天気情報の業者が、PCにオンラインで知らせてくるサービスを
提供していることが判明。
早速必要なソフトをダウンロードして、利用を開始。
震源での想定震度や私のいる場所(都道府県単位)に届くだろう想定震度、そして震源での規模を
登録しておくと、それよりも大きい予想の地震が起きると、PCが突然ビヨンビヨンビヨンと音を出し、
画面には震源の地図と「あと何秒」というカウントダウンが出る。

試しに、震源の震度2以上、あるいはマグニチュード4以上で警報が鳴るように設定してみたら、
一時間に一、二回は警報発令。仕事をしていると突然ビヨンビヨンビヨン。
と思っていたら、今も鳴った。
茨城沖、震源地での最大震度が4の予想。自宅(東京)での推定震度が1。到達まで10数秒。
ここまで見て「震度1なら平気」と思っていたら、結構の揺れ。

その前の9時半頃の千葉沖震源の地震では、テレビとPCと携帯すべてがほぼ同時になり始め、
と思ったら数秒でかなりの揺れが来た。東京で震度3。これは玄関のドアを開けに行ったけど。

このシステム、結構いいかも。たとえ数秒でも、突然揺れ始めるよりはずっと心の準備ができる。

別に、この警報にはだまされてもいいと思っている。この間はちょっとコーヒーが惜しかったけどね。
例えば、東京で震度2以上が推定される場合に鳴るようにセットしておけば、少なくともPCで作業
している間は、かなりの心構えで備えられるしね。

路地の花屋さん。

110317花や

地震のない香港、うらやましいな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1261-0f23dbfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。