おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相性

曇り、のち雨。

友人の家に夕食を食べに行くことになり、花屋に寄った。

訪問先は、多種多様なバラが咲き乱れているはずの家。
だから、中途半端に華やかな花を持っていっても面白くない。

で、花屋でクラスペディアを見かけて、頼んでみた。
「これを基本にして、何か楽しそうで面白い、ちっちゃい花束を作ってもらえない?」

そろそろ片付けようかとしていた店員さんだったけど、「面白い、って言う感じですね!?」と
なんだか結構いそいそと出てきてくれた。
花の冷蔵庫の中を覗いて二人で検討。店員さんの手がふと止まったところで私が言った。
「それ面白そう!」

で、二種類目はスカビオサの実と決定。

「じゃぁ三点目は少し動きのあるものがいいなぁ~」とまたも勝手なリクエストを言ってみたら、
いよいよ店員さん、いそいそと動き回り、ふと決意した雰囲気で冷蔵庫の一隅へ。
出てきたのは、テトラゴナッツ。
「それで行きましょう!」と決定。

店員さん、この辺りから完全に楽しみまくっていて、ラッピングペーパーもあれこれと引っ張り出して、
唐草模様のような薄紙と、ジュート麻の組み合わせに決定。
私の方はこれで十分と思っていたのに、リボンも「こんな紐もあるんですよ」と、いろいろな色の紙紐、
かなりしっかりした組紐、それにちょっと変わったデザインの紐、などなどを出してきた。
作業台のすぐ横に並んでいる普通のリボンは完全に無視。

というわけで、20分ぐらい時間を使い、小さなブーケが完成。
「一般受けはしそうにないわねぇ」というものになったけど、私としては結構気に入ったし、
何よりも店員さんが「私もとても楽しかったです!」と目を輝かせていたので、ま、いいかな。

できあがったのは、こんな感じ。
120515ミニブーケ

スカビオサの実が見えなくなってボリューム不足に見えるし、背景の夕食が邪魔しているけど、
雰囲気は何となくこんな感じ。

花屋さんって、本当に相性だなぁ~、と思った一夕でした。

実は3週間ほど前にやはり人のお宅を訪ねるのに花を買ったのだけど、この時は花屋さんとの相性が悪くて、
双方でかなり苦労したのよね。

なにしろ、花屋さんはトルコキキョウとカーネーションと、花屋によくある八重のバラ(余り高くないもの)を組み合わせたくて仕方ないタイプ。
でも、私はこういった花びらが重なったものばかり、ピンクや紫系の色ばかり、というのは嫌い。
安っぽいバラも大嫌い。
だから、最初から「トルコキキョウを入れるなら薄緑のもの、カーネーションはパス、バラも今日はパス。色は黄色や明るい暖色系とか白、それに葉物を足して動きのある花束に!」と言っているのに、なぜかすぐにカーネーションやトルコキキョウ、バラを組み合わせようとする。
結局は趣味の違いなんだけど、こうなると双方で面白くないから、折角の花が嬉しくなくなって寂しい。

今日、夕食を食べながら美容院の担当さんを追いかけて遠くまで出掛ける話をしていたんだけど、花屋さんとの関係もこれと似たところがあるようです。
といって、わざわざ花を買いに遠くまで出掛けるなんてないしね......

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1437-162a09df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。