おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川向こう(1)

雨は上がったが、午後まで時間のわからない曇り。夕方になってやっと日差し。

本当の意味では江戸っ子ではないが、生まれたのが神田、
その後もお茶の水や文京区あたりにいる時間が長い私にとって、
隅田川の向こうは、文字通り「川向こう」の感が強い。
さらにその向こう(東)の荒川を渡ってしまうと、ほとんど行くこともないまま来てしまった。
で、思い立って、荒川の東側に当たる立石(葛飾区)辺りと、隅田川と荒川の間の京島、向島付近を歩いてみた。

今日は、初めて訪ねる立石あたりのご報告。

まずは、中川。
080420奥戸橋
橋の向こうの方で荒川と合流する。暗い日曜日。

立石八丁、と書いてあった、昔の街道筋のような商店街。
080420立石八丁
左端、なんのお店だったかなぁ。

今和次郎の考現学入門を読み直したばかりの人間には、たまらなく魅力な樋。
080420酒屋の樋
それにしても、どこも街でも古くてしっかりした建物は酒屋さん。

こちらは魚屋。
080420立石八丁魚屋

平日に来たら開いているのかな。

立石仲見世というアーケード街。
080420立石仲見世
日曜は休みのお店が多いのが残念。

京成立石駅前、コロッケに客が並ぶお肉屋さん。
080420立石駅前精肉店
大理石模様のタイル、昔は「センス悪い!」と思っていたが。

最後は、京成立石駅の窓。080420京成立石駅

鉢植えにはお水を上げましょうね。

何年か前にいた学生アルバイトさんが立石に住んでいて、
その彼が、「立石、すごく良い街です!」とうれしそうに言っていた。
その気持ち、少しわかったような。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/439-979d2f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。