おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識人の賢さって

今ひとつすっきりしない天気。

午後、大学時代の恩師(当時授業をしてくれた中で最も若かった先生!)の最終講義と言うことで、大隈講堂へ。
この先生自体が建築史の分野、特に世界各地の歴史的建造物修復の分野で活躍してきた方の上に、京都駅などを手がけた有名な建築家、さらにこれまたそれなりに有名な哲学者との討論会もある、ということで、満員状態で進行したのだが...

この哲学者が、私の理解からすると「実に賢くない」人で、その点だけがつまらなかった。
有名な建築家の方の話は、何を言いたいのかわからない(いわゆる「通訳はしたくない!」表現)部分も多かったけど、全体としては面白く、且つ刺激的な視点の変換を見せてくれるものだった。

ところが、この哲学者、まず場を理解していない。最終講義の一貫としてのパネルディスカッションなのに、一人でその討議時間の半分以上をグダグダグダグダ話している。しかも、建築史の話との接点なぞ全く考えていないし、それなりの視点を示そうという姿勢もない。話の内容からして、相手にわからせよう、という気遣いもなく構造主義やマルクス主義の話をばりばりするので、聞いている側としては「だから哲学者は困るのよね~」という状況。

やっとこの独演会状態が終わり、司会が建築家の先生にコメントを求めたら、この先生が「今の話、自分は勉強してきたからほぼわかったけど、わからないんじゃないかな」という一言からスタートして、この哲学者をやや刺激するコメントした。でもこの発言の後に「時間は大丈夫?」と司会にわざと訊ねてみせる、という芸もしてみせてくれたんだけど....

賢くない哲学者が、これにまたムキになったような形でコメントを返し始めてしまい、いよいよ会場は「この人、ちょっとどうにかしてくれないかなぁ。最終講義の先生の話を聞きたいんだから,私たちは!」とイライラし始めたところで、今日の主役の先生が発言。
「いえ、『今日は私が主役だ!』と言いたいがための発言ではないんですが、是非ここで一言言わせてください!」って。

その上で、両者の発言に感激したと言い、それなりのフォローをする。
で、その上で、「是非両先生に、今後の建築学の教育に向けて『こうすべし!』といったコメントをいただきたい」と流れを作ったんだけど....

またも賢くない哲学者が、自分の言いたいことを「建築学」との接点も何も関係させないままダラダラと述べて時間を使う。
やっと終わって、建築家の先生が真っ当な意見を言ってくれて、それでほぼ討議終了。

この哲学者、本は結構出ているし、私も本をぱらぱら見ただけでは「よくわからないけど、何だかそれなりの人みたい」と思っていたんだけど、今日のパフォーマンスで完全に私の「それなりの人物」リストからは落ちこぼれたわね。

私にとっての「インテリジェントな人」というのは、自分なりの知識をしっかり持っているだけではなくて、それを場や目的に応じて適切に表現し、相手にわからせようと出来る人。

その意味で、この哲学者、完全にアウト。自分の知っていることを、相手のわからない言葉で、場の文脈とも関係させずにダラダラ述べるだけ。
その発言も、机の前に座って考えたことを、さも「社会の事実」のように、教え諭すように言い切る。
そのうちのいくつかには、思わず座席で(もちろん小声で)「絶対違う!」と言ってしまうぐらい、頭でっかち&現場知らずの発言を平気でしてみせる。私、今の発言に理路整然と反論して上げられるわ!という内容だったりするから、手に負えない。

私には、彼の考えが深いのか、十分に整理されたものなのかどうか、の判断はできない。
でも、彼が知識人として「賢く」自分の能力を使っていない、とは心底思う。
こういう人ほど「自分は知識人だ!」という姿勢を取ってみせるから、余計見ていて気恥ずかしくなっちゃうのよ。

でも、恩師の先生の魅力は、討議の前に行われた講義でも全開だったし、討議セッションでの上記の大人の対応も素敵だった。
この先生は十分知識人として賢く、その上に人間的魅力も十分です!
(そうそう、学生の時にこの先生を囲んで40名ぐらいで京都の歴史建造物見学に行ったんだけど、見学先に着くとピシッと講義をするのに、移動途中の哲学の道とかで郷ひろみかなんかをメドレーで歌ってたりして、これもカワイイ先生だったのよね~。)

昨日の夜に見かけた満開の白木蓮。
IMG_20150320_194030_R.jpg

春ですねぇ~。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/1742-ce770c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。