おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の中

しとしと雨。
とはいえ、過激な天気の変化を経験した今週の中では、結構まともな方かもね。
そういえば、ダブリンの天気は変化がはげしくて「一日で四季を経験できる」というようなのだけど、こういう天気を "Naughty weather”というのよね。 この表現、ダブリンにいる間はとってもすんなり口をついて出たんだけど、東京の今週も「わんぱくもの!」って感じかも。

ポーランドの感想を書こうと思っているうちに、どんどん時間が過ぎてしまっていて、ちょっと焦ってる。
焦ってるけど、今日はちょっと別な話。

今日、急に予定の入った友人が権利を譲ってくれて、新聞社主催の写真散歩に行ってきた。
対象地域は日本橋。10時ぐらいから歩き始めて、7,8人のグループ毎に一人講師(写真報道部の現役カメラマン)が付き、最初は適当に一緒に移動する。
その後は、途中二回点呼があるけれども、各自適当にランチを食べ、午後にオフィスに戻る。
戻ってからは、順番にデータを講師のところにもっていって、あれこれ言いながら一枚をアップしてもらう。
各自10分ぐらいずつ。結構手間がかかる。
これが終わると、講師が全員の写真をスクリーンに映しながら講評する。
以上。

参加者は予想通り、かなりのおばさまと少数のオジサマ。一人二人は30代ぐらいの女性がいたかな?
ざっといって平均年齢60歳超え、って感じ。
常連の人が多いようで、どーん!としたカメラやレンズもちらほら。でも初心者向けの一眼レフに入門用ズームレンズの人もいるし、掌に入るようなコンデジで参加している方もいたりする。
写真も、かなり構図やコンセプトにこだわってビシッと決めて撮影している方もいるし、講師がトリミングや色の調整でサポートしている人も結構多数あり。
いずれにしても、自分とは随分と違う写真をたくさん見て、面白かった!
ただ、しとしと降ったりザァザァ降ったりするNaughtyな雨がしつこくって、雨よけのパーカもバッグもカメラもじとぉ~っとなって、気持ち悪いことこの上なく。やっぱり梅雨の季節は辛いですね。

今日の講評に出した一枚。日本橋の袂にて。
梅雨真っ最中 1丁目1番地

「この住所表示、よく気づきましたねぇ、近くの僕たちも気づかなかったのに!」というのが講師の評。
街歩きの年季、って事でしょうかね。

今日の写真をFlickrにアップしました。
梅雨時の日本橋フォトウォーク

ポーランド考も書きたいこといっぱいあるんだけどなぁ。

そういえば、フォトウォークの途中、カメラを担いだまま昭和通りを渡って伊場仙を覗いてきた。
海外出張のおみやげに団扇を使おうと思いつつ、鳩居堂よりもうちょっと数をみたいと思いつつも、なかなか気そびれていたのよね。
覗きに来たのは久しぶりだけど、やっぱり沢山あって楽しかったぁ。「今日は下見なんです」と言っておいたのに、あれやこれやと出してくれて、目の保養。おみやげじゃなくて今年の夏の挨拶、ひさしぶりに団扇にしようかなぁ、なんて。
そのまま浴衣地の竺仙まで足を伸ばしちゃおうか!?とも思っては見たが、点呼までの時間が足りなくなって諦めた。
染め物の店も覗きたいところがあるんだけど、「いつでもいける」「そのうち仕事で近くに行ったときにね」とか思っていると、結局行かないのよね。
今回、フォトウォークの中抜けをしてまとめて行っちゃおうかと思ったんだけど(一応全て住所に「日本橋」がついてるはずだし)、点呼があるのが予想外でした。
まぁ制限がないと止めどなくフラフラしたり突然方向転換して買い物に行っちゃったりするから、たまにはこういうのも良いわよね。

コメント

歴史のおもかげ

日本橋界隈の土地をはっきりと意識させる写真、さすが若おうなさん。でも良く降った土曜日でしたね、お疲れ様。夏草茂る常盤橋、良いですねえ。昭和元年にできたというプレートがはめ込んであるというわけですね!「高速道路下」のリヤカーはほんとに年季が入ってますね。現役の屋台として活躍してるのだろうけど、壊れたら修理する部品はあるのかしら?「上から見る、下から見る」は、どういうシチュエーション?分からない・・・。

  • 2014/06/30(月) 00:13:48 |
  • URL |
  • はよはよ #-
  • [ 編集]

●はよはよさん、
Flickrまで見ていただいてありがとうございます。「夏草茂る常盤橋」、私はとても好きなんだけど、講評に出すには地味すぎるかと思ってやめました。
「上から見る、下から見る」は、熈代勝覧という絵巻物が地下道に飾られているのですが、その上下に斜めになった黒い壁(大理石)があるので、見ている人たちが上にも下にも映っているのですよ。現地を知らない人にはわからない写真です、ごめんなさい!見物している人の横顔を入れるとわかりやすいのですが、近くでくっきり顔が見えてしまうからと映っている側だけの写真にしたので、よけいわかりにくかったと思います。

  • 2014/07/01(火) 01:31:05 |
  • URL |
  • わかおうな #1Fzg8o1M
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1696-b77721ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。