おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれやこれや

雨の月曜日、見事な晴れの風の強い火曜日、雨模様の薄ら寒い水曜日。

あっという間に日が過ぎますね。

昨日、トマトの試験栽培をしている植物工場を訪問。

そのときの皆の足下。

DSCF6507_R.jpg

何がというのではないけれど、何となく面白いのよね。
説明してくれている人、一生懸命通訳してくれている人、楽しそうにそれを聞いている人たちをよそに、一人足元にレンズを向けていたのだけど、改めて考えるとちょっとマナー違反だったかなぁ。

今日の午前中。
オブザーバーとして参加していたレクチャーなんだけど、講師の話のストーリーがちっとも見えない。
「あ、Aプロジェクトの話をしているのかな」と思っていると、いつの間にか組織全体の説明。と思っていると、突然「この研究所の役割は....」という表現で始まるスライドを映している。
余りによくわからないので、「すみませんが」と質問したんだけど、この回答が日本語でも英語でも主語が無いので、予備に控えていた通訳の人も私も、まったく理解の進展がない。でも、受講している人たちの方がもっとわからないはずなので、ここで引くわけにも行かず、といって余り突っ込むと講師の立場を侵害するし.....

しかもね、この講師の方、スライドのプリントを渡してくれなかった。扱いの難しい情報があるからって。
でも、ハッキリしない表現でものを言いかけたまま,突然止まる。そのまま沈黙。
どうもその間にスライドに映し出されている文章を読んで欲しかったらしいんだけど、何も言わない。
聞いている方もなんだかわからず,恐ろしいほどの沈黙のまま。手元に資料がないから、前後を読んで理解することも出来ない。
せめて「じゃぁ、少し読んで理解して下さいね」と言うとか、内容のキーワードだけでも挙げてくれればいいのに。
何も言わずに突然停止。

もう少し、相手の理解を考えて欲しいんだけど、なぁ。

この講師の方、かなり突っ張っていたから、辛かったんでしょうけどね。
でも、突っ張る前に相手のことを考えようよね。

ところで、来週参加する国際会議から案内メールが来たんだけど、恐ろしいことが書いてあった。
「GALA(まぁ、オフィシャルな宴会!って感じ?)のドレスコードは、Black tie, Gown, or traditional dress」って。

Gownって、ロングドレス。そんなもの、用意しているわけがない。30年ぐらい前に一番上の姉が結婚した時に買ったロングドレスがしまい込んであるけど、あんな大仰なもの、着る気になれない。(シルクジョーゼットの高級品なので、捨てられないんだけど。)。
着物? ご冗談。そもそも着物の一式を持っていないし、持っていたって自分では着られない。
え、どうするの~~!と仰天してたんだけど....

夜中にまたメールが来た。しかもタイトルが「ドレスコードについて」。

そう、多分誰かがクレームを上げたんだと思うのよね。
「さっき送ったのはあくまでも一応のサジェッションで、既に家を離れている人や、タキシードを持って行くのはいやだという人は、フォーマルであれば良い」って。
でも、女性のドレスはどうなのかなぁ。
そもそも、地域的に「膝が隠れていないといけない」という文化だとのこと。
ミニっぽいドレスならば、着物地で作った(しかも真っ赤な)ワンピースがあるけど、これはアウト?
どうしろというのよねぇ....

コメント

着なくなった着物を有効利用できる場所を紹介します

初めまして。着なくなった着物や和服などをそのままにしておいたり、捨てて処分するなんてもったいないと思う気持は、当然のことと思います(^_^)/
それで、いきなりですが、不用品をバザー品として送れる場所をお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』では、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。着物などの和服は、着られないほどに古くても傷みがあっても、そして端切れのみでも、とても歓迎されます。売り上げ金は、主に障害者福祉(被災地の障害者支援を含む)に使われています。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。
バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたいので(^^)

  • 2014/11/03(月) 13:32:05 |
  • URL |
  • せきぐち #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1718-c2ae8398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。