おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるCM

雨は降ってないんだけど、薄暗い一日。
久しぶりの連日記載。

最近、気になっている音楽がある。耳にすると心が弾む。
そして、この曲を使っているCMがある。

3月に公開された、JR九州の九州新幹線全線開通のCM。

このCM、とにかく何とも言いがたいのだけど、心が吸い付けられる。

一部は話題になった際にTV番組で何回か見かけていたし、曲も最近は街で何かと耳にする。
この曲を耳にする度に、映像のイメージがふと浮かび、そして心が温かくなる気がする。
ということをふと気づいて、とYouTubeに見に行った。

思っていたよりも遙かに強く惹き付けられてしまった。
惹き付けられる、なんて表現では弱いんだけど、他に言いようもなく。


このCM、広告効果とは違うところで何か大きなものを作ったんじゃないだろうか。

堅い方で言うと、震災を通じて改めて顕在化してきた「地方」という認識が、さらにまた懐の深いものとして
展開していくのを、このCMが後押しをしてくれるような気がする。
でも、こんな堅い話は、このCMをみて感じたもののホンの一部、感じたものへの後付けにすぎない。

もっともっと感性的な意味で、このCMによって、温かさ、生活、生きていると言うこと、そして日本への思い、など
を湧き出るような思いで感じることが、日々の中で大きい意味を持っていくような気がする。


まだご覧になっていない方、一度、3分間のこのCMを見てみてください。
感想は異なって当然だけど、みて損はないように思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1292-8f74cda2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。