おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の快晴

晴れ。そろそろ違う天気を報告するのも悪くないが。

朝はまだお正月休みのような穏やかさで時間が進むが、
午後は一旦帰宅した上で、夕方の新幹線に飛び乗って西に向かい、
上りの最終のひかりで帰宅する、という慌ただしい時間を過ごす。

夕方のひかりで西に向かうと、多摩川ではまだ夕暮れの空が川面に映るのが美しい。
小田原辺りでは家や建物に夕日が映え、河原も穏やかに色づく。
富士川を渡る頃には西の空で一カ所にまとまった赤色は地面に吸い込まれ始めていて、
大井川の辺りでは既に水面がにぶく光るだけとなる。

こんなにきれいな夕暮れの変化が楽しめるのも、冬の快晴だからこそ。
「毎日同じで飽きてきた」なんて文句を言っては罰が当たるか。

朝の穏やかな時間の中で見かけた、ベニシタンの植え込み。
090106紅紫檀

「ベニシタンが襲ってきました!」なんてアナウンスをつけたいような。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/687-9b273ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。