おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁夫の利

朝方の風は肌寒いぐらいだったけど、夕方はちょっとム~ッとして肌がべたつく。
でも、あの朝起きた瞬間から「暑い!」としか思えなかった季節ははるかかなたです。
あぁ幸せ幸せ。

最近よく仕事でいく会社がある。
かなりオシャレな作りで、一階の外の道から見える建物の角にも会議室があり、二面がガラス張り。
外から見る度に「あそこの会議室、かっこいいわねぇ」と思ってみていたんだけど、先週そこで打ち合わせをした。
わかったこと。

暑い。

午後になるともろに日差しが差し込むらしく、ブラインドを閉め切らないと、暑いしまぶしい。
打ち合わせの最中に日差しが動いたら、窓を向いて座っていた私の視線にもろに日差し。
「ブラインドを閉めた方が良いですか?」と訊ねられたので、「そうですね、今のままだと、あと少ししたら尋問を受けているみたいになりそうですし」と笑ったら、相手方の一人は理解して大笑い、もう一人は「はぁ?」との反応。
考えてみると、一般的じゃない理解だったかしらね。

そして今日。今度はまた、全く窓のない、でも天井が妙に高い部屋へ。
これまたムッと暑いのよね。天井にファンでもついていればいいのにぃ~と思いつつ会議。

この建物、まだもっといろいろな会議室があるのよね。明後日は大きなテレビ会議のある部屋でやるのが分かっているんだけど、私が楽しみにしているのは、二階の階段上にある、窓もあれば廊下側もガラス張りの部屋。
部屋が違ったからと言って話の進行が変わるわけではないけど、でも折角ならいろいろ経験しておきたいし。

今日のこの会議、テーブルの片側は、かなり「雰囲気」で話を進めるタイプ、もう一方は「論理」で話を進めるタイプが座っていた。

面白かったですよぉ、話のやりとりが。
片側から非常にゆる~い話が出る。まぁ言い方を変えると突っ込みどころ満載だけど、気にせず話している。
それを聞いている片側は、ムムム....という顔をしながらも、まずは黙って話を聞き、それからかなり気を遣いながら、突っ込みをしているようなしていないような、でもやっぱり突っ込みをせざるを得ないのよねぇ、という発言をする。
そうすろと、ゆる~い方は、突っ込みを感じないのかまたもゆる~い回答をする。とまた、もう片側がものすごく苦労しながらあれこれと「突っ込みと思われないような突っ込みをする」方法を試す。

いやぁ、どこまでこれが続くのかと思いましたよ。でも面白かった。
かなり進展するまで私は気楽な傍観者。
随分たって状況がかなり見えてきたところで、全体を俯瞰した発言で参加。
こういう立場って、実はジッと聞いているから全体整理がし易いし、だから妙にまっとうな発言にみえたりするのよね。
漁夫の利、ってこういうのかなぁ~。

実は準備には頭と気を遣いまくっていたこの会議、とりあえず今日のところはラクチン&ラッキー!で終了。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1628-007e04d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。