おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業者さんとベランダ

雨ではないけど、快晴とも言えないような天気。

朝、9時には到着予定の廃棄物処理のコンテナが来るのを待っていたら、8時半に玄関のインターホンが鳴った。
ドアを開けてみると、現場の監督担当さん(現場代理人さん)が、現場の作業員さん達合計6名を引き連れていて、
「棄てるものはこれですか?」と既に玄関横のポーチに集めてあったものを次々と持って行ってくれた。
7名もいると、荷物の割に人数が多くて、一人ずつは大したものを持たずにあっという間に終了。

実は、今日は9時には出掛けないといけないので、「廃棄物を出すのに、時間の余裕があまりない。早朝のうちに出しておけないだろうか?」と現場監督担当さんに数日前に伝言メモで相談していた。
そうしたら、「家の前にだしておいたら、自分が下ろしておきます」とのメモの返事が来ていたんだけど、他の住戸には別段の手伝いをしない様子なのに申し訳ないし、9時ちょっと前になったら私ができるだけ下ろしておくつもりだったもの。

やけに早々と出掛けられることになって、意気揚々とマンションを出たら、そこに携帯に連絡。
今日は、母の退院に間に合わせるために、実家マンションに手すりとつけたりする工事が入ることになっていて、私はその監督に行くことになっていたのだけど、なんとこの作業員さんが急に体調を崩してしまい、代わりの人は3時間後でないと来られないという。

急いで出てきたのに....

でも、これで家に戻ってうろうろしていては、一生懸命手伝いに来てくれた現場の皆さんに申し訳ない。
そもそも、引き連れてきた現場監督担当さんの顔を潰しかねない。

「え~ん、家に戻って仕事したいよぉ~」と思いつつも、荷物にPCを入れていたので、そのままカフェに居座って仕事。

いやぁ、いろいろ気を遣うものです。
週明けには、現場にお菓子でも差し入れておかなくちゃね。

で、午後は実家の工事。
依頼したのはパナソニックの介護設備会社で、家にくる作業員さんはそこの契約の業者さん。
大した工事ではないので作業員が一人で来る、とは聞いていたんだけど、あらわれた作業員さん、30才ぐらいの女性だった。
ベランダを作業スペースとして使いながら一人で着々と進めてくれて、3時間ほどで工事終了。
終わったところで、今度はこの介護設備会社の人が何人か来てくれて、車椅子その他のレンタル介護用品の設置をあれこれと調整。

というわけで、いつになくいろいろな業者さんと接点のある一日だった。


今日の廃棄物出しもあるし、月曜からはベランダの鉢植えを室内に入れたりしないといけないし、と、この2,3日は家のベランダの片付けや掃除、家に持ち込めるようにするための鉢植えの掃除、などをいろいろとしていた。
お陰で、家のベランダは「いつでも鉢植えを引っ込められます!」状態になっている。

ところが、今日実家でベランダで作業できるようにとものを動かしていて気がついた。
鉢植えが乾ききってしまっているし、植え替えが必要なものもいくつかある。

いろいろと事情があって週末に来ている姉以外は水やりすら出来ないので仕方ないんだけど、この対応に今日は1時間近く手間を掛けてしまった。

家でノイバラのトゲに刺されまくりながらの対応をやっと済ませてホッとしたのに、またもトゲのとがったミニバラの剪定をバシバシとしたし、家でシクラメンの植え替えをしたばかりなのにこちらでも同じ事が必要となり。

なんだか妙に家庭的な日々を送ってます。
こんなことばかりしていて、家の掃除も洗濯も何も出来ていないけどね。


ところで、「コーヒーにカルピスを入れる」という奇妙な飲み方を父がしていることを今日発見した。
コーヒーと言ってもインスタントコーヒー。
「コーヒーを入れて」との頼みに応えていたら、「冷蔵庫にあるカルピスを入れて」と追加のリクエスト。
入れる量の見当がつかないから、と本人に任せたら、ミルクのポーション二つ分ぐらいを入れ、さらにその上に砂糖も追加。

余り想像したくない味だなぁ、と見ていたら、わざわざ人をキッチンに呼び出して対応させたにもかかわらず、「こういう新しい事を試そうという気概がないからお前はダメだ」という、何とも可愛げのない発言。
これって、土曜日を潰して業者対応をしに来た上に、本人が全く出来ない衣食住のメンテナンスもバタバタとしている人間に言うことですかねぇ。

こういったような状況を考えないひどい発言を辺り構わずにするために、あっちでもこっちでもお医者さんや業者さんと揉め事を起こし、結局姉や私が汗をかきまくっているというのにねぇ。
本当に困ったものです。

昔からのこの性格の悪さと、コーヒーにカルピスという怪しげな味覚、どことなく共通点がありそうだわぁ。


なお、私はカルピス自体が「あると嬉しい」飲み物ではないので、試すつもりもありません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1431-e4ea93c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。