おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問い合わせ

夕方から雨。台風の接近と言うけれど、前回と違って一気に冷え込んできた感じ。

昔つとめていた組織の同僚、というか当時の後輩からFacebookを通じてメッセージが来た。

以前につとめていた企業の子会社から誘いが来たけど、そこが小さい会社らしい。
「(それで問い合わせをしているのだけど)せんさんはどのように仕事をしていますか?」
と質問が書いてあった。

「小さい会社の立ち上げメンバーのようなもの。リスクは大きいと思う。なので、せんさんのご経験を伺いたい」
とも書いてあった。

意味不明だなぁ。
私は自分で小さい会社を動かしている。法人化している個人事務所みたいなもの。
設立してからそろそろ17年かな?
そこに、この文脈で「どのように仕事をしているか?」と訊ねることに、どのような意味があるのだろう?
「毎日のんびりやってます」との返事をしても、「毎日走り回っています:との返事をしても、そもそもが全く違う立場であり、且つ、私の仕事内容すらまともに知らないはずなのに。
その点を考えて質問をしていない。

彼女が自分で会社を作る、というのなら、まだ分かるんだけど....

面倒くさいから「良くわからないし、仕事も違うから、自分の好きなことをするのがベストではないですか?」と回答したら、またメッセージが来た。

「不得要領でした。1)独立しようとした際の覚悟は。2)今後新たな企業に自分が言った時、仕事で声がけをする可能性があるが、興味はあるか」

覚悟は?と訊かれて、何という答えをすればいいのだろうか?
「悲壮な覚悟をしました!」と答えようと、「全く覚悟なんてしませんでした」と答えようと、それでなに??
しかも2番目の質問って、これって......何? 当初の質問と全く話が違うんですが。

先週の韓国からの帰国は、ある専門分野技術でベンチャーを立ち上げた人と国内・国際線共に同じ便だったので、色々な話をしながら帰ってきた。
ベンチャーを立ち上げ、やっと安定した状況まで持って来て、しかも次の仕掛けをしているという。
いろいろな起業家と話をする機会があるけれど、この人は話をしていて「あぁ、仕事を本当につくっていく人だなぁ」と実感していた。

そんな腹の据わった話を堪能した後に、こういう何だか情けない話を聞くと、なんだかガックリしちゃうのよね。
こんなことで、コンサルタントとして人に何かしらの専門性を与える仕事をしていていいのかしら?ってね。

なんて言いながら、自分の仕事がまた間に合わなくなりつつありまする。
頑張ろう!

ところで、今日NHKの街歩きをたまたま見かけたら、たまたまアムステルダムで、私も写真を撮ったところが出てきた!
というので、4ヶ月以上前の写真を。

DSCF0173tr.jpg

窓にいろいろな人形がぶら下がっているのよね。もっと楽しい雰囲気だったのに、実は失敗写真です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1637-555556e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。