おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門性とそれ以外

昼間から雨雨雨。

ここのところ、「大学の研究者がもっと産業界で活躍するためには」というテーマでの論議に何かと関わっている。
言ってみれば、専門性以外の能力をどうやって育成するか、といった話。
よく言うコミュニケーション能力とかリーダーシップとか、まぁいろいろな表現がなされる能力というかスキルというかの
論議なんだけど。

今日、ある大学の「先生」からメールが来た。どこかで一回名刺交換した程度の相手。

突然、「この研究開発は現在、×××の子会社にて製品化を推進しております。」といった文章から話が始まり、
なんだかよくわからない2種類の実験結果が、それぞれ数行ずつ書いてある。
で、「この成果についてのご教示をいただく先生をだれか紹介してくれないだろうか」と書いてある。

.......はぁ? 一体何の話をしているのぉ??

確かに、私は多少の研究者紹介ならできる立場にいる。
とはいえ、何の開発をしている話かすらわからず、何についての教示がもらいたいのかもわからない状態で
専門家でもないとわかっている私に投げつけて、何をどう紹介して貰おうというの????

と思っていたら、この人から電話がかかった。
「いやぁ、メールをお送りしたんですが、どなたかいませんかね?!」

まずは挨拶ぐらいしてよぉ!

まぁそれはさておき、この方、自分が研究者なのに、「具体的にいうと、どのような分野の研究者からの教示を
求めているんですか?」と訊ねても、「いやぁ、それがわからなくて。このテーマ、難しくて!」とアッケラカン。
この「難しい」というところを調べて言ってこそ、自分の研究、と言えるんじゃないのかなぁ。

こういう先生が教えているんじゃ、専門性についてもそれ以外の能力についても、学生が真っ当に育つわけないんじゃないのぉ~、と腹立ち紛れに考えておりました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1587-462472c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。