おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪

すごい雪です。とりあえずはやみそうな気配は感じられず。

昨日は、いつもの出張先に泊まってくる予定を、今日の雪を警戒して最終の新幹線で帰宅。
12時半過ぎに帰宅なので疲れたけど、今回は帰ってきて正解だわよね。

うちはマンションの三階。一応屋根はあるけど吹きさらしの屋外階段で登ってくる。
各階に向かい合わせに一戸ずつ配置された、昔の団地みたいな階段ね。
今回の雪、北風が強いせいか、この階段にものすごい勢いで積もっている。
お昼頃に覗いた時は、既に数㎝の雪がもっこり積もっていた。全く誰も通った気配無し。

こりゃ今からやっておかないと降りられなくなるわ、と雪かきを始めたら、下から足音が登ってくる。
三階のお向かいの家の男性。
「ご苦労様」と言って通り過ぎていった。
おいおい、私はあなたの部下でもなきゃお掃除おばさんでもないぞ!と思いつつ、シャカシャカ。
私が雪かきをすれば、彼の家も安心して階段が使える、という状況、且つどう見ても彼の方がずっと若い。
しかも、その後30分雪かきをしている間、全く出てくる気配無し。

一階まで何とか道を付けて、一階では管理人さんと一緒にエントランス周りの雪かきも行った上で、買い物に。

スーパーの店先がこんなになってました。
IMG_20140208_140937.jpg

ここも屋根はある。スーパーの入口前の、しかも風の吹き込みが普段は余りない場所。
なのに、とちおとめは真っ白。そのまま食べたらおいしいかもね。

買い物から帰ってみると、エントランスも階段もまたも見事に真っ白に積もっている。
荷物を置いて、またも階段からエントランスまでシャカシャカと雪かき。
と、エントランスの雪をどけている時に、今度は二階(うちの真下)の家の旦那さんが外出。
この人は、私から「こんにちは!」といったのに対して、「あ、どうも」と答えたきりでで行ってしまった。
う~む、ここにも「雪は勝手に消えるもの」と思っている人がいた。

その後も、10分も経つとまた階段に雪が積もっている。この階段、材質が滑りやすい上に、向きが北向きなので凍り付きやすい。
こんな勢いで降られたら、明日、私は家に閉じ込められちゃうわ。
都知事選、そもそもが頭が痛い選挙なのに、出掛けるのまで大変になったらたまらないわ。


昨日、夜中の地下鉄で。
3人ほど向こうに座っている女性が、突然自分の手に持っているiPhondを平手でバシバシと叩いたような気配。
あれ?と思ったけど、何かの勘違いだったかと思っていたら....
しばらくしてまたもバシバシしている様子。あれれ?と思って周り中が息を潜めて眺めている内に、なんと突然そのiPhoneを床に叩きつけた。

おや~?

本人、またそれを拾って画面を見ていた。しばらくしてまた「ワァ~!」と言って画面を叩き、さらに飛び散った欠片らしいものを突然拾いに行き、持っていた荷物から資料をこぼしながら駅で降りて行ってしまった。

いやぁ、なかなか妙なものを見ましたです。あのiPhone、まだ使えるのかしらねぇ。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1664-48f4f571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。