おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白亜の崖

雨が降ったり曇ったり晴れたり。長袖の上にカシミアのストールでも寒かったり、半袖で汗ばんだり。
英国の天気はわかりにくい。

土曜日、世界遺産になっているドーセットの海岸(通称?ではJurassic Coast)を歩いた。

こんな眺め。写真ではスケール感がうまく伝わらないのが残念。
110903chalk cliff2

まるで雪のように白いけれど、これは石灰岩。

崖を近くで見ると、こんなに真っ白。
110903chalk cliff

こちらも石灰岩。少し色がついている。褶曲がすごくて、地層が曲がっているだけでなくて「くしゃくしゃ」になっている。
110903foldings

こんな風景を見ながら、プレートテクトニクスや化石の話をしたり、ただぽーっと歩いていたり。
丘を登ったり、小石の海岸を歩いたり、崖を登った上の平野を歩いたり。
平常から思い切り遠く離れた一日。幸せでした。

ところで、これらの地質の説明を読んでいて、「褶曲」のことを "folding” というと知った。
この英語表現のシンプルさには感激。褶曲って、漢字自体を思い出すのも結構大変だものね。

今日は、B&B近くの畑の中の畑の中を少し散歩した後、列車と飛行機で移動。
大都会のホテルにチェックインし、夜は明日からの会議の関係者達と会食。
あまりに一気に普段の生活に戻ってしまい、やや残念。

今日のホテル、有線のブロードバンドがあるのだけど、どうしてもつながらず、
フロントを担当している若い女性と二人で、ケーブルを取り替えたり、違う部屋に行ってみたり、
ネットワーク会社のサービスに連絡をしてみたり、と四苦八苦。
日本語で表示されているシステムを操作をしながらのサポートへの問い合わせ、結構大変。
でもこのフロントの女性が(英国のホテルとしては珍しく)とっても一生懸命、且つ真っ当に対応してくれて、
とても助かった。
「こんなに親身になってくれるなんて、イギリスのホテルなのに!!」と感激したが、
でも、彼女も言葉からすると東欧あたりの出身と思われる。まぁそんなものかしらね。

さて、明日からまた頑張りましょう。

コメント

folding

私は褶曲という言葉自体を知りませんでした。自然の力の不思議さと、「褶曲」ということばの感じが、何とも言えず良いですね!

  • 2011/09/07(水) 22:58:10 |
  • URL |
  • hayohayo #-
  • [ 編集]

●hayohayoさん、

褶曲山脈、って私は学校で習ったんですよ。
なぜか絵も覚えているんですが、クネェ~っと地層が曲がってできる山脈。

昨日、地質学者と地質物理学者と地質化学学者とが偶々揃った場所にいて、「こんなものを見た!」と話したところ、それぞれが勝手な(それぞれの専門らしい)話をしてました。
こんなものにもいろいろな科学が関係しているのね、と関心しています。

  • 2011/09/10(土) 04:23:40 |
  • URL |
  • 若おうな #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1343-3b0d20ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。