おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元旦 七福神

見事な快晴の元旦。

あけましておめでとうございます。

早朝に家を出て、山手七福神というのを巡った。

最初の覚林寺 (清正公を祀ってあるので有名)は毘沙門天。
090101七福神1

午前七時。誰もいない。右手の後ろは都ホテル。

瑞聖寺は、築200年以上という立派な堂宇の中に布袋さん。
090101七福神2

本堂の扉が閉まっているので前庭や建物の写真を撮っていたら、住職の奥さん(多分)が「除夜の鐘の頃は凄い人出だったので、少し休んでいました」といいながら開けてくれる。

妙円寺は、福禄寿と寿老神。本堂脇の離れのような小さなお堂。
090101七福神4

ここもちょうど開けているところで、まだ扉が半分閉まったまま。

目黒行人坂にある大円寺は大黒天。
090101七福神4

ここも敷地は小さいが立派なお寺さん。一緒に参拝した人が一番多かったところ。

山手通りを渡ったところにある蟠竜寺は弁財天。
090101七福神5

小さな日本庭園みたいな境内の奧、築山の上にお堂がある。
入っていった時はお札所でいろいろと話し込んでいるおじさまの後ろを通り抜け、
出ていく時は、かわいい幼児を三人つれた外人さんの家族とすれ違う。

最後の恵比寿さんは、滝泉寺(目黒不動)。
090101七福神6

ここは有名なお不動さんだし、日も高くなってきて境内には多くの参詣人がいたが、
恵比寿さんは人気もなく、柵で仕切ってある上に、賽銭箱もポストのようなもの。
お札所も別なところにある阿弥陀堂が代行しており、ここがあくのを15分ほど待つ。

これらの七福神、それぞれのお寺で「七福神だるま」をいただける。
時間が早すぎた覚林寺ではいただけなかったので、目黒不動の後に電車で二駅戻り、
しっかりと全部を揃えた。

良いことが全部揃って、なんて贅沢は望まないので、穏やかな一年でありますように。

コメント

あけましておめでとうございます。
おやまあ、新年早々早起きされて、七福神巡りとは気合いガは行っていますね!きっと、今年はいいことありますよ!
私は近くの神社に行ってはみたけれど、参拝まで45分待ちというアナウンスにげっそりして帰ってきてしまいました(^.^;)
心持ちが違うなぁ・・・とちょっと反省?
三が日が明けたら行って見ようと思っています。
最後になりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 2009/01/01(木) 21:13:43 |
  • URL |
  • すみごん #SHSDmT9c
  • [ 編集]

●すみごんさん、
並ばない初詣には早朝だ!と、実感しました。それに、早朝詣で、なかなか気持ちが良いものです。来年辺りにでも気が向いたらお試し下さい。

とにかくお天気が良い年末年始なのがうれしいですね。
この勢いで(?)、今年もよろしくお願いいたします。

  • 2009/01/02(金) 19:08:20 |
  • URL |
  • 若おうな #1Fzg8o1M
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/682-280b711e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。