おうなも歩けば

都の西北(にしきた)に暮らす若おうなの毎日から、 日々の新しい発見や気付いたことを、 写真と共に思い立ったときに書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六本木

きれいな晴れ。昨日よりずいぶん暖かい。

六本木ヒルズに出かけた。
行きの地下鉄で、新しい農業のあり方を論じる本を読んでいたのだが、行った先で偶々覗いた
パネルディスカッションで、地域活性化の話と一緒に農業の話が出ていた。

日本ではお米の値段が高い、と何かと言われるが、お茶碗一杯のご飯は10円~20円ぐらい。
食パン一枚は、スーパーで買っても安くても20円ぐらい。カタカナ名前のパン屋だと50円ぐらい。
これでご飯が高いと言えるのか?

という話がわかりやすく印象的。
そうか、ご飯、安い!

さらに、発言がそのまま保存されないことを確認したパネリストが、
「ハッキリ言って大手スーパーの×××(実際は実名)の59円納豆なんて、原価を考えたら
 絶対無理。あんな売り方をすると、そういう値段が一般化してしまい農業者が減るばかり!」
という話をしていたのも、頷ける。
払えるならばちゃんと支払っておかないと、農業が成り立たなくなる。
生産者側が自分で価格決めをするシステムになっていなかった(=慣れていない)事と、
消費者側、流通側が力を持ち過ぎた、という事との兼ね合い、ということか。

この発言の途中で、司会者から「あ、このディスカッションはストリーミングされてます!」と
注意が入り、パネリストがのけぞっていたのは、ちょっと可哀想だったけど。

住宅地の中の畑。なぜかこんな草むらになっていた。
091123畑の草むら

これも農業問題のあらわれ?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakaouna.blog92.fc2.com/tb.php/960-1578d095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。