おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨雨

雨。昼頃、やむ気配だったのに、また雨。
東海地方に行ったら大雨。帰ってきても雨。

今日は難しい話。

JR東海が、新幹線乗車に使う新しいICカード(名前はEX-IC)を出した。
今日は、私にとってのその初利用日。

従来の方法では、Expressカードを使って予約分を発券し、その切符で改札を通る。
EX-ICカードがあれば、予約をして、新幹線改札をタッチして通ればそれでOK。

新幹線降車時は、Suicaを重ねて通れば、在来線への乗換改札もそのまま通り抜けられる。

料金も、従来の予約サービス(エクスプレス予約)よりも少し安い。
但し在来線と乗り継ぐ場合は、状況に応じて、従来より高くなることもままある。

東京駅では、「JR東海の改札」の場合はEX-ICカードで入れるが、
「JR東日本の改札」を入る時はSuicaで入場券分の130円が余分に必要だ、と
言われた。(この説明、EX-ICと無関係なところでメチャクチャ難しいかも)

目新しいのは、乗車券まがいの「EX-IC利用票」が、自動改札を通った際に出てくる事。
車内検札はこれを見せて行なう。

便利と言えば便利だが、何だか複雑。

個人的に一番悩ましいのは、改札を通り抜けた瞬間には、
EX-ICカードと利用票と二種類のものを手に持たなくてはいけないこと。
ハンドバッグと書類バッグ、さらにお弁当まで持っていたりする乗客(私)としては、
切符だけでも手が足りなくなりがち。それが二つなんて。

頭だけでなく手もこんがらがりそう。

このシステム、新幹線を常用しない人には意味がないし、
どう普及していくか、私には今一つ読めない。
常に従来のやり方と料金比較して、EX-IC利用にしたり、やめたり、って、
選択肢は増えたけど、面倒も増えるものね。

何はともあれ、最も明らかなのは、財布に入れておくカードが一枚増えた事。
なくしませんように。

屋根瓦の再利用らしい土留め。
080410屋根瓦土留め

EX-ICカードのように隅々までシステム化されたものは有用かもしれないが、
こういった不揃いなものの方がずっと気持ちが楽でいられる。

コメント

先日パスケースをなくし、各種乗車カードを無くしてがっくりしている中、
交番で「SUICAは再発行できる」という話を聞いて、駅に電話し、
身分証明書を持って出かけて行って、
結局自分のSUICAは「記名式」でないので再発行できない、
ことが分かるまでにひどく時間がかかり、疲れがつのりました...
カード単体では便利でも、システム全体では不便ということがあるなぁと思い、
かつ、それに対応できない自分にがっくりです。

『木を見る... 』の話を、記事にしました。
去年の三月のせんさんの記事も、リンクしています。

  • 2008/04/11(金) 10:20:42 |
  • URL |
  • ぴぴん #cwUSjJoc
  • [ 編集]

●ぴぴんさん、
カードの世界、少し高機能化が進みすぎた気がしますよね。
対応できない自分がダメ、なのではなくて、感覚的に理解できないシステムがいけない!と思っていいんじゃないでしょうか。
こういう話って、Windows(システム屋が勝手に作り込んでおいて、「わかれ!」とすごんでいるっぽい)とMac(感覚的にわかるようなシステム、という路線)の関係を思い起こさせますが、カードの世界でMacになるのは誰でしょうね。

  • 2008/04/12(土) 07:12:31 |
  • URL |
  • 若おうな #1Fzg8o1M
  • [ 編集]

●ぴぴんさん、(続きです)
『木を見る西洋人 森を見るアジア人』のご連絡、ありがとうございます。
私は、余りじっくり本を読まない(「この本は、こういうスタンスでものを言っている人なんだぁ」と、その位置づけを理解する程度で読んでしまう)ので、ぴぴんさんの記事で読み落としていた新しい理解ができるかも!と、楽しみです。

  • 2008/04/12(土) 07:20:15 |
  • URL |
  • 若おうな #1Fzg8o1M
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/429-cb2a7c0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。