おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝はすごい風が吹いていたが暖かく、段々と風はやんだが気温が下がる。

今日、出かけた先の駅に大学の卒業式で学生と父兄が沢山いた。
夜になっても、駅周辺にスーツ姿の男子学生、袴姿の女子学生がウロウロ。
今や女子学生は袴が定番になっている様子。

夜、帰り道を歩いていると、後ろから走ってくる足音。
追い抜かれてみると、袴の学生さん。
友人に「レンタルを××時までに返すんだから、急がなきゃ!」と叫びながら走っていく。

袂も袴も押さえないままの全力疾走、ちょっと美しくないぞ。

私が大学の卒業式に出たときは、友人の一人が紅型の着物に袴だったのだけど、
その袴姿がものすごく物珍しかった覚えがある。
当時は、着物だったら振り袖か訪問着、洋服の人も多い、という感じだったような。
私は、母から借りた黒のパンツスーツを着ていた覚えがある。
そのパンツスーツ、その後母が余り着なかったこともあって、何故か今もクロゼットにあり、
時々「とりあえずの黒いパンツで良いとき」に活用している。
ということは、(体型は随分変わったので)当時はかなりのオバサン服を着ていた事になる。
もっと若々しい服を着ておけば良かったなぁ、と今になると思うけど。

春ならではの風景。
090323春の風景

手前の枯れ枝、これからどんな葉っぱが茂るのかな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/754-565773e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。