おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっとりした日

降るような降らないような一日。
目に見えないような水分が落ちてきていて、屋外の床タイルは一日中しっとり。

だのに、右目がドライアイのようになっていて、一日中ひりひり。
鬱陶しいからと片目をつぶって本を読んでいたら途中で両目をつぶって寝てしまうし、
ではと両目をあけて読んでいると当然ひりひりして、これまた気が散って前に進まない。

...これ、目のせいではなくて、本との相性の問題かな?


昨日、10代後半から20代ぐらいを主対象とした情報発信についての企画会議に参加。
この中で、twitterを使うとどうなるだろう、是非やってみたい、との意見が若手から出た。

組織として行う場合に、何の情報を誰が発信し続けていくのか、誰がどのような情報で参画しそうか、
それが誰におもしろいものとなりそうか、情報発信の頻度はどうか、発信する内容の品質やセキュリティ
確保はどう行うのか、炎上したりとかのリスクをどうやって低減するのか、などなど、討議してみても、
今ひとつ見えないことだらけ。
でも何か新しいきっかけになりそうだとの共通認識もあり、「私が発信者になります!」との若手の強い
思いもあって、とりあえずメンバー間で試行し始めてみることに決まる。

個人の発信者、あるいは情報発信を仕事にしている(例えばメディアなど)の大規模発信者、などのは
フォローしながら様子を見てきているが、今回のはその中間的な存在になるのかな。
ここから何が見えてくるか、ちょっと楽しみ。

そういえば、炎上したyoutubeのサイトで、
  「無神論者の日本を揺さぶってくれ」と神に一日祈ったら
  あの震災が起きた。神はすばらしい。
と言ったことを述べたtamtampamelaという人物がいるらしい。
しかも、思い切り炎上した挙げ句に、
  「あら、実は私、ネットでの釣りをしただけなのよ。釣られたみんな、バカね。チャオ!」
という乗りの(正しい訳ではないのでご注意のほど)ビデオをさらにアップして、そのまま
アカウントを消して逃げたという。

海外のサイトのどこかで話題を見かけていたのだが、昨日の会議でも話題になり、
週刊文春に取り上げられているのも見つけたので、名前を辿ってビデオ(しっかりバックアップを
取って再度youtubeにアップしている人が何人もいる)を見てみた。

言っている内容へのコメントはする気もないが、こんなに簡単に自分の顔が世界中に知られてしまう
今の状況が、ふと怖くなった。

このtamtampamelaは、その「世界の脚光を浴びる」を体感したかったのだろうか?
だとしたら、それは成功している。殺す、との脅迫まで受けていたようだが、それでも
脚光を浴びてうれしいのなら、それは本人の勝手だから、どうでもよい。
一方で、その情報を否が応にも何かしらの形で受け取るこちら側には、いろいろな情報を
受け取りながらも、変に敏感すぎる反応をせず、でも適度に判断に組み込んでいく、という
知性が常に求められていることになる。

あぁ、技術の進展について行くのは大変だわ。ぼけないように気をつけなくっちゃ。

世界各地のものがギュッと詰まっているような香港の街角。
110409香港

ここに住むには、情報の多さにも色の多さにも耐えられるだけの、かなりのタフさが必要だわね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1270-1375108b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。