おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワーク

異常に暖かかった日曜を超えて、今日は普通に寒かったかな。
朝が凄く寒い気がしてマフラーを巻いて出てきたら、やはりちょっと暑かった。
着るものが難しい季節に突入しつつあり。

震災から2年。社会も大きく変わったような変わっていないような。
自分も大きく変わったような、何も変わっていないような。
結局、これからもずっと少しずつ積み重ねていくしかないんだろうなぁ、と思ってます。

今日は、ちょっとシステムのややこしい話。同じ症状が出た時だけ読んでね!という感じかな。

家とモバイルで使っている、つまり私のPC利用の7割程度を賄っているPCが、4週ほど前から無線LANに繋がらなくなっていた。

Wimaxの接続はできるので何とかなっていたけど、無線LANについてはその接続をするためのユーティリティソフトすらどこかに消えてしまい、どうにもならない。
まずはこれを再インストールしてみるのか?と思いつつも、システムユーティリティだから勝手に触るのも怖いし、ネットで調べても良くわからない。
Wimaxが生きているしイザとなれば有線環境にする方策を考えれば何とかなる、と、ヒヤヒヤしながら仕事を片付けていたわけ。
そもそも、無線LANのユーティリティ以外でもウィルスバスターとかWimax通信須ソフトなど「タスクトレイに常駐」すべきアイコンがいくつも消え去ってしまっていて、いちいち自分で起動させなければ駄目になっていた。
なので、感覚的には「何か新しくインストールをしたソフトが悪さをした」という感触ではあったのよね。

2週間ほど前にこの件を周辺事情と共にメールで問い合わせをしてみたんだけど、これは担当さんが余り分かっていなかったようで、要約すると「原因がハードの可能性もソフトの可能性もある、だから一度持ち込んでくみてくれ」というしょうもない回答だった。
この人とは、話をこれ以上するとお互いに疲れそうだったので、それっきりにしていた(ごめんなさい)。

と言うわけで多少仕事が一段落した今朝、じゃぁまた修理窓口に持っていって相談しよう。あそこは技術者の人がとてもしっかり対応してくれるし!!と思って、予約の電話を入れた。

さすがの技術者さん、電話を始めて2,3分で「その状況はソフト(ユーティリティ)のアンインストールと再インストールで片が付く可能性もかなりあります。」という。でしょでしょ、そんな感じなのよ!と喜ぶ私。
そのやり方が分かれば自分でやるけど、どこを見れば分かります?と訊ねたら、「それはサービスセンターです。いずれしても今日は窓口が満杯だし、サービスセンターに相談しながらやってみて戴くのは如何でしょう]という。

運の良さはつづくもので、サービスセンターの担当さん(落ち着いた声の男性)もすばやく問題を理解して納得できる理屈で話を進めてくれるし、変に素人相手の馬鹿丁寧表現はしないし、気持ちよく事が進んだ。

とは言ってもたっぷり一時間は電話で貼り付いていたんだけど、結果として「何かが悪さをして、常駐すべきユーティリティやアプリのアイコンをタスクトレイから消してしまい、無線LAN接続ユーティリティについてはソフト自体も半分消した状態にしてしまっていた」という理解で、全て解決。
原因だけはわからなかったけど、ま、結果オーライ。

ひゃぁうれしいぞ!

で、無線LANから繋げる回線(無線ルーター経由のWimaxとスマホのテザリング)を一月ぶりぐらいに使ってみて気がついた。
昨日まで頼り切っていたPC内蔵のWimax接続が異常に遅い。

実はここ10日ぐらいネットで調べ物をしまくっていたんだけど、その間もアンテナが立たないぐらい回線が弱くなったり,途中で一瞬回線がたたれたり、と結構ストレスだったのよね。
これを「家の周辺の状況が変わって、Wimaxの電波が届きにくくなったのかしら?」と思っていたのだけど、それにしても遅い。
回線速度の計測をしてみると、なんと下り0.1Mしか出ていない!

でも、オフィスとか出先では、以前と同じように「とても強い」とレベルの回線速度はでる。
しかも、家では無線ルーター経由でも同じWimaxを使えるわけだけど、こちらでは依然と同じようなスピードが出ている。

つまり「他の場所にいけば高速がでる」ということ状況からは、このPC個体の問題とは言えず、Wimaxの回線側の問題に見える。
でも「無線ルーターでは高速なのに、PCでは低速」という状況からは、このPC個体の問題に見える。

結構悩ましいのよねぇ。
まぁ、他の通信回線が再確保できたから、余り心配しないけど。

以上、妙に頭をつかったネットワーク対応の話でした。

3月16日に、東武東上線/西武池袋線・東京メトロ副都心線・東急東横線・横浜高速みなとみらい線が相互乗り入れを開始する。
その準備で、もう1週間以上前から駅の看板はこの「ガムテープ貼り」の状態。
130311駅

個人的好みとしては、貼るテープをもう少し可愛げのあるものにして欲しい気もするけどね。

この乗り入れの表現が、当然とは言え、鉄道会社によって少しずつ異なっている。

東京東横線 → 「東横線・副都心線相互直通運転」
東京メトロ → 「副都心線・東横線が乗り入れ・相互直通運転」
東武東上線 → 「東急東横線・横浜高速みなとみらい線との相互直通運転」
西武池袋線 → 東武東上線と同じ表現。但しHP上の扱いが非常に質素で「時刻表改正!」が前面。

もしかして、西武池袋線は余りうれしくないのかな?

それにしても、この5路線の相互乗り入れ、複雑なネットワーク運営が必要になるのは自明。
これが無事に動いてくれると良いけど。
既に相互乗り入れをしている2路線と3路線が、さらに相互乗り入れをするという状況。
週に一回は使っている渋谷の乗り継ぎをしないで済むようになる私も恩恵は受けるのだけど、
どこかで事故があるとそれが全路線に影響したりしないか!?と思うと、結構ドキドキします。

「鉄道運営における日本の凄さ」って普段から感じてはいるけど、この相互乗り入れを無事に乗り切れたら
その時こそ、海外に向けてその点を強調していきたいわ!と思ってるところです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1546-f16cea69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。