おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田谷線

晴れと曇り。またも風が強い。なんだか最近風が吹いてばっかりよね。

友人に誘ってもらって、東急世田谷線にはじめて(多分)乗って、
「降りてゆく生き方」という武田鉄矢の出る映画とその前後の座談会に行った。

座談会は、いろいろと思うところや普段の生き方に反映させてみたい視点があって、
なるほど!と思った。
映画は....言いたいことは座談会と同じで良くわかるけど、シナリオが余りに紋切り型?というか
テレビの2時間ドラマ的のラフさと言うか、そこに真っ正面からのメッセージが入るので、
途中で気恥ずかしくなった。俳優さんは皆さん「うまいなぁ」と思うだけに、もったいないような。

で、こういう映画は誰が作ろうと思うんだろう!?と思ったのだけど、会場ではどこにもその情報がなし。
そもそも主催者の名前もないので、この映画で誰が誰に何を伝えようとしているのかがわからない。

帰ってきてからネットで調べてみたけど、この活動を進めているのは「一般社団法人降りてゆく生き方」
というところ。
この法人のトップページに行くと、そこはイコール、映画のトップページ。

この映画のコンセプトページを見に行ったら、そのサブタイトルが
「私たちはなぜ映画「降りてゆく生き方」を、つくらなければならなかったのか」
となっていた。
この”私たち”が誰だかわかればいいのよね、と文章をよんでみたけど、結局総論だけで
その点への言及なし。
文章の最後に署名ぐらい入っているかと思ったが、それもなし。

うぅむ、言いたいことには同感するけど、どうもこの「誰が言っているの?」がはっきりしないのが
落ち着かないというか据わりが悪いというか。

それに、このコンセプトに書いてある文章は構えすぎていて、「そこまで振りかざして言うことか?」
という思いがして、これまた余計「誰が何を言いたくてやっているのか?」と不思議さが増す。

材料としては良いものなのだけど、その表現方法や背景の思いには今一つ共感しきれない、が
今日の感想かな。
いや、座談会の内容はとってもよかったんだけどね、ホントに。

終了後、世田谷線そばのカフェで遅いランチをしてから、少し散歩。

線路の中の大きなタンポポ。
110430タンポポ

このタンポポ、この大きさになってしまうと、花をつけてもつけても電車に頭をこすられて、
咲くに至らないのではないかと思われる。
そのがんばり、尊敬します!

結局、そのまま三軒茶屋を経由して、池尻大橋まで歩いてしまった。
ヒールのあるサンダルでなければ、渋谷までだって歩いたのに....かな?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1277-a6e76a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。