おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の姿

曇り。時々細かい雨がぱらつく。夜になって一時強い雨。

ニューヨークで、200年以上前のマンハッタン島の様子を、
地勢や植生、動物の生態などを学問的に精査した上で復元し、
これを三次元データとしてあらわすプロジェクトが進んでいるらしい。
最終的には、マンハッタンの住所を入力すると、その地点の過去の姿が見られるようになるとか。

名前は(ちょっとたじろぐが)The Manhattan Project。
現在、Museum of the City of New York で展示を開催中らしいが、
National Geographicがこれを最新号で取り上げ、ここで、幾つかの地点での
現在と過去の比較が出来る。

江戸と東京の過去と現在を地図で比較したり、昔の小説を読むとその土地の現在と
比較したり、が何とも楽しみな私にとっては、とても魅力的な話。
そう言えば、ジャック・フィニィに「ふりだしに戻る(原題:Time and Again)」という
現代と過去を行き来するファンタジーがあり、少しだけ自分でも知っているイメージと
組み合わせながら、ワクワクと読んだ覚えがある。
(ジャック・フィニィは、私にとっては「夏への扉」のハインラインと同じぐらい気に入っている
サイエンス・ファンタジーの作家。福島正実氏の翻訳がよかったのかなぁ...)

今日、投票に行った後、隣の区との区境近くにある郵便局の本局まで出かけた。
米軍駐留地跡の大きな公園があるのだが、それを通り抜けると隣りの区に入る。
.....歩道の植え込みも、小学校の植え込みも、雑草がものすごく茂ったまま。
私の家の辺りも、この辺りも、200年前は、江戸に野菜を供給する近郊農業の畑
だけが広がっていた地域。
でも、雑草が茂る土地って、現在も過去も余り興味が持てないなぁ。

家の近所で。200年前は、畑の上の空中にぶら下がっていたはずのグリーンネックレス。
090820グリーンネックレスの雨

うちの選挙区は、一議席に対して自民・民主・共産の女性候補三人が立っている。
今のニュースによると、自民と民主がほぼ半数ずつを獲得して、際どく争っている様子。
さてどうなるのかなぁ。


コメント

“マンハッタン プロジェクト”!!
エラい名前を付けますね。日本の民間人を大量に焼き殺し、人々や土地を放射能で汚染したことなどこれっぽっちも気にしてないのでしょうね。連中は。

このグリーンネックレス、以前に K100D で撮っておられましたよね?
K7 で撮ったほうが、ずっとせんさんっぽさが出ますね!!

●H1R0B0Tさん、

そうですね、2年ぐらい前に撮ったのと同じです。何しろうちのすぐ近所なので、つい撮りたくなって。今年は少し元気がないようです。

K-7、世間の評判通り、眠いというか柔らかいというか、の絵が出てくるんですが、実は結構細かい階調までしっかり撮れている気がしています。それが何だか楽しいですね。

  • 2009/09/01(火) 22:43:35 |
  • URL |
  • 若おうな #1Fzg8o1M
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/891-b1fa3f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。