おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美濃と近江;初冬

寒い寒い雨の今日でした。氷雨、と言えそうな冷たい雨でした。

先週末の連休に、一泊で美濃の関ヶ原と近江の琵琶湖東をちょっと探索してきた。

関ヶ原。歴史で散々学んできたにもかかわらず、一度も行ったことが無かったのよね。

その中央部分の俯瞰。
IMGP6076_R.jpg
家康は、当初左側の方の山裾に陣を構え、昼前になってこの写真の真ん中辺りまで陣を出張ってきたとか。
いずれにしても、たった一日の出来事なのよね、関ヶ原の戦いって。それにビックリしてしまった。

これは、石田三成が陣をおいた山の様子。(ここから山裾を見晴るかしたのが上の写真です。)
IMGP6048_R.jpg

こんなところから平地の旗印の移動を見ながら戦術を練ったのね。
携帯電話もウォーキートーキーもない時代、斥候や伝達係の人たちがどれだけ大変だったことか....

歩いていると、こんな案内板があれこれと出てきます。
IMGP6121_R.jpg

なんとなく知っていた歴史の話が、土地の上で思い返すとかなり具体的に感じられる。
そんなにまでして争わないといけない理由というのは、未だによく理解できないけれど。

石田三成陣地横の「交流広場」というところで、殺陣師グループが再現ドラマ?のようなイベントをしていた。
IMGP6058_R.jpg

地下足袋にプラスチックの鎧だけど、それでも大変そう。本物の鎧甲の重さを考えると、おそろしいものです。

この日の一番の紅葉。
IMGP6100_R.jpg

この後、レンタカーのエンジンがかからなくなりとうとう車を交換する!というトラブルもあり、しかも途中で衝突事故未遂?も起こしたりした後に、近江の琵琶湖に移動。
近江の話はまた後ほど。

日常の話題。
ある省庁の年1回の会議が今週あるのだけど、昨日追加の案内が来た。
「今回は40名の委員が参加するので、会議室の机の配置を、ロの字型ではなく教室型にします。ご了承下さい。」というもの。
これをわざわざ断らないといけない、というのは驚きでした。
それにしても40名が出席して1時間半ほどの会議。期待されているのが何かは見えてるようなものですね。

今日、数年前にちょっとだけ仕事をした自治体から電話。
自治体全体の今後を考える会議と、ある組織の活動を評価する会議と、両方の委員の打診。
前者はなんだか妙にかしこまった(しかも錚々たるメンバーが集まった)かなり躊躇する会議。
後者はとても私の仕事にマッチして、どんな話が来ても平気!という内容の会議。

なんでこんなにも違う会議の委員を一度に依頼してくるのかな?と思いつつ、話を聞いてみることにしました。
こういうのって、10年ぐらい前までだと「女性の委員が欲しいから」という理由がそこそこ見え隠れしたりしたんだけど、最近は.....なんでしょうね?
そういえば、前者の説明の時に、電話で「今年から委員の色合いを変えてみようということになったので....」と言われたけど、この"色合いの変化"がどんなものか、を尋ねてみなくちゃね。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1723-915a741e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。