おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国しました

ちょっと涼しいのかな?

やっと帰国しました。台風の影響で1時間少し遅延したけど、スムーズなフライトでした。

7月最後の日は地元トップ企業のヒアリング。一時間ほどだったけど、ビジネスマンとの会話!という感じ。
そのビルの一階で、新しい銀行?か金融商品のオープニングレセプションをやっていて、ものすごい派手なイベント。
銀行システムがまだ確立しきっていないとも聞いたけど、こういう金融商品の派手さって、「お金はどこから来るの?」という気分にさせられます。
その後、なかなかしっかりものの通訳さん(英語とベトナム語)とランチをしながら地元話とガールズトーク。
夕方には友人とプライベートで観光スポットのタンホイ湖近くをウロウロ。途中で暑さ負けしそうになったけど、
ハノイの街のエネルギーを初めて経験。さらに夜には,完全に観光客に変身して Water Puppetを見物。
古くからの民族芸能というこれ、人形劇っていうので気軽に考えていたら、予想以上に面白かった!

龍と不死鳥から生まれた100人の息子が国の基盤になった、というストーリーの途中で、その100人の赤ん坊が
跳ね回る様子。
DSCF1350res.jpg

お祭りで若い女性が傘を持つのは、魅力的に見せる為、といったストーリーで。可愛いのよね,この色合いが。
DSCF1360trres.jpg

暑さに疲れて、夜はバッタリと睡眠。

翌日午前中は、大学人のボランティア団体がやっている観光客の付添サービスをお願いして、ベトナム初の
大学、というところを見学に。英語を勉強したい学生達がやっている活動だが、この団体に入るためには
歴史や地理、世界情勢などの試験もあるとのことだし、内部での研修もかなりおこなっているらしい。
来てくれた二人の学生さんも、いわゆるエリート大学に所属して、経済を勉強しているとのこと。
とにかくものをよく知っていて、かなり幅広く会話を広げてもついてくる。お陰で、普通の見物では得られないような
国や地元の雰囲気を感じさせて貰えた。
それにしても、彼らのシッカリとした気遣いと積極的な姿勢の組合せには、かなり印象深いものがあった。
積極的なことばかりでもなく、といって気遣いばかりではなく、両方を知識で支えている。
頼もしい!

日本から新たなビジネス展開に来ている大企業地元法人の代表者を訪ねてヒアリング。
ベトナム側とはまた違う視点での話を聞くことができて、また理解が進展。

金曜は、また違う学生ボランティアさんに来て貰って、タクシーを雇って郊外に。
男性と女性がチームになったこの二人も、財務とビジネスをそれぞれ学ぶとのことで、かなりのもの。
男性の方はちょっとした民話などの話を聞くと驚くほど幅広い説明をしてくれるし、女性の方はしっかりした常識を持って
状況を判断しながら調整をしてくれるし。
これで二人とも19才、というのだから、やっぱり驚いてしまう。

とはいえ余りの暑さにヨロヨロ。夜はホテルに籠もって早々にリタイア。

土曜、台風が接近。早朝はまだ良かったのだけど、朝食後はひどい雨に。
一日中、上からの雨や、足元の水たまりやに苦労しつつも、ミュージアム巡りとスーパーマーケットの訪問、
それにアメリカ人がやっている地元伝統品のショップなどを、あれこれ満喫。
台風で多少遅延した夜中のフライトで帰国。

仕事面で使う情報とそれ以外で使う情報もあわせて、得るものの多かった出張だった。
さぁこれを力に、また明日からあれこれと頑張りましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1607-06ddda78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。