おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏らしく

夏らしい青空と日差し、それに久しぶりの乾いた空気の一日。
こういう日ばかりだったら夏も楽しいのにね。

アクアラインの海ほたるから見た、横浜川崎方面。
090812海ほたるから


一昨日の月曜日だったか、お昼過ぎにネットの天気予報を見たら、
午後はずっと湿度100%、とあった。
なるほど、洗濯物が乾かないわけだわね、と納得したのだが、そこでふと思いついた疑問。
湿度100%だと、ずうっと永遠に洗濯物は乾かないのか?

これに対する身近なところからの回答事例と、さらなる疑問。
「扇風機を回せば、水分が飛んでいくから乾く」
 → 風の勢いで水分が布から離れていくのか???
   その水分はどこにいくのかも知りたい。
「(湿度100%でも)空気の中には湿度のむらがあって、そこに水分が放出される」
 → 空気が動かない部屋の中で、洗濯物の周りに湿度100%の層ができちゃうと
   もうダメってことか....?
「空気と繊維の水分の飽和率は異なるから、大丈夫、乾く!」
 → 力強くてありがたいお言葉ですが.......どことなく ....??
「湿度の高い空気は下の方に落ちるから、高いところに干しておくのが良い」
 → まぁね。そうかなとは思いますが。
   天気観測の百葉箱って、確か1.2mとか1.5mとかに高さが決まっているから、
   身長以上の高さに干さないとダメってことですよね。大変そう.....

まぁとにかく扇風機を回しておく事が、状況改善に役立つことは確かな様子。
でも、こんな質問を理科好きの子供にされたら、悩みそう。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/874-d7acf312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。