おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーケットの東西比較

朝方はそれなりに涼しくなってますね。幸せ。

香港、マンチェスター、と、どちらでも観光客が行かないようなローカルなマーケットを楽しんだので、
まとめてご紹介。(マンチェスターは、実は少し郊外のBoltonというところ。)

香港。ドラゴンフルーツ。
HongKongMarket_5
これは買わなかったんだけど、マンゴスチンを見かけて大喜びで一㎏購入。
とっても美味しかったんだけど、一㎏200円ぐらいで買って喜んでいたら、少し先のお店で二㎏200円で売っていた。ちょっと悔しかったかな。

マンチェスター。いちじく。
HongKongMarket_3
4つで100円ちょっと。大好きなので買いましたが、これは日本のよりはかなり固くて酸っぱかった。
その後、サラダに薄切りで入っているのを何回か食べて美味しかったし、コンポートにしたりした方がいいかも。

香港。魚屋さん。
HongKongMarket_4

マンチェスター。結局、魚屋さんというのはどこも同じなのかな。
HongKongMarket_5

それにしても、マンチェスター(多少内陸)でこんなに多種多様な魚を売っているとは思わなかった。

香港の肉屋。
HongKongMarket_2

HongKongMarket_1

「本日大特売」しているものが何なのかが知りたい....。
それにしても、蛍光灯の数が半端でないのはなぜ??

でもね、この写真を見ると「アジアは生々しい」と思うかもしれないけど、マンチェスターのマーケットはすごかったんですよ、肉の店が。
豚肉の店では商品台の真ん中に本物の豚の頭がどーん!と置いてあるし、
鶏肉は、あらゆる部分がそれぞれまとめて売られていた。砂肝が大きなビニール袋にドッサリ入って2ポンドとか、いわゆる軟骨の部分だけ売っていたり、すごい迫力。
すみません、余りに迫力で、ファインダーで覗いてみる勇気がありませんでした。

でもそういえば、香港のマーケットでは,その場で鶏を締めていた。これはとにかく足早に通り過ぎるのみ。
日本のマーケットって、随分大人しいのよね、こうやってみると。

こういう花苗の売り場は、どこも同じような感じ。買っている人の雰囲気が違うだけ。
BoltonMarket_1
ホームセンターの屋外売り場そのもの、ですものね。


これは一目で「中国か香港!」と思う写真。
HongKongMarket_3

手前の乾物屋と向こうの果物屋の商品が接しているだけ「果物と一緒に乾しヒトデを売る」というパターンは見かけなかったかな。乾物屋は乾物のみ。果物屋は果物(八百屋は一緒だったりするけど)。
なんでもスーパーで買う生活も便利だけど、やっぱり専門店(?)で買うのは楽しいよね。

どこでも見かけるタマネギ。これはマンチェスター。
HongKongMarket_2

最後は少し可愛らしく。マンチェスターの加工食品系のお店ばかり並ぶ一角にあったケーキ屋さん。

HongKongMarket_4

アイシングが滅茶苦茶甘そうだけど、飾っておくには素敵なケーキだわよね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1485-afc0d014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。