おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性とは、数字

それにしても寒い日が続きます。
帽子を持って出掛けるのが日課。朝はまだ良いのだけど、夜はこれがないと家までの間に凍えるし。
しかもバッグにはいつも薄いウールのストールを入れているし、リストウォーマーはもう手放せないし。

こんなに着込むのを続ける冬も珍しいわよね。
街を歩いていても、帽子、レッグウォーマー、マフラー、などなど、コロコロと着込んだ恰好が多いのよね。
一昨日電車の中で、コートを脱いだら半袖のワンピースだった女性(30歳代ぐらい?)がいて、見ただけで寒気。

とはいえもう梅も満開になっている木もあるし、春は確かにすぐそこです。

ここのところ、落ち着かない。
年度末に向けた報告書とか仕事の期限とかがあるから、その作業や段取りでバタバタ。
しかも一昨日の金曜はちょっとしたイベント開催だったのに、直前まで参加申込みが少なくて、ジタバタと
人集め。
結局人集めの効果はなかったのだけど、予想外に最後の1,2日で申込みが増えて、真っ当な形で開催できた。
あぁもうあんな思いはしたくないぞぉ。

Financial Times、というと、イギリスの日経みたいな新聞。
キーワードを登録しておくと、その日の関連記事を毎日知らせてくれる。
私の登録は、人材や教育、技術、などの分野。

この間の木曜日、このお知らせのトップにある記事に驚いた。
タイトルが、'Lack of ambition' deters women'(野心のなさが女性を阻んでいる)。
欧州では、取締役会での一定割合の女性を割り当てるなど、いわゆるquota systemが進められていて、
「そうは言っても、いろいろ考えなきゃいけないこともあるぞ!」と指摘するための記事と思われる。

おやこれは面白いかも!?、と読んでみたのだけど.....何だかガックリした。

ある女性が論議を呼ぶのも怖がらずにこう語っている!という記事。まぁ言っていることは分からなくもない。
「男性は自分の向上を意識するが、女性は全体での和(というか成り立つこと)を重視する」
「自分の経営している会社(IT開発)も最初は開発エンジニアは男性ばかり。そこに女性が入ってくると、
 ののしり言葉やサッカーやラグビーなどの会話にもついていかないといけないから大変なんだ」
などなど、どれも「まぁ当然と言えば当然の傾向ではあるわよね」というもの。

だけどこの記事が失敗?していると言えそうなのは、「なぜ彼女がここまでハッキリものを言えるのかと
不思議に思うかもしれないが、それには理由がある。数年前まで、彼女は"彼"だったのだ。」
という話の流れ。

確かに、他人から受ける視点の違いをわかるには、この両性を経験していることは一つの強みだとは思う。
でも、それを上記のような話全体の正当性を示すために使うのって.....大いに違わないかなぁ。

で、この記事の最後。
「Quota systemを取り入れていくには、こういった理解の違いや性質の違いがあるのだから、ただ仕組みを
 作るだけではなく、何か小さなことでも支援が必要ではないだろうか」

当たり前です。両性経験者でなくてもこのぐらい分かることです。
たしかに、両性経験者をたくさん集めてきて語って貰うならば、もっと意味ある示唆が得られる気もする。
でもね、これを一人だけに語らせるなんて....。

この記事を書いたのは、FTのPeter Whiteheadという編集者。
ネットで見てみると、Executive Recruitment欄の担当者らしいので、女性経営層に関する上記の話題を扱う
のも、その一環らしいが....

この人自身が、自分の理解が、余りに男性社会に偏っていることをまず分からないと駄目なんじゃないかしら!?、などと思っているところです。


さて、また年度活動の報告書のまとめに戻らなくっちゃ。

この年度活動のデータをひっくり返していてわかった、あるクライアント業務でのこの一年。

<クライアント組織内部にて>
 90名の専門家達と、1300通のメール送受信。
<クライアント組織の外部組織と>
 30件の面談、及び、800通のメール送受信。
<クライアント組織の事務系担当者達と>
 500通のメール送受信。

自分でビックリ。もちろん私以外のスタッフも多少関与しているけど、9割方は私がコンタクトしている。
ということは、年間(といっても11ヶ月弱)に、2,600通のメールをやりとりしている事になる。

稼働日がざっと260日として、一日10通。送信しているのは5通ぐらい。

....こうやってみると少ないけど、でもこの仕事、フルタイムじゃないのよね。
メールのやりとりをしながら、他の仕事をしている。
間に面談にも出掛けるし、組織内の打ち合わせや会議も年間40件ぐらいは行っているし、.....

来年度の契約、見直さないとダメかなぁ。
金額を増やすのは無理なようだから、業務を減らしておかないと、私が潰れそうだわ。


あぁそれにしても、縫い物がしたい~!
毎日、一時間ぐらいはネットで型紙を見たり、布を触ってみたりして、縫い物の妄想。
三月半ばになれば少し楽になるはずなんだけど。頑張るぞ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1539-f5bb68ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。