おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満月と狼少年

今日も良いお天気。風が気持ちよい一日だった。

昨晩からさらに回復。
殆ど痛みも出ず、医者の診立ても「火曜まで安静にするなら明日退院して良い」とのもの。
(実は「月曜日には退院して良い」という表現だったのだけど、「月曜日にどうしてもの仕事があるし、それ以外は無理しないから」と言ったら、あっさりと一日早めてくれた。ありがとう!)

今日のお昼からはお粥の許可も出て、無事におなかに収まった様子。
自分の体調としてもまぁ無茶はしていないと思うので、めでたしめでたしです。

それにしても、今になると、一昨日の夜のあの痛みは何だったの!?と思います。
もちろん、私としても「まずは救急相談を」と思うレベルだったのは確かなんだけど、それにしても救急隊が来た時には玄関で鍵を開けたままうずくまっていたというのに。
(マンションのオートロックを外してから玄関まで行くのがとにかく辛かったのですよ。)

今日、病室の前をピンシャンとしてお茶を運んでいる自分が何となく恥ずかしく思えて、どうしても
「狼少年!」の言葉が頭に浮かんでは消え浮かんでは消え.....

この病室は、4階にあって南に面している。
ターミナル駅そばという混み合ったところにあるけれど、周りに高いビルがないこともあって、昨日の夜は、ベッドに寝てままほぼ全身がほぼ満月の月の明かりに浸っている状態を体験できた。
家では絶対味わえないこの気分、悪くなかったです。

でも、狼少年と狼男って、関係ないのよね。
関係あればタイミングぴったり!だったのに。


またも夜のウィンドウ。
120407window

フェアトレードのお店。
この雰囲気に惹かれて昼間再訪したのだけど、実際においてある商品にはさほど心惹かれず。
でもこの窓の飾り付けはものすごく魅力的だったのです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1423-10343fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。