おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルートの取り方

昨日より寒くない。
でも、入れてないつもりだったエアコンがいつのまにかつけっ放しになっているし、
やっぱり寒いです。

母の入っている病院から自宅に帰るのには、いくつかのルートがある。

●最も真っ当なパターンは、
 病院から10分歩いてJRの駅 ⇒ JRターミナル駅 ⇒ 東京メトロで自宅近くの駅へ

●その2
 病院からバスで隣のJR駅 ⇒ JRターミナル駅 ⇒ 東京メトロで自宅近くの駅へ

●その3
 病院からバス ⇒ 途中でさらにバスを乗り換えて東京メトロの駅へ ⇒ 東京メトロで自宅近くの駅へ

これに加えて、昨日今日で新たなものを発見してしまった。

●その4
 病院から8分歩いて環状道路のバス停 ⇒ 15分ほどで降りて20分以上歩くと自宅

●その5!
 病院から8分歩いて環状道路のバス停 ⇒ (その4とは違う路線で)15分ほどで降りて25分歩くと自宅

その4とその5は「乗り換えがない」という点と、「人の気づかないルート」というのが気に入っている。
ただ、歩く距離が長く、かつ住宅街の中の暗いところをずっと歩いてくるのがやや面倒と言えば面倒。

それに、その3からその5のオプションはバスがいずれも一時間に3本程で、それに左右されてしまうのが
ちょっと悔しいところ。

でも、時間さえうまく合わせれば、どのルートを取っても自宅から病院までは45分ほど。
その日の気分に応じて選び放題!とも言えるから、悪くはないかな。


行き先が無くなった鉄橋。
11228トロッコ鉄橋

この鉄橋は坑道にまで続いていたトロッコ鉄道の橋。
向こう側の鉄パイプで閉鎖されているのが昔の坑道口。
橋のこちら側もどこにもつながっていない。

こういうものを見ると、無性に悔しい気と同時に世の中の変遷ってこんなものとの諦念もあり、
結局は時間というものに圧倒される。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1386-4e1805a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。