おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔

昨日は冷たい一日。今日も日差しは出たけど、やはり冷たい一日。

昨日、東京駅周辺で打ち合わせをしようと「シャングリラホテルのラウンジで」と約束をした。
朝起きて、「そういえばあそこのラウンジ、何階だったかな?」とネットを見て驚いた。
震災の影響で休業している。
超高級ホテル、できて間がないし、今のようにネガティブな不確定要素が多いとなると、
仕方のない判断なのだろうと思う。
でも落ち着いて話ができる場所がほとんどない東京駅周辺で、あのラウンジは便利だったんだけどなぁ。

というわけで仕方なく、東京駅日本橋口のスターバックスに場所を変更。
吹き抜けのようなおもしろいロケーションで気持ちがよさそう!と思っていたのだけど、
いざ行ってみると、構内からの風がどことなく吹き込み、エアコンも抑制しているらしくて、
とにかく寒い。気がついてみると、客の半数はコートを着たまま座って本を読んだり仕事をしたり。

特大のラテをかって手を温めながら打ち合わせを始めたが、これを飲み終えると後は冷えるばかり。
話が乗っていたので結局一時間半ぐらい粘ったのだけど、出てきた時には身体が冷え切っていた。

不思議なのは、身体が冷えたら、仕事の話はうまくいっていたのに気分が晴れない。
オフィスに戻ってもどうせあまり暖かくないし(まじめに電力利用を削減中なので)、と
そのまま家に直帰したのだけど、電車の中でも何となく鬱々。雑誌を読んでも暗いことばかり考える。
.....

自宅の駅を降りたら、携帯が鳴った。仕事先からの電話。
「ハイ」と出ると、耳元に明るい笑顔の声が聞こえてきた。
いつも仕事を楽しそうに進めているこの笑顔の声のおかげで、一気に気分が上向きになり始め、
しばらく話しているうちに、気分がすっかり晴れていた。
いったんこうなれば、考えることもあれこれと前向きになり、事が動き出す。

笑顔、重要だわね。
私もこういう風に人に笑顔を送るようにしなくっちゃ。


火鉢の中の熾火。
110324火鉢の中

熾火のような笑顔、って表現を思いついたけど....これはどうも今ひとつかな。

 笑顔見て 火鉢の中の熾火を思う

って自分の笑顔を詠われたりしたら.....うひゃぁ、なんか怖いぞ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1263-ec6f4f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。