おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリでも500フラン高い

暑さで眠れず。夜が明けた時は完全にグロッキー。
でも昼頃までに気温がぐっと下がり、午後は気持ちよく仕事。

雑誌の中の広告ページ。

----
 パリでも500フラン高いレディの色。世界を風靡する新色を新容器で発売
 
 ローズムード
  パリのモード界から生まれた新しい色で、しとやかな優しさがチャームの中心。
  夜のお化粧としてもよく、特にパリセンスの服装にピッタリです。

 ゴールデンムード
  欧米でドライブと言えばこの色といわれ、若さに弾む新鮮な魅力は比類がありません。
  通勤化粧にもよく、スポーティな服装をよく活かします。

----

古い雑誌が面白くなってしまい、また1959年発行の洋裁雑誌を見つけてきたのを眺めている。
広告のコピーがかなり面白い。
なんというか、時代の違いというか世界認識の違いというかを感じられるから。

ここに挙げた広告も、「パリや欧米ではこうなのよ!」といえば付加価値になるのを当然としている。
そんなところに時代を感じて楽しい。

今の時代の広告も、50年後には違いがたくさん感じられるんだろうなぁ、と思うと、それがどこかが気になったりして。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1301-7c21b1c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。