おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅力ある言葉

きれいに晴れ。もう少し湿度が低いともっとうれしいけどね。

今朝の朝刊のコラムにあったのだが、日本に長い海外の新聞記者がその著書で、
「政治についてよりヘンな記事について書いた方が多いと白状しなければならない」と
書いているという。
本国から、オタクなどのキワモノ記事は求められるが、硬派の記事は歓迎されない。
これは、劇的な政権奪取のような特派員好みの事件が少ない上に、
政治家が口べたで引用したくなる言葉を聞かないからだ、と理由を説明している。

昨日の米国共和党大会におけるペイリンアラスカ州知事の演説を、たまたまライブで聞いていた。
内容自身は大したことを言っているとは思えないし、周りが盛り上げているだけで、
自分の経歴や家族の話ばかり。話のつながりも今一つ。
それでも、1,2カ所は思わずニヤッとする発言をしていた。

魅力ある言葉、魅力ある表現。
難しいとは思うけど、少しはうまくなって欲しいなぁ、日本の政治家さん達にも。

一つ一つはどうって事がなくても、組み合わせや並び方で魅力が出る、ということもあるしね。
080905並び方の魅力

それにしても、アラスカ州の人口は66万人余り。
日本で言うと、東京の江戸川区、あるいは九州の熊本市辺りが同じぐらいの人口規模。
でも面積は日本の4倍。
日本の、特に東京での生活との違い、想像もつかない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/554-e601046c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。